2008-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽譜が欲しい

本日二本目の記事です。




先日、こんな記事 (→ こちら )を書いたところ、


久しぶりにスタンリーメタボリック さんから

コメントをいただきました。






日時: 2008-11-30 10:22:11
記事タイトル: ショパン 夜想曲(ノクターン)第13番

コメントをした人: スタンリーメタボリック さん
コメントをした人のURL:
http://five-of-nine.cocolog-nifty.com/blog/

コメントのタイトル: お久しぶりです。
コメント本文:
このピアノ演奏の三拍子の曲は、前々から写っている楽譜と、曲が違うと気づいていました。あの楽譜のリズムは4拍子ですね。
流れている曲がショパンのノクターンからインスピレーションを得たと解り喜んでいます。
あの付点音符の多い楽譜の曲が何なのか気になっております。シャープ記号が二つあるように見えますので、ニ長調かロ短調らしいのですが、楽譜は3段になっていますから、連弾曲かもしれません。



これは、Murray Chapman氏が編者で、きむらかずしさんが翻訳なさった、



ブレードランナー FAQ 日本版 2.5J (2007 年 9 月)


http://kimux.org/index.cgi?BladeRunnerFaqJ#i2


に、答えがのっています。 ↓




デッカードのピアノの上に置かれている楽譜は:

Concerto in D major for Guitar, Strings and Continuo
(Orig.Concerto con 2 violini, leuto e basso, RV 93)
by Antonio Vivaldi
Second movement : Largo
heading : Largo (Streicher "Sordine")



ギター・パートの楽譜は、下記のドイツ版あるいは英国版である:

Publisher : Karl Scheit
GKM Nr.41
arranging by Karl Scheit
(c) Copyright 1978 by Ludwig Doblinger (Bernhard Herzmansky)
K.G., Wien - Muenchen
D.15.896a



以前、楽譜をファンメイドで出してる人いましたが、これを入手してコピーしたのかな?


私も欲しいと思ってるのですが、どうやって入手したらいいのかな~





ということのようですよ、スタンリーメタボリック さん。



きむらさんにも感謝です。






スポンサーサイト

PIANO×DUB / Dr.Echo-Logic

まこち さんからこんなコメントが。




日時: 2008-11-28 02:20:08
記事タイトル: 着メロです。

コメントをした人: まこち さん
コメントをした人のURL:
コメントをした人のIP: 210.141.62.95
コメントのタイトル: 小ネタ
コメント本文:
いつも楽しみにしています。小ネタをみつけました。

PIANO×DUB/Dr.Echo-LogicというCDにBLADE RUNNER(END TITLES)がありました(三曲目)。
帯には“朝本浩文のDr.Echo-Logic名義によるファースト・ソロ・アルバム”と書いてあります。

静かな感じのアレンジで私は気に入りました。日本のアルバムではブレラン珍しいですよね。





ほほう。


朝本氏というのはUAのプロデュースなどで有名な方なんですね。存じませんでした。



レーベルのサイト
http://www.grandgallery-japan.jp/


本人のブログ

http://junglefvr.tol-blog.com/



へ~全部一人でつくったんだ・・・・



買おうかな・・と思っていたら、


なんと。まこちさんから荷物が。


「差し上げます」 と!


ありがたや~ありがたや~



なんかワタクシ、みなさんにもらってばっかりで・・・


ほんと、

ありがとうございます!




このジャケ、むむむ。


電気羊?


ろうそくとフクロウはタイレルの寝室のイメージ?


さては朝本氏、

ブレラニアンでは?




私は数多くのカヴァー・ヴァージョンを持ってますが、


こういうしっとりとしたカヴァーってなかったので意表をつかれました。


とても静かでいいかんじです。



まこちさん、ありがとうございます!!!!





pxd



留之助ブラスターついに発売日決定!東京プレビュー開催も!

ついに、ついに、

留之助ブラスターの発売日が決定したとのことです。


みなさん、お疲れ様でした。


価格も発表になりました。


http://tenshu53.exblog.jp/7698308/



写真見れます↑新人ブレードランナーへ支給された新品のブラスターという趣ですね。



完成品・キットともに

12月13日(土)午後1時より

発売開始ですと。


そして・・・




留之助ブラスター東京プレビュー開催


日時:12月13日(土)午後1時


場所: ハリウッド・コレクターズ・ギャラリー  


東京都世田谷区下馬6-18  TEL:03-3414-6857






完成モデル   →  ¥140,000(税込)で ハリウッド・コレクターズ・ギャラリー  の専売だそうです。



キットモデル  →  ¥73,500(税込)で留之助商店直販とのこと。


               ●東京プレビューの日に限りハリコレ店頭で販売

               ●オンラインで注文受付

               ●電話で注文受付

               ●12/14からは留之助商店の店頭でも販売








あ、シュウさん、当ブログのこんな記事を参考にどうぞ。→ こちら







未来の大都市の不動産売買・・・

本日二本目の記事です。




カントク・・・・またけったいなものを・・・



http://eiga.com/buzz/20081114/5



ちょっと引用。


映画の内容としては、未来の大都市の不動産を売買する物語となり、スコット監督作品としては「ブレードランナ


ー」(82)以来の未来のデザインが披露される模様だ。



なんというか・・・・


モノポリーってあのモノポリーでしょ?


「ブレードランナー」(82)以来の未来のデザイン


ですと?




なんというか。


寝ます。おやすみなさい(笑)







決戦は土曜日~♪

アイコさん、と呼びかける形の記事で、留之助ブラスターのキット用パッケージ(グレー&ブルー・バージョン)が


ちらりと公開されましたね。


http://tenshu53.exblog.jp/7691616/


完成モデル用のパッケージが、(ブラック&オレンジ・バージョン) であることも明らかに。



そして注目は



これで12月13日(土)の東京でのプレビューになんとか間に合いそうです。


という一文。


詳細は情報を入手しだいまた!


(土曜か~休めるかな~・・・)

着メロです。



tyakumelo


ブレードランナーの着メロです。けっこう脱力っぽくていいかんじですね。


http://j-ken.com/category/all/data/402032/?pageID=2





ちなみに私はケイタイの機能を覚えるのがキライなアナクロさんなので、


通話とメールとカメラ以外の機能は知りませんので、DL無理です(笑)


すみません。


















ダウンロード販売か・・・うーん・・・

アドベンさんのところのブラスター文鎮をみてたら、


こんな広告が。



ad



クリックしてみたら。





dmm


ファイナル・カットのダウンロード販売でした。


http://www.dmm.com/digital/cinema/-/detail/=/cid=5142wbn012/



なんでも、若い方たちは、音楽でも映像でもダウンロードで購入するのが、


ごく普通なことなので、CDとかDVDとかパッケージソフトを購入して「所有する」ということに、


こだわらないらしいですね。データで持ってればよしということでしょうか。



私なんかは、同じお金出すならやはりパッケージされたものを買って、


モノとして所有したい!と強く思うわけですが・・・



その所有したい!という気持ちでここまでの人生がこんなありさまになってるわけですが(笑い)



そういう気持ちが希薄というのは、なんというか、絶句してしまいます。



いや、若い世代を、批判とか非難とかをしようというのではないですよ。




世の中というのは常に変わっていくものなのですが、


今またそういう大きな変化の波がきてるのかなと、ちょっとめまいが・・・・




いよいよ、人類はモノを持たない世代へと突入していくのかという感慨ですね。






大量のモノに埋もれた汚部屋の持ち主としては、なんというか、


若者の行動様式の変化についていけないってことは、


やっぱり、ワシもトシなんだなあ・・・ってとこですか(笑)




昭和は遠くなりにけり




















サンマリノ共和国の切手

サンマリノ共和国 (Republic of San Marino) というのは、


イタリアにぐるっと囲まれたミニ国家なんですね。


外務省ホームページ

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/sanmarino_r/index.html







こういう小さな国でありがちなのは、外貨獲得のためでしょう、


収集家向けの切手の発行ですね。


この国もそのようで、


こんなSF小説をテーマにした1998年発行の切手シートがありました。


作家と代表作のイメージ画をそれぞれ一枚の切手にしているんですが、


あれれ・・・




クリックして拡大してお楽しみ下さい↓


san marino    



映画化されてるやつは、

その映画のヴィジュアルを、

微妙に(あるいはあからさまに)パクってるじゃん(笑)。


2001年宇宙の旅、砂の惑星、時計じかけのオレンジ・・・


そして、アンドロイドは電気羊の夢を見るか?(ブレードランナー原作)もこんなありさまに。


   

san marino



摩天楼、ビルの巨大スクリーン、地獄のような都市の風景(炎じゃなくて煙が上がってる)・・・・


すべて 映画からのイメージ ですね。




スキンヘッドのアンドロイドと植えつけられた記憶?のヴィジュアルだけが、かろうじてオリジナルってとこか。




スピナーじゃなくて 普通っぽい車 が空を飛んでるのがご愛嬌。



あくまでも、SF小説の名作とその作家がテーマです!ということで、


SF映画のファン層を狙いながら


映画製作者への権利金を払わないで済まそうとしてますね~


「画像はイメージです」ってやつか(笑) (←ちょっと違うか)



仮にも 国家 なのに、こんなセコいことでいいのかな (笑)




80/300

本日二本目の記事です。




ボトルプロジェクト (→ こちら  ) ですが、


苦戦のようなので追加でもう一口、などと、いろいろありがたいご協力をいただいていますが、


現在のところ80口と、


依然として苦戦中です。


イベントなどでチラシを配布する方法などを計画中です。


長期戦になると思いますが、なにとぞこれからもご協力下さい。



アームズ・マガジン Dec.2008 No.246

hajimeさんからの通報↓で、アームズ・マガジン購入!

■僕もちっちゃいネ~タみーつけた

ネタ1.今月のアームズマガジンでステアー社の特集がありステアーライフルつながりで一部ブラスターとブレランについて語られておりました(ブラスターははじめ人気がなかった?など少し?記事でした)
ネタ2.我が家はケーブルテレビ生活です そこで何気におもろい映画はやってまへんかー?と番組表を見てたら!!!チャンネル451ムービープラスで11月22日8:55から「ブレードランナー」本125分82年米=香港 監リドリースコット~とあるではないか!!
ブレラン初心者として恥を承知で教えてください
この「米=香港」ってどういう事なんでしょうか?
配給の関係を意味しているのでしょうか?
いやー普通にテレビで放送するんですねー
とりあえず見てみよーっと

P.81   「ガンメーカープロファイル」          P.86-87 「よもやまばなし」

悪魔か神が細部に潜んでいる

すべて細部は軽視出来ない

悪魔か神が細部に潜んでいるから


          リドリー・スコット


(2008年11月17日放送分 「英語でしゃべらナイト」のインタビュー字幕より)



scott




先日、hajimeさんが教えてくれた、「英語でしゃべらナイト」 (記事は→ こちら


再放送、見マシタ。


もろにディカプリオ主演の映画のプロモーションなんだろうけど、


あれ?NHK・・・コマーシャルってだめなんじゃ(笑)



インタビュアー裕木奈江なつかしい・・・

嫌な女の役を演じてバッシングされたなんて、

無茶苦茶なハナシだよね。

火元は女性週刊誌なのかな?

馬鹿馬鹿しい・・・



関係ないけど五木ひろしの英語版 「よこはま・たそがれ」 おもしろかった。






しかし、ふつうは 「神は細部に宿る」 っていうんですけどね、


カントクの細部には悪魔もいるんかい(笑)




ブレランも代表作ということでグラディエーターと一緒に紹介されてましたよ。


br




hajimeさんありがとうございます!






参考にどうぞ

http://www.karakusamon.com/warburg.html


こんな内容です↓引用します。

「『神は細部に宿る』という格言(中略)は
英語では"God is in the details"といいますが、
世界3大巨匠の一人に数えられる建築家
ルートヴィッヒ・ミース・ファン・デル・ローエ
(Ludwig Mies van der Rohe, 1886-1969)と、
ドイツの美術史家アビ・ヴァールブルグ(Aby Warburg, 1866-1929)の
お気に入りの言葉だったことまではたどれます。
しかしその元はとなると、代表作「ボヴァリー夫人」で有名なフランスの
写実主義小説家グスターヴ・フローベル(Gustave Flaubert, 1821-1880)の
"Le bon Dieu est dans le detail" だという説と、
イギリスの著名な美術評論家・社会思想家
ジョン・ラスキン(John Ruskin, 1819-1900)だという説があって、
どちらも確認がとれていないようです。(中略)



道浦俊彦さんの上記のお話は、ネットでの検索、のものだそうだが、
私の検索ではみあたらない。
検索ではローエの言葉とするのが多いが、やはり、
この語は、ヴァールブルクのものとしておきたい。
エルンスト・カッシーラーは弔辞で
「神は細部に宿りたまう」という言葉を打ち出したのは
ヴァールブルク自身だった」といっている。
「神は細部に宿る」というトポスの普及者というべき、
面白いわけです。

最終版DVD再発売って・・・・

蟹江・ウエストさんよりタレコミ。


ビデオでーたに載っていた情報です、ということで、いただきました。


12月10日より始まるワーナーの「今だけ!! ¥1500」というキャンペーンで、


最終版ことディレクターズカットのDVDが再発売されるとのこと。


ぬあに~????


なぜ今頃、DC???


監督はファイナルカットに大満足して、決定版みたいな発言してるのに・・・・



しかし、


ワーナーホームビデオのサイトでも確かに告知されている。


http://www.whv.jp/warner_collection/0901/1500/


ハリソン・フォード出演作ってくくりも、なんで今?ってかんじ・・・


(他社のインディに便乗か?)



まあ、5枚組は限定生産だったし、


5枚組に含まれるDCは、


他のヴァージョンと切り替えでシームレス再生という、


変則的なリリースだったから、


単体DVD再発売はよいことかもしれないけど。




やっぱり・・・なんで、今?



蟹江・ウエストさんいつもありがとうございます!




遅ればせながらコメントにぼちぼちレスしてこうかと。 -40-


日時: 2008-11-03 09:39:34
記事タイトル: 関西ブレラニアン会楽しかったです!

コメントをした人: aku4 さん
コメントをした人のURL:
http://ameblo.jp/aku4/

コメントのタイトル: うらやましい!!
コメント本文:
関西在住なのに・・・・
でも持ってくもの無かったなぁ・・・
次回は参加させてください。
もうずっと皆さんのお話聞いてますので。

グラスは今度直接乗り込んできます。



次回はぜひぜひ。

手ぶらでオッケーですよ。


グラスどうですか?





日時: 2008-11-04 01:05:15
記事タイトル: 50/300

コメントをした人: wow さん


コメントのタイトル: Fresh News Delivery掲載
コメント本文:
世界中のデザインやグッズ、映画etc.等
最先端のソースを提供している
『Fresh News Delivery』に駄目もとで情報を
お伝えした所、今回のボトル計画を掲載
していただきました。
デザイナーや建築士、ミュージシャン等にも
ファンが多いBR。
新しい賛同者に結びついていただけたらと
切に願います。
以前より他にもBR情報が掲載されているので、是非一度、ご観覧してみて下さい。
直接のアドレスではありませんが
http://news.videoboys.tv  もしくは
Fresh news delivery にてご検索を。



アクセスかなりありました。ご尽力いただきありがとうございます。

まだまだこれからですが、300めざしてがんばります!





日時: 2008-11-05 03:52:30
記事タイトル: 奥さんへの言い訳を考えはじめた人続出。

コメントをした人: hajime さん


コメントのタイトル: ん~だめ でしょ~(ちょーさん風に)
コメント本文:
はい、私は4番に思わず笑いました!
(グリップの琥珀色は持つ者の運気を上昇させます的な)
私、実は今すぐ買う財力は無くいつ手にできるか怪しいのですが?(すいませーんボーナスも怪しいしぃ助けてー総理!)
皆様のごく一部の私同様セレブ生活に遠い国に住んでいる方々は一体この危機をどう乗り越えるのでしょうかっ!!
さらにモデルガン自体に嫌悪感を持つ我が細君(なにが細君だ)に一体どう理解してもらえるだろうか?(内緒しかない!)
唯一の救いは限定生産では無いと言っていただいた事でしょうか いつかは必ず手にできる希望で生きていけるそんな気がします?
すいませーん



うけた。うけた(笑)

うけねらいで書いて反応ないと寂しいです・・・


そういや白いコードの詩は反応なかったなあ・・・・









日時: 2008-11-06 00:43:37
記事タイトル: Coca cola BLADE ROLLER (ブレラン風味 懐かしCF)

コメントをした人: ヂョウ さん


コメントのタイトル: やっと見つけた
コメント本文:
このCMは僕が36年間生きてきて一番印象に残るものです。 当時21歳の僕は何気にテレビを見ていて、このCMの存在を知りました。 わずか30秒の映像の中にふんだんに盛り込まれた演出…我を忘れて見入った記憶があります。見終わった後に自然と漏れた「かっこいい…」というつぶやき。 それは、わずか30秒でここまでの作品を創れるのだという新しい発見でもありました。 今回、こちらのブログでようやくこの作品を再び拝見でき、あの時の感動を味わう事ができました。 有難うございます。


ヂョウ さんこんにちは。

そう言っていただけると、

毎日しこしこブログを書いている甲斐もあるというものです。


こちらこそありがとうございます。


アレは何度見てもほんとかっこいいですよね。






日時: 2008-11-06 21:17:48
記事タイトル: 続報:ブレードランナー バガボンド マガジン3 最新情報

コメントをした人: クリスタルボーイ さん
コメントをした人のURL:
http://ameblo.jp/kurisutaruboy/

コメントのタイトル: 楽しみが増えた。
コメント本文:
バガボンド マガジン3発売楽しみです。

続報に期待



もうすぐですね。期待↑





日時: 2008-11-09 16:17:49
記事タイトル: 69/300

コメントをした人: wow さん


コメントのタイトル: 地味ですが
コメント本文:
ブレラニアンに此処は既知の存在なので
眠れるブレラニアン?に告知が必要と考えます。
当たると大きい?芸能人で調べてみましたが
意外と投稿の場所もなく、また第3者の利益が発生
する事例にも投稿制限がありました。
竹中直人氏や一番好きな映画と賞賛する松任谷由美さん
1stライブCDでLOVE THEMEを演奏している布袋寅泰氏 等も上記の通りでした。
パーソナリティのラジオ番組の投稿にも第3者の件
がブロックしそうです。
それでもその他芸能関連を調べるかwebの人気サイトか
映画関連の雑誌への投稿、イベントでの告知に私の中では落ち着きそうな気配です。
まだまだ浅い見解かもしれませんが。



日時: 2008-11-09 16:40:57
記事タイトル: 69/300

コメントをした人: wow さん

コメントのタイトル: 無題コメント本文:
あとブレラン好きなNIGO氏も調べました。



いろいろ考えていただきありがとうございます。


眠れる森のブレラニアンたちはいずこ・・・・



日時: 2008-11-12 18:22:51
記事タイトル: エルフィンナイツ製BR Whiskey Bottle プロジェクト始動!

コメントをした人: 越後屋 さん

コメントのタイトル: ちなみに・・・
コメント本文:
 周囲のオタク仲間にも働きかけてみます。これまでの賛同者が新たに3~5人賛同者を獲得できれば、実現にぐっと近づくはずですね。



ありがとうございます。

なにとぞよろしくお願いいたします。



日時: 2008-11-13 19:58:16
記事タイトル: お笑い○○スピナー!(トンデモ記事) <後編>

コメントをした人: TAKA さん
コメントをした人のURL:
http://ameblo.jp/bladerun44/

コメントのタイトル: いいですねえ。
コメント本文:
これ、よく見るとシドミードのイラストと劇中車をミキシングして描かれてるのがいいですね。見ていて楽しいです。でもビックリドッキリメカなのはたしかw。



え?すぴなーってビックリドッキリメカなん?





日時: 2008-11-13 23:33:25
記事タイトル: お笑い○○スピナー!(トンデモ記事) <後編>

コメントをした人: ♪きむらかずし さん
コメントをした人のURL:
http://kimux.org/ukulele/

コメントのタイトル: 驚異の性能!
コメント本文:
感嘆すべきは性能です。

地上……時速210km
空中……時速150km

空中の方が遅いじゃん!




ほんとだ!

それって飛ぶ意味ないじゃん!






日時: 2008-11-15 17:36:36
記事タイトル: 左

コメントをした人: junfan さん

コメントのタイトル: 白コードの溝
コメント本文:
コードだけならユーザー側で垂らせばいいんですけど、ワーコン画像では、4本中、2本分のコードがレフトカバーに埋まっているとしか見えないものですから、ユーザー側でカバーの薄い部分に加工は厳しいので、どうせやるならそこまで再現して頂きたいなと、一個人の意見です。(高木さんは、再現されてらっしゃるんですけどね・・・。)



他にも、

接着剤で止めてる?とか、

二本は裏に抜けてる?とか、

いろんな意見があるんですね。


そのへん、実物を見てみたいですね。




日時: 2008-11-17 21:56:11
記事タイトル: しーもんさん、面白すぎ!

コメントをした人: しーもん さん
コメントをした人のURL:
http://ameblo.jp/ex-seamonkey/

コメントのタイトル: きゃー!
コメント本文:
allbrさんッ!!
ぁんなコトしちゃってホントにごめんなさぃ!!
(本気で謝罪)

記事、読んでいただけてょかったです!
救われました!←自分がしたことなのに…

またもや記事にしていただいてしまって…ァワワ

今回ゎ、本当にぁりがとうござぃました☆
御礼、キチンとするのでお待ちに
なっててくらさぃ!

バター犬で噴いてしまぃますたwww
allbrさんたらぁ?^^







いやあ、しーもんさん別嬪さんですね~


きっとあのアライグマみたいなメイクも似合うと思いますよ。


あ、目線も似合ってますよ(←いいかげんな発言)




ハブ・ア・バター犬!ちゅうのは、


ブレードランナーファンならだれでも知ってる、


劇中での巡回スピナーの挨拶、


Have a better one!


のしょうもないダジャレでした・・・・。




これからもブログ楽しみにしてます!

マイナスネジ (slot-head screw) <後編>

前回 (記事は→ こちら ) の続きです。


プロップサミットで見つけたスレッドはこれです。




http://www.propsummit.com/viewtopic.php?t=699&postdays=0&postorder=asc&highlight=weaver+knobs&start=0


ヒーローブラスターについてるウィーバー(ウェーバー、とも)スコープの部品 (Weaber knob)は、


映画の画面では確認できない、よって、これは後付けではないか?


ほんとはやはりマイナスネジではないのか?


というのが主題です。



あ、と思いましたね。もやもやしていたのが晴れた気がしました。


そうか、おかしいと思ったら追究したらいいんだ・・・一本とられた・・・





撮影中はマイナスネジがあったが、撮影後に紛失したので、


現在のオーナーがウィーバーノブをつけたのかも、


とか、


撮影中に空砲のガス圧でマイナスネジが飛んだんだよ、


だから(たまたまあった?)ウィーバーノブをつけたのさ、


とか


まあ、あちらの方たち(主としてアメリカ人ですが)が、かんかんがくがく、憶測・推測でにぎやかでございます。




アメリカ人のいいところは、実証主義というか、証明されてないものには、とにかくなんでも疑ってかかるところで


すね。すばらしい特性だと思います。



昔、アメリカでマジェスティック12という宇宙人の存在を隠蔽しているという秘密文書が「暴露」されたときに、


それにサインしてあったルーズベルト大統領のサインを、公文書をあたって全く同じものを発見し、つまり、公開



されている公文書からコピーして張り付けたものであるとつきとめた人がいて感心しました。つまりでっち上げ


だったわけです。


日本のテレビなどでは、どうせイロモノだからと思ってるのか、無責任に娯楽番組にしたててましたが、


アメリカ人はきちんと検証して、偽文書であると発表しているのに感銘を受けました。




ま、アメリカ人にもダメなとこいっぱいありますけどね(笑)



今回も、ヒーロープロップ発見で、現物にウィーバーノブがついているのだから、


撮影時にもそうだったんだろうという、誰もが持ってしまった思い込みを、疑う人がちゃんといた、


それにまたしても、「やられた」と思いました。



上記スレッドでは、スチルや、ブルーレイやHDなどの、ハイデフソフトからのキャプチャー分析から、


やはり映ってるのはマイナスネジ・・・・という意見が。




デッカードが最後にレイチェルの生死をたしかめるシーンで、


わりとよくブラスターの右側面がわかるのですが、↓ ブルーレイお持ちの方はぜひご確認を。



minus



半円形の反射と縦にみぞがあるのがわかります。つまり、マイナスネジ。


プロップサミットの上記のスレッドでは、このシーンを上手にキャプチャーしてますので、必見です。


それをみるとはっきりマイナスネジだとわかります。




ただ、ゾラ追跡シーンなど、他のブラスター登場シーンでは、動きが早くて、どちらかは確認できず・・・




劇中にマイナスネジが確認できるシーンはあっても、ウィーバーノブが確認できるシーンがないことから、


上記スレッドでは、やはり、ウィーバーノブは、後付けなのかもというムードになってきているようです。



ここで、一枚のスチルをご覧下さい。


デッカードさんがブラスターを持ってるスチルです。


M1号さんが、ブラスターがはっきり映ってるから、という理由で


仕入れてきてくださった貴重なものです。(ソッコー買いました)


背景から、セバスチャンのアパートでのロイとの死闘シーン撮影中のスチルかなと。






minus


minus



見事にマイナスネジ (slot-head screw)です。


ちなみに、ON/OFFスイッチもはっきり確認できますね。




そんなわけで、


1.ウィーバーノブ (Weaber knob) はいまだ撮影中に装着されていたことが確認できないが、

 現存するヒーロープロップに装着されていることから、

 撮影時にも装着されていた局面があった可能性も完全には否定できない。


2.マイナスネジ (slot-head screw)は撮影時には間違いなく装着されていた。

 全ての撮影期間においてそうだったか、まではわからない。



ということになりますね。





そういうわけで、


留之助ブラスター開発チームには、


マイナスネジ (slot-head screw)と、ウィーバーノブ(Weaber knob)両方つけてくださいとお願いしました。


このスチルも添えて。



で、まあ、コストの上昇やら、徳さんの負担増やら、様々な問題はあったでしょうが、


ありがたいことに実現していただいたわけです。



この件の中子さんのブログ↓


http://tenshu53.exblog.jp/6981287/




中子さんはウィーバーノブについては私とは真逆の印象を持ったようで、


まあ、感じ方は人それぞれですね(笑)




ふりかえって思うに、


ヒーローの画像が公開されたときに、


まず、白いコードがあったでしょ、


画面には映ってるけど、なんだかわからなかったのが、


コードだったのか!と驚いたわけです。


ブサイクダナ~と思ったものの、しかし、画面に映ってるということは、


撮影時についてたということで、ついてるのが「正解」なんだと思ったわけです。ファンは。



で、ON/OFFスイッチ。これも画面やスチルで「そこになにかある」(オズショップも造形していました)とは言われ


ていましたが、


まさか直球も直球、の (たぶんLEDのための) ON/OFFスイッチとは!


これは、


1.「どうせ小さいから映んねえよ」 というスタッフのおおざっぱな感覚でつけた。


2.「ここについてたらわかりやすいじゃん」というスタッフの合理的精神でつけた。


3.スコット監督の、レトロ・フューチャー好みにあわせて、あえて古臭いスイッチをつけた。確信犯。



さあ、真実はどうなんでしょう?





さて、コードとスイッチ、この2つの衝撃に加えてやはり、最大の衝撃は、


マイナスネジ (slot-head screw)でなく、ウィーバーノブ(Weaber knob)だったことですね。


ブラスターのイメージががらっと変わってしまった。




しかし、冷静に考えると、コードとスイッチは、 「はっきりしないけど、なんか映ってる」 ものが、


クリアーに確認できた喜びだったのに対し、ウィーバーノブ(Weaber knob)は、


予想だにしなかった別パーツだったというサプライズで、ちょっと意味合いが違う・・・



「ヒーローではこうなっていたんだ!」という 「新事実」 の 「発見」 にみんな酔ってしまった・・・



そんな中で、


「いや、ちょっと待てよ、公開から20数年、ほんとうに撮影時のままなのか?改変はないのか?」


と検証するのは、なかなかできることではありませんね。プロップサミットのメンバーらには、


あらためて敬意を表したいと思います。



最後に私の個人的な想像を言わせてもらえば、撮影中はやはり最初から最後まで


マイナスネジだったんじゃないかな~と。


ま、真相は藪の中ですけどね。


みなさんのご意見もお聞きしたいものです。


おわり


















白いコード(作詞:ブレランのに~ぜき)


はい、なにかと話題の(笑)留ブラの白いコードっす。



http://tenshu53.exblog.jp/7670810/


ちょっと、作詞してみました。





                           白いコード


ブレランのに~ぜき 作詞



白いコードがついてないのは

何か訳でもあるのでしょうか

この頃とても気になるの

レフトカバーまわりの小さなことが

狂っちゃってるうちらには

発売の予感がうれしくて

アップデートの画像に

白いコードがまぶしくて


みぞがあるのかボンドなのか

いつかはっきりするのでしょうか

はっきり見えない気になるの

レフトカバーまわりの小さなことが

イカれてるうちらには

オプションのコードがうれしくて

琥珀色のグリップに

ブルーイングの青がまぶしくて

 


元ネタ↓(若い人はもう知らんだろね。)
http://www.fukuchan.ac/music/j-folk3/shiroigita.html
YouTubeで聴けます。
http://jp.youtube.com/watch?v=JnFh2DlLV6k







これは再放送、見ナイト。

TVネタに強い? hajime さんよりタレコミ。




日時: 2008-11-18 17:26:13
記事タイトル: 家政婦は見た!(笑)

コメントをした人: hajime さん

コメントのタイトル: 英語でしゃべらナイト
コメント本文:
昨日の英語でしゃべらナイトにリドリー先生登場したそうですBRもちらりだそうです





11/20 (木)  深夜2:45   (つまり11/21 (金)早朝ですね) 再放送!


http://www.nhk.or.jp/night/nex-20081117.htm





hajime さんありがとうございます!

マイナスネジ (slot-head screw) <前編>

はいはい~全国の重症ブラスターマニアのみなさん、こんにちは。


留之助ブラスター発売を控え、気が気でない毎日をお送りのことと思います(笑)。


そんな浮き足立った皆さんのために、


今日はタイムリーな話題ということで、ブラスターのマイナスネジ問題をとりあげてみたいと思います。



まあ、釈迦に説法というやつかも知れませんが・・・・



以下の画像をご覧下さい。


これは、プロップからのレジンコピーなのですが、


右側のカバーには、非常に特徴的なマイナスネジが装着されていますね。


プロップサミットでは(英語では) slot-head screw  とか、


slotted screw なんて呼ばれてますね。




長い間、この光景を見慣れていた私たちですが、大事件が起きました。




カールさんという方が、ワールドコンというイベントで、


偶然ホンモノのヒーローブラスタープロップ(長い間所在不明でした)に出くわし、


撮影しまくった画像をネットで流したのです。




なんと、ヒーローにはこのマイナスネジでなく、奇妙な模様が彫られた部品がついていたのです。


これは衝撃でした。


マイナスネジとばかり思っていたのに・・・・




私自身の感想は、


「なんかかっこわるいな・・・」


あまりにもマイナスネジを見慣れていたせいか、


その部品が妙に中途半端に未来的に見えて、


安っぽいな~と、しらけてしまったのです。


せっかくレトロ・フューチャーを体現したかのような完璧な構成のブラスターなのに、


そこ変える必要ないじゃん!と・・・





後に、プロップサミットでは、andy という人物が、このスクリューが古いウィーバースコープの部品である


ことを特定しました。


プロップサミットでは(英語では) Weaber knob と呼ばれているようです。




古いスコープの部品だったということを聞いて、安っぽい未来的デザインではなかったとわかり、


多少はしらけた気持ちがおさまりましたが、


変える必要のないものを変えられちゃったよ~という不満はずっと引きずってました。









minus          minus




 minus         minus

 

          前方から                                下部から



前方や下部からの画像を見ていただくとおわかりのように、マイナスネジのヘッドは意外と薄いです。


コイルさんのC&SブラスターVER.1では、情報不足からか、


このパーツを円柱形に造形してました。ズドーンと下まで。




ところで、このブラスターのレジンコピーは複製をとる際に、


内部にシリコンが流れ込まないように、粘土のようなもの?で、


開口部をあちこち塞いであります。


このマイナスネジ部分の下部にもその処置がしてあります。


つまり、この下は穴が開いていて、スカスカだったのでは?



なぜ穴が開いていて、スカスカ、か?


それはやはり、内部のリボルバー(チャーターアームズ)の撮影時の空砲のガスを抜くためでしょうね。



さて、


ずっとすっきりしない気持ちのままの私でしたが、プロップサミットで


興味深いスレッドに出会いました。


後編につづく








 


















しーもんさん、面白すぎ!

ヒーヒーいって読みました!

こちらこそありがとうございます!



http://ameblo.jp/ex-seamonkey/entry-10158117165.html


これからも、当ブログのウブなブレラニアンたちを


しーもんさんの、いけないすばらしき世界へいざないつづけますよ!



ハブ・ア・バター犬!


(↑しーもんさんの影響?)













こんどは右です。



http://tenshu53.exblog.jp/7663430/


ちなみに左の白コードは、

付属するそうで。


白いコードは自分でつけたらいいんでしょうか(笑)。



http://tenshu53.exblog.jp/7659477/

ショパン 夜想曲(ノクターン)第13番

2000年のある日、私は郷里のCDショップにいた。


都会での仕事を失い、逃げるように帰郷した都落ちの身なのに、


貧乏なのに、


CDショップにいた。


(いるなよ)



お目当てはショパンのCD。


ショパンの夜想曲(ノクターン)第13番が入っているCD。




「に~ぜきさん、そりゃまた似あわねえこと言うねえ」


そう思ったあなた、正解です。


似合いません(笑)



私がクラシックなんて高尚な音楽を聴くわけがないっす。



じゃなぜ?



毎度おなじみの 『メイキング・オブ・ブレードランナー』に、



編集のテリー・ローリングスが次のように語っているくだりがあるからだ。



 デッカードのピアノでレイチェルが弾くメロディには、興味深いエピソードがある。このシーンに仮の音楽(テンプ


スタッフ)をつけ、サウンドトラックの音楽にも注意を払っていたローリングスは、「あの場面につけた仮の音楽(テ


ンプスタッフ)は、ラヴェルのピアノコンチェルトのゆっくりした部分を編曲したものだ」と語る。「あのシーンを撮る


前に、私は曲をショーンとリドリーに弾いて聴かせた。ショーンはそれを見て真似をした。私が編集室で作業でき


るようにだ。だがヴァンゲリスが彼女のピアノの曲を担当することになり、音楽は変わってしまった。完成版でも


わかるように、ヴァンゲリスはショパンの夜想曲(ノクターン)第13番を編曲して使ったのだ」




『メイキング・オブ・ブレードランナー』 (ポール・M・サモン 著 /ソニー・マガジンズ) (旧版 P.182)






ずっと気になっていた情報だったが、たしかめることもせず、時間だけが過ぎていた。




これはいかん!


こんなことではいかん!




と思い、有り金つかんでCDショップへ。


(失業中なのにねえ・・・)




ショパンコーナーを探すと、


店員さんが手書きしたPOPに、


「ショパン聴くならルーヴィンシュタイン!」と書いてあったので、


そうか、ルーヴィンシュタインか!と思って(単純)



ルーヴィンシュタイン演奏の夜想曲(ノクターン)第13番が入っているCDを探す。



で、発見したのが


RCA RED SEAL BEST100 

ショパン 夜想曲全集Ⅱアルトゥール・ルーヴィンシュタイン(ピアノ)

 (BVCC 37232 )


3曲目が


  第13番ハ短調Op.48-1 (5:53)


である。


購入。1700円ナリ。

chopin

早速家に帰り聴いてみた。



うーん、たしかに。


なるほどなあ・・・・


でも言われなきゃ、絶対わかんないね!



ちなみにヴァンゲリスはブレランの中で、


インクスポッツの If I didn't care のそっくり曲


One more kiss dear もつくってますね。


これは、インクスポッツの曲の使用料を節約するために、


作られたらしいですね。




まあ、聴いてみてください。


これはルーヴィンシュタインでなくて、


ショパンコンクールの入賞者の演奏のようです。


http://jp.youtube.com/watch?v=NRuD1L9FPZA&feature=related



皆様の感想もお聞きしたいです。








家政婦は見た!(笑)

『イギリス人はおかしい―日本人ハウスキーパーが見た階級社会の素顔』 (高尾慶子・著 文春文庫)


という本があります。



uk



日本人である著者が、ハウスキーパーとして働いていたイギリスという国を一刀両断!


ま、それもおもしろいのですが、ここで紹介するからには、なにか別の理由があるはず・・・・


そう思ったあなた、正解です。



彼女はなんと、リドリー・スコット監督の邸宅のハウスキーパーだったんですよ。


その経験から監督の素顔やら、裏話やらをいろいろバクロしてくれてます。


カントク、こまけえ!というエピソードやら、


カントク、そりゃ失礼だろ!という話やら、


いやあ、おもしろいです。


だいぶ前の本なのですが、ブレランファン、リドリーファンには超おすすめ。















お笑い○○スピナー!(トンデモ記事) <後編>

お待たせしました!さて、昨日の続きです!


お笑い○○スピナー!の、○○とはなにか!


答えはこれです!




3wheel spinner



3wheel spinner

ワンダーライフ 第17号 (1991年 5月 小学館発行) P.21


なんと。

三輪スピナーでした!


なぜに三輪????


なぜにここにスピナー???



しかも勝手にエネレックス搭載になってるし(笑)


トンデモだああ。




しかし三輪とはねえ・・・・


ミゼットですか









お笑い○○スピナー!(トンデモ記事) <前編>

学研の「ムー」ってありますよね。


超常現象やらUFO、UMA、心霊現象、占い、精神世界・・・・


そういうちょっとアブナイ、トンデモなネタの雑誌。


学研がそんなもの出すなよ、という気もしますが、今でもあるところをみると、


コンスタントに売れてるんだろな。




多感な時期の青少年少女の不安定な心につけこんで商売して、


健全な心の発達の妨げになってるのに。




エロ本でなく、こういう雑誌こそ有害図書に指定すべきだね。




広告もひどい(笑)


運がどんどん好転するタリズマンとか (あんなのスタッフが体験談でっちあげてるに決まってる)、


シアワセになる祈祷とか、うさんくさいカルト団体らしきものとか、アブナイものばっかり。



なんでだれも批判しないのか不思議でしょうがない。



なんでこんなこと書いてるかというと、


実はワタシ、若気の至りで、どっぷりその世界にハマッてえらいめにあったから!(笑)





若い方たちで、そういう世界に興味が強い方がいらっしゃったら、悪いこといいません、


やめときなさい。


現実は、日常生活は、退屈で苦痛かもしれないけど、


ああいう世界に逃げてはだめです。



最悪、人生を棒に振る場合だってあるんだから。




現実を、輝かせる方法を模索した方がいいよ。




一番いいのは恋をするとか。




ま、恋はいずれ醒めるから、ブレラニアンになるのを薦めるけど。


ブレラン熱は醒めないから(笑)


一生退屈しないで済む(大笑)。



さて、なんの話だっけ?


そうそう、そのトンデモ極悪雑誌「ムー」だけど、


売れたせいで、他社も二番煎じで同様のものを出してたことがある。


たしかワールドフォトプレスだったと思うんだけど、「トワイライトゾーン」というのがあった。


すぐ見なくなったけど。





そして、今回紹介する「ワンダーライフ 第17号(1991年 5月)」(小学館)。これも柳の下のドジョウ狙い。



wonder life




ちなみにこれもわりとすぐ休刊した(笑)



これに連載されてた「あすかあきお」という人のまんががめっぽう面白くてネエ。


(本人いわく、都市伝説で売れたスティーブン・セキルバーグ ことハローバイバイ・関暁夫氏のいでたちは、自分のパロディであるそうな)



あすかあきお氏の分身のような主人公に、


ミスターカトウという謎の人物が極秘情報をもたらすという


物語じたての、極秘情報暴露。







太陽の裏側にもう一つ惑星がある!


とか、


ティラノサウルスは全身真っ白な毛で覆われていた!


とか、


一人でおおウケしてたなあ。懐かしい。


この人、


たしかこの雑誌が消滅したあと、「ムー」に活躍(笑)の場を移したと思う。






もっとも、真面目な話、


恐竜の一部が鳥類に進化したというので、恐竜にも毛があったというのはあながちウソでもない?


もしそれが証明されたら、


映画「ジュラシックパーク」もデジタル修正されて、毛のある恐竜になったりして。



 ”「 ジュラシックパーク・特別増毛篇 」 DVD・ブルーレイディスクで好評発売中!”


とか。





また話が脱線・・・



で、この雑誌「ワンダーライフ」で、ドクター中松が発明したという、


水からフリーエネルギーを取り出すという夢の装置「Dr.中松ENEREX」 のことを記事にしてるのだが、


その記事中になぜか、何の脈絡もなく、○○スピナーが!


なぜに○○????


なぜにスピナー???


編集のだれかが好きだったのかな、ブレランが・・・・




ドクター中松ってのは、よく都知事選に出てた、へんなおっちゃんです。


自分ではフロッピーディスクの発明者であるとか、エジソンを超えた発明王とか言ってます。


実際にはフロッピーそのものでなく、


やや似たようなものを発表していたので、


IBMが事前に、訴訟を避けるための契約を結びにきた、ということだけのようですが。


ま、そのように以前からトンデモ~な人なわけですが、


水からフリーエネルギーってのはまたスゴおおおおおおおおおおおおおおおおおく、トンデモですね。



もしそれが事実なら、


トヨタもホンダも水素電池なんて研究してる場合じゃなく、ドクター中松とその装置の独占使用契約結ぶために、


必死でがんばらなくてはいけないんじゃないの?



実際はトヨタ、ホンダが動いた、そんな話は聞いたことないですよね。プッ(苦笑)








さて、○○スピナーとはなにか?その衝撃の正体は、明日!



               前編おわり。後編に続く。




























































遅ればせながらコメントにぼちぼちレスしてこうかと。 -39-


日時: 2008-10-16 03:52:17
記事タイトル: ゼネプロ セルフカッティングシート

コメントをした人: シップ さん

コメントのタイトル: 無題


コメント本文:
初めての書き込み失礼します。
楽しく拝見しております。
すでにご存知かもしれませんが、リドリー・スコット監督が傑作SF「終りなき戦い」を映画化するそうです。


http://eiga.com/buzz/20081015/3


久々のSFということで期待が高まります。

セイフカッティングシート、紺色のモノに貼るとらしく見えそうですね。ヘルメットなんかよさげです。



シップ さんはじめまして。


愛読感謝です。



みなさんの、


「おもしろかったです」


「たのしいです」


というお言葉がなによりの励みです。




映画、期待していいんでしょうかね?(笑)


いや、映画としては非常に期待できるものなのでしょうが、


ブレラン的なものを期待しちゃうと肩すかしかな~


(ていうか、ブレラン的なものを期待する方が間違ってるのか・・・・)


ヘルメット、なるほど。いいですね!


と思ったら、hawkeye さんが↓



日時: 2008-10-17 09:41:41
記事タイトル: ガレキ自慢 【いったんフィナーレ】 番外編 クロノログ特典レジンスピナー

コメントをした人: hawkeye さん

コメントのタイトル: クロノログ持ってますw
コメント本文:
持ってますよ?クロノログ。
レンタル屋でバイトしてたんで、店を通じて注文しました。
スピナーの事は全く知らなかったですね・・・

ゼネプロが出してたステッカー(下の方で書かれてますね)、私は一枚切り出してその時使ってたヘルメットに貼ってバイクに乗ってました。
メットを見て「あれって警察なの?」「そんなわけないだろ」って言ってるカップルの会話を聞いたことがありますw
ステッカーの残りはどこかにしまい込んでるので私も見つけ出すのは時間がかかりそうですけどね・
・・




やはり、スピナーはビークラブ読者限定特典なんですね。

ちょっと、というかかなり不公平な気がしますが。情報感謝です。


しまいこんだモノって、探すとなかなか出てこないんですよね~



日時: 2008-10-19 16:27:01
記事タイトル: ついでにアメーバにも

コメントをした人: ハ カ セ さん
コメントをした人のURL:
http://ameblo.jp/presidenthakase/

コメントのタイトル: こんにちは.。
コメント本文:
ハカセと申します。
ブログ時々拝見させてください。
どうぞよろしくお願いします。


ハカセさんこんにちは。

時々といわず、毎日おいでくださいませませ(笑)



日時: 2008-10-19 20:37:54
記事タイトル: I need the old blade runner.I need your magic.

コメントをした人: wow さん

コメントのタイトル: Embarrassing.
コメント本文:
ジョニ黒ボトルの
七変化がとても(笑)



くやしいことに写真写りはやたらいいんですよね~

実際はそうでもないのに・・・






日時: 2008-10-16 19:40:09
記事タイトル: ボトル・・・セットアップ #4 (終)

コメントをした人: リツ大 さん

コメントのタイトル: !?
コメント本文:
品質と対応が残念な感じでしたが
ディスプレイしてみたら
結構、いい感ですね?

宝くじが当たったら、日本製をやりたいですね(笑)


宝くじ当たる前に、企画やっちゃいました。

がんばります。



日時: 2008-10-20 09:05:11
記事タイトル: Coca cola BLADE ROLLER (ブレラン風味 懐かしCF)

コメントをした人: シュウ さん
コメントをした人のURL:
http://ameblo.jp/shuwest/

コメントのタイトル: 別バージョンだあ!
コメント本文:
TAKAさん紹介の別バージョンは初見です。
やっぱり かっこいいなあ!

あの子役も日本人だったんですね。
日本独自の企画だったとは!

コカコーラの中にもブレランファンが
いたのですかね

フィンチャーは、メチャクチャな製作状況
だった「エイリアン3」を途中から引き受けて
一応カタチにしたのですから、
やはり大したものです。

「ゾディアック」も好きです!


あのCFはブレラン風味の映像の中では文句なしのNO.1と思いますね。

私は。


別ヴァージョンもいけてますね。


コカコーラと広告代理店に、ブレラニアンがいたんでしょうね。



「ゾディアック」は観よう観ようと思いつつ、まだです。


おもしろそうですよね。




日時: 2008-10-21 11:17:05
記事タイトル: Coca cola BLADE ROLLER (ブレラン風味 懐かしCF)

コメントをした人: とおる さん
コメントをした人のURL:
http://www.geocities.jp/pstr_man/

コメントのタイトル: フィンチャーは
コメント本文:
『エイリアン3』を失敗作と片付けられないのは、あれがフィンチャー作品だからです。
その昔クラークの「宇宙のランデブー」を撮るという企画がありましたが流れちゃいましたね。
ぜひとも今一度SF映画を撮って欲しいのですが・・・。



昔のハリウッド製SF映画って、


愛好家限定というか、日陰の存在であることを誇りにしてましたよね。


なのに、なぜか、最近はSFというのが、


「便利な設定」くらいにしか感じられない映画が多いんじゃ?


SFにしとけば、政治的なネタも、


とっぴょうしもないことも細かいことに気を遣わなくてオッケーだし、


みたいな・・・・


いかがわしい香りのするSFの復権を望む!




日時: 2008-10-26 00:23:19
記事タイトル: しーもんさんにドキッ。

コメントをした人: しーもん さん
コメントをした人のURL:
http://ameblo.jp/ex-seamonkey/

コメントのタイトル: ぅゎー!!!
コメント本文:
allbrサン、ぁりがとぅござぃます!!!

ボキのトンでもェロェロ映画感想文を!!!
滅茶苦茶素直に、ゥレしぃのです!!!

勿体無いぉ言葉ばかりィタだきまして、本当に裸で土下座してます(今、してますPC前)←ブザマ

まったく違う方向から名作に失礼杉な感想文になっちゃってます。

でも、原点とぃうのゎ、素敵ナンデス☆

ブレランゎ、とても置くが深いのですね^^

折り紙の上手なぉりカタでも練習しながら、
ゥィスキーでも嗜みたいモンですwww

本当に、ぁりがとぅござぃました!!!

追伸:ちょっと図星で、マィってますw






日時: 2008-10-28 12:54:32
記事タイトル: 照れる・・・・

コメントをした人: しーもん さん
コメントをした人のURL:
http://ameblo.jp/ex-seamonkey/

コメントのタイトル: こちらこそ!なのですょ?^^
コメント本文:
allbrさん、こちらこそ、ご紹介くださって
ホントにぁりがとぅ☆なのです!!!

こぅして、ひとつの映画で
まさか新しいご縁がデキるだなんて、
夢にもォモってませんでした^^

今夜も、BRに乾杯!ですにゃ☆

更なるBRの世界、ココで
ぉ勉強させて頂きます!

キャハ☆






しーもん さん! いえいえ、「原点」 鋭かったですよ!


名誉ブレラニアンの称号をおくりたいと思います。


しーもんさんの、なぜかとっても爽やかな「ェロェロ」がとてもスキです。


それに、毎回毎回すごくおもしろいです。


なんて、私が言うまでもないですね。


熱狂的な支持者が多いのがその証拠ですね。




私はさかだちしてもしーもんさんみたいなおもしろい文章は書けません。



私はわたしなりにこうやって泥臭い文章を書くしかないんですが、


ええ、それがワタシの持ち味だってわかってますが・・・・・ちょっと嫉妬(笑)



しーもんさん、今回はいろいろありがとうございました!




日時: 2008-10-26 04:19:56
記事タイトル: しーもんさんにドキッ。

コメントをした人: とむちゅん。 さん
コメントをした人のURL:
http://ameblo.jp/sumitomovisa/

コメントのタイトル: こんばんは。
コメント本文:
初めまして。
しーちゃんちから来ました。
よろしくお願いいたします。
ペタだけではもったいないので。⊂((〃 ̄ー ̄〃))⊃


とむちゅん。 さんはじめまして。


しーもんさんちからですか、ありがとうございます。


しーもんさんちみたいに垢抜けたブログじゃないんですが、


ブレードランナー好きならそこそこ楽しんでいただけるかと思いますので、


何卒御贔屓に。



日時: 2008-10-29 22:09:01
記事タイトル: 遅ればせながらコメントにぼちぼちレスしてこうかと。 -37-

コメントをした人: アンコ さん

コメントのタイトル: 無題


コメント本文:
なんか私のコメントだけ他の方たちより大きい?(照)。オフミ楽しそうですね。影ながら応援してます。



楽しかったですよ。ブレラニアン会、いずれ全国各地でやれるようになったらいいな~



日時: 2008-11-01 10:47:41
記事タイトル: 今日、いよいよ関西ブレラニアン会です。

コメントをした人: sw4506 さん
コメントをした人のURL:
http://ameblo.jp/sw4506/

コメントのタイトル: こんにちは
コメント本文:
店主様の所でご迷惑をかけましたまっつぁんでございます。これから時々お邪魔しようと思っています。どうか追い出さない下さいませ。



sw4506 さん、迷惑だなんて、とんでもないですよ。

ブラスターのグリーンLEDは光ったのではないかと推測する人たちもいます。

いろんな意見はあります。決定打がないんですよね~


時々と言わず、毎日でも!(こればっか)


よろしくおねがいいたします。



日時: 2008-11-02 13:58:21
記事タイトル: 今日、いよいよ関西ブレラニアン会です。

コメントをした人: White_Dragon さん
コメントをした人のURL:
http://bladeruuner.seesaa.net/

コメントのタイトル: ありがとうございました
コメント本文:
昨晩は楽しい時間をありがとうございました。

いんや?、BRお宝グッズのオンパレードで、
圧倒されっぱなしでした。(笑)
次回も是非よんで下さい!

取り急ぎお礼申し上げます。



ありがとうございました。

またやりたいですね。





日時: 2008-11-03 00:11:41
記事タイトル: 関西ブレラニアン会楽しかったです!

コメントをした人: SHUWEST さん
コメントをした人のURL:
http://ameblo.jp/shuwest/

コメントのタイトル: お疲れ様でした!
コメント本文:
いやあ!
羨ましい!!!

もう、ブログを読んでいるだけでコチラの
テンションも上がります!!

以前東京ブレラニアン会(らしきもの)を
やったときには、私が仕事の為、
皆さんとの会話は30分位しか出来なかったので、3時間とは!

羨ましすぎる!




去年の新宿ミーティングも楽しかったですよね。


東京でもブレラニアン会やりたいな~






69/300

みなさまに賛同をお願いしているボトルプロジェクト (→ こちら ) ですが、


苦戦しております。


目標の300口に対して、現在69口です。


賛同くださっているみなさん、ありがとうございます。


賛同くださったみなさんの思いを無駄にしないためにも、


いろいろ策を練っていかないと・・・


皆様もなにかいい案があればお教えくださいませ。



いつかギラギラする日

なんて映画がありましたが、


徳さんのブラスターの造形は、そんな言葉が思い浮かびますね。


フカサクっぽい(なんぢゃそら)。


http://tenshu53.exblog.jp/7640818/





人間が自分たちの奴隷にするためにつくりだした存在を、


自分たちの都合にあわなくなったら抹殺するための武器。


非情な殺戮の道具。




造形の妙に、ついついうっかり忘れそうな、


そんなブラスター本来の禍々しさを徳さんの造形は、はっと思い出させてくれる。




おんなじブラスターを造形してるのに、


エルフィンさんのとは、纏うムードが全然違う・・・



エルフィンさんのは、なにか、まだ一体もレプリをリタイアメントしてないかんじ?


徳さんのは、「解任済み」ってかんじ?(笑)


ヴァージンと経験済みの娘のムードの違い?(なんちゅうたとえだ)



こんなん書いたら徳さんにおこられそうだなあ・・・・



これに島田さんのアーティストプルーフの仕上げが加わると、


どんな化学変化がおきるのか。


どんな窯変がおきるのか。


どんなムードの娘になるのか。(笑)




興味はつきない・・・


















ぼーず

私が坊主頭になるかもっていう例の件 ( → こちら ) でなくて。






蟹江・ウエストさんからプレゼントが届いた。


BOSEが出している、



BOSE BUDDY CLUB Autumn2008 vol323

ビスタ季刊号


というものだ。



ブレランのファイナルカットの記事がのってますよ、ということでわざわざ送ってくださったのだ。



ありがたや、ありがたや。


ほんとに感謝です。



みなさんからいただいたプレゼントはしっかりアーカイブに保存しています。


いつか来るブレランミュージアム開設の日を待ちながら・・・


(ロト6当たれ~~~!)




さて、記事ですが、『萌えの朱雀』 のプロデューサーの仙頭武則氏が書いたファイナルカットへの苦言(?)。



おもしろかった。




蟹江さんは、


(特に熱狂的というわけではない) 普通のファンの反応をお読み下さい、


とのことでくださったのだが、


まあ、厳密には製作側の視点が入ってるので普通のファンとは微妙に違うのかもしれないが、


マニアじゃない健全な方(笑)の感想というのは、なかなか興味深い。




ところで、この季刊誌、なんか・・・・ヘンなんですよね~


BOSEって、あのスピーカーのBOSEですよね?


BOSEとは関係ない話ばっか。



でんじろうさんとか、


唐突に「プーチン秘密結社の陰謀」とか、


なんで?


というモノばっか。


宣伝臭をなくしてるのがかっこいいと思ってるのかな?


でも、それってわざわざ出す意味あるの?



なんか・・・・


これじゃお金の無駄にしか思えないんですが・・・




ま、私がBOSEを経営してるわけじゃないからイイケド!



蟹江・ウエストさんありがとうございます!!!!




BOSE



BOSE      BOSE









続報:ブレードランナー バガボンド マガジン3 最新情報


当ブログが再び独自に入手した信頼できる筋からの情報によると、


先日、年内発行とスクープをお伝えしたバカ本3だが、


11/20までに入稿、発行が月末とかなり具体的な日取りが決まってきた模様。


直売の初売りはコミケのようである。


バカボニアンたちがわくわくして待っている姿が眼に浮かぶ。


表紙の画像など、続報が入り次第またお伝えする予定。

38位・・・

ジャンルランキング(映画)で38位・・・・


Fresh News Deliveryさまの威力はすごいですね。



ジャンルランキングは万年55位付近をうろうろなのですが。




一日の訪問者数は、いつも500人付近をうろうろ、ですが、


700人超えてますから・・・


ありがたいことです。



私の駄文を一日700人も読んでくれてるってのも、ちょっと感激です。







あとはボトルプロジェクトが伸びてくれれば言うことナシです。

«  | ホーム |  »

プロフィール

NYzeki

Author:NYzeki
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ニュース・アナウンス (259)
本・雑誌 (55)
マスプロダクツ (29)
BRシンドローム (25)
情報求む (7)
トリビア (13)
コレクション>プロップ (2)
コレクション>スタッフ関連 (1)
コレクション>プロモ素材 (16)
コレクション>ガレージキット (34)
ブログ (281)
ブレランの日本語 (1)
コレクション>ポスター (34)
コレクション>アパレル (6)
留之助ブラスター情報 (35)
コレクション>小物 (3)
コメントへのぼちぼちレス (57)
お薦めウェブサイト (14)
フランク・ロイド・ライト (10)
フューチャー ポリスカー トランスキット (10)
一発ギャグ (4)
ファンメイド (17)
考察 (3)
俺ジャケコン (5)
動画 (3)
ボトルプロジェクト (35)
ブレードランナーバガボンドマガジン情報 (4)
関西ブレラニアン会 (21)
トンデモ記事 (2)
CD (6)
スピナー研究 (1)
ブレードランナーの日本人 (1)
工作員 に~ぜき (1)
LA2019 新聞計画 (33)
ひらパ~さんのメトロキャブキット化計画 (11)
Tomsonさんの1/6ブラスター (18)
動物の名前 (12)
ブレードランナーお悩み相談 (1)
音楽の中のブレラン探し (15)
フューチャーポリスカーフルキット (5)
ブルーレイ同梱版スピナー用内装キット (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。