2008-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありゃ。タイル売ってますね・・・



tile




以前、買い逃してくやしい思いをしたエニス邸タイルですが、(記事は→ こちら  )


実は検索ってしたことなかったんです。


どうせないだろうって・・・




なんの気なしにググってみたら・・・


ありゃ。


以前流通していたのとは雰囲気が違うモノながら、(陶器製?)


オフィシャルっぽいのが売ってますね。




http://www.motawi.com/FLW/html/ennis.php




ただ、これって色がついているんですね。


うーん、以前流通していた白のタイルのイメージが強くて、


色つきかあ、とちょっと肩すかし。





4x4 (10.1cm x 10.1cm)

6x6 (15.2cm x 15.2cm)

8x8 (20.3cm x 20.3cm)


ちょっとこぶりかな。



色はフォレストとダークブラウン。



ただ、陶器(?)製のせいか、


造形のシャープさがもうひとつのような印象をうけるんですが。



う~ん。ちょっと微妙だなあ。






スポンサーサイト

SDCC ファイナルカット プロモキーチェーン ブラスター ヴァリアント???

去年の夏、SDCCというイベントで、ファイナルカットのDVDの発売のプロモーションがありまして、その際にスピ


ナーのキーチェーンが配布されました。↓




spinner


 (このスピナーのキーチェーンの記事は こちら  )



※SDCCとはなんですか~?というあなたは、中子さんのブログへどうぞ → こちら




精緻なミニチュアというわけではなく、まさにみやげもの、といったかんじのテイストのスピナー。


しかし、スピナーのオフィシャルな立体化はめずらしいゆえ、


けっこうな人気があった。



さて、先日、そのキーチェーンのヴァリアント(異種)ということで、


スピナーでなく、ブラスターのキーホルダーが売りに出ていた。




ブラスター???



キーホルダーに、別種が存在するなんて、初耳・・・


真贋を見極めるため、これはぜひとも入手せねば・・・



ところがアメリカ人の売主が海外発送NG。


フィルさんに泣きついて、入手してもらった。


フィルさんは、これを「プレゼント」、といってくれた。


前に私が自著をあげたことがあって、そのお返しだ、と。


ほんといい人なんですよ、フィルさん。


(ブレードランナー・バガボンド・マガジンでも、樋口さんがフィルさんを絶賛してましたね。)



で・・・・・届きました!



blaster keychain




blaster keychain





たしかに、ロゴのプレートがついていたり、ビニールに入ってたり、仕様はいっしょ。


素材感も、もったりしたおみやげ的テイストも、いっしょ。


たしかにヴァリアントの雰囲気じゅうぶん。


だけど・・・・


ホンモノなの?と思ってしまう・・・


ちょっとロゴのプレートが雑なつくりだったりするし・・・


ヴァリアントふうにつくった手の込んだニセモノ?


だけど、なんのために?


ただ、騙して喜ぶだけの愉快犯かな。




売ってた人はレアなヴァリアントと言ってたらしいけど、


いかにレアといえど、お金かけて型をつくって製作してるなら、


ある程度の数量つくっただろうし、それならもうちょっと出回ってもよさそうなもんだけど。


少なくとも、ファンの間で話題になるくらいに。


(私が知らないだけ?)






うーんどうなんでしょう・・・


これがホンモノかどうかは、今のところ保留とさせていただきます。




Special thanks to Mr.Phil Steinschneider.











SKETCHBOOK 続続続続続・ブレランのに~ぜき ライジング(完結)

私、に~ぜきが、


いかにしてブレランに身も心も捧げるようになったか




その始まりをつづる、



「ブレランのに~ぜき ライジング」 ( 記事は→ こちら  )



・・・の続き( 記事は→ こちら   )


・・・のまた続き( 記事は→ こちら   ) ・・・・・関連記事は→ こちら と  こちら




・・・のまた続き( 記事は→ こちら   )




の、またまた続き( 記事は→   こちら )



の、続きです。今回で完結です。








            ちょろっとおさらい・・・

        スーベニアマガジン(→ こちら )を手に入れた私は、その中の広告↓にあった、

souvenir magazine souvenir magazine

3種類の書籍を注文しました。


3つとも発行は、


BLUE DOLPHIN ENTERPRISES,INC


という出版社。現在は存在しないようです・・・。


(ブレードランナーの呪いですか?)



前回、前々回ご紹介したのは、その3つのうちのふたつ、


ロビーカード風の写真集、ブレードランナー・ポートフォリオと、


ザ・イラストレイテッド・ブレードランナー という本でした。



今回は、最後の、


BLADE RUNNER SKETCHBOOK です。


これは、シド・ミードや、メンター・ヒューブナーやチャ-ルズ・ノードのデザイン画、イラストが


収録されています。




こんないい本が絶版なんて・・・





sketchbook




sketchbook          sketchbook


ビジュアルフューチャリスト、シド・ミードせんせの珠玉のデザイン画だというのに、

そっけなく、普通の紙に印刷されている・・・どこかが権利をクリアーして再販してほしい・・・


良質の紙に、最高の印刷技術で・・・




sketchbook       


チャ-ルズノードせんせの衣装デザイン画 ↑ 


このデザインにあるように、


デッカードには最初は帽子があったけど、インディとカブるからと、とりやめになったのは有名なハナシ。









そして、この本の中で、われわれ日本人にとって、とっても興味深いのがこの見開きページ。


映画で使用されたグラフィカルなデザインを紹介してある。



   sketchbook         sketchbook


おそらく、トム・サウスウェルの仕事だろうけど、


どっからか調達した日本語を、その意味は全く無視してデザインの素材として使ってるのが、


めっちゃおもしろい。


あんまりおもしろいので、これはまたシリーズで紹介したいです。







・・・というわけで、わたしがこんな人間になってしまったとっかかりをダラダラ紹介しました。



あまり、人におすすめできるような人生ではありませんネ。




ま、こんな阿呆もいるのだと、笑っていただければ・・・




もうこうなってしまった異常、もとい、以上はしょうがない、


残りの人生もブレードランナーに捧げていこうと思います(笑)。


                 完









アフターパーティーのスタッフ証

以前、


アフターパーティー・アンブレラにまつわる記事を書きました。



予告編(?) は→ こちら  

 

本編 その1 は→ こちら


本編 その2 は→ こちら


本編 その3 は→ こちら


本編 その4 は→ こちら



今回ご紹介するのは、そのパーティーでのスタッフ証です。


実際使われたものです。


DVDのパッケージをデザインのベースにしてます。


そう思ってみると、そこはかとなく、その場のオーラが染みついて放射して見え・・・・ないか。




party id



party id


UKじゃIMAXでFC!

ポスターマンさんこと、とおるさん から、メールでこんな情報が・・・



そう言えばロンドンの友人から聞いたのですが、6月にテムズ川沿いにあるBF
I(英国映画協会)のIMAXシアターで「ファイナルカット」が上映されるらしいです。
日本のIMAXでも上映してくれないですかね。




ほほう~


IMAXで観るファイナルカット・・・・いいなあ


で、とおるさんにこんな返事を書きました。



     日本での上映運動起こしましょうか、

     また?っていわれますかね(笑)


それに対する、とおるさんの返事・・・



今現在、日本にデジタル上映が可能なIMAXシアターが存在するかどうかですよね。
「ハコ」さえあれば上映運動いかんによっては実現するかも知れませんね。



調べてみようかな・・・


(まっき~さん、IMAXくわしかったかな?)




とおるさん、ありがとうございました。




THE ILLUSTRATED BLADE RUNNER(続続続続・ブレランのに~ぜき・・・)



私が、いかにしてブレランに身も心も捧げるようになったか、その始まりをつづる、

「ブレランのに~ぜき ライジング」 ( 記事は→ こちら  )



・・・の続き( 記事は→ こちら   )


・・・のまた続き( 記事は→ こちら   ) ・・・・・関連記事は→ こちら と  こちら




・・・のまた続き( 記事は→ こちら   )




の、またまた続きが今回です。




            さらっとおさらい・・・

        スーベニアマガジン(→ こちら )を手に入れた私は、その中の広告↓にあった、

souvenir magazine souvenir magazine

3種類の書籍を注文しました。


3つとも発行は、


BLUE DOLPHIN ENTERPRISES,INC


という出版社。現在は存在しないようです・・・。


(いわゆる、ひとつの、ブレードランナーの呪いってやつ?)



前回ご紹介したのは、その3つの中のひとつ、


ロビーカード風の写真集、ブレードランナー・ポートフォリオ


でした。




今回2つめにご紹介は ザ・イラストレイテッド・ブレードランナー という本です。



illustrated


illustrated illustrated



これは脚本に、主要なシーンの絵コンテを編集したものです。


(この本、スコット監督が巻頭言を書いてます。)


絵コンテはシャーマン・ラビー。故人です。


この人、絵コンテの世界では有名な人だったらしい。


この本の絵コンテは、残念ながら、要所要所のみの収録。



そういえば、ネット通販などで、アメリカの業者により、絵コンテのコピーが売られてるのですが、


残念、それは途中まで。


完全版はファンのユメなのですが、


実は、eBayに、以前、シャーマン・ラビー氏の未亡人による


オリジナル


の出品があったのです!



結局、すぐ出品を取りさげてましたが。


なんでも、ある図書館から購入のコンタクトがあったとか・・・


しかるべきところに行ったとすれば、とても喜ばしいことです。


せっかくの歴史的な遺産です、


その図書館できちんと出版してくれないでしょうかね。



この本に話をもどしますと・・・


紙質も決していいもんじゃないこの本が、


ちかごろオクではとんでもない値段になっちゃってますね。



どこか再販してくれたらいいのになあ。

ロケッティアにも

エニス邸のネタが続いております・・・



おなじみ、とおるさんが教えてくれました。




日時: 2008-05-09 11:34:51
記事タイトル: 後悔先に立たずーエニス・ブラウン邸のタイル レプリカー

コメントをした人: とおる さん
コメントをした人のURL: 
http://www.geocities.jp/pstr_man/poster-mantop.index.html

コメントのタイトル: このタイル


コメント本文:『ロケッティア』にも出て来ましたね。
あの映画にはウィリアム・サンダーソンも出てます。



ebh



ebh



おお~。たしかに。


これはエニス邸でロケしたようですね。


もちろん、ダメージを受ける前でしょう。




ところで、デッカードのアパートは、外観だけエニス邸でロケで、内部はセットですが、


スコット監督が、制約の多いロケ(なにしろ貴重な歴史的建造物)じゃだめだと思ったんでしょうね。


撮りたいように撮れないと。


もっとも、監督、ブラックレインではヨドコウ迎賓館の代打で使ったわけですが、あれは短いシーンだったし。


 (ヨドコウ迎賓館の代打というハナシは → こちら  と こちら  )




しかし、ロケッティア。


エニス邸にW・サンダーソン ↓ とは・・・ブレランつながりですね。


    

  
        ws
 



とおるさん、感謝です。



CSIのスタッフはブレラン好き?

先日、アレについて、書きました。


(アレ とは → こちら  )




jkdpさんより以前、CSIにでてくるエレベーター画像がアレです・・・



という連絡と画像をいただいていたのですが、


画像が消えてしまって・・・・・



再度いただきました。



jkdpさん曰く、

CSI:ニューヨーク2 第6話 青い血 (Young Blood)
からの冒頭抜粋だったと思うのですが記憶があやしいです。


自分も送料他の諸々の経費で買わなかったクチですが、日本の建材サイズに合わせてバキューム
で抜いたら軽量で使い勝手の良い素材になるなぁ とか考えてるだけで実行してません。



csi





csi





あ~たしかに、アレです。


つまり、


デッカードのアパートのタイルというか、ライトのエニス邸のタイルのデザインですね。


美術スタッフがブレランファン、もしくはフランク・ロイド・ライトファンなんでしょうか。



どこか、日本のインテリアメーカーがライトの方の許諾とって、


軽い素材で作って売ってくれたらいいんですけどね。




jkdpさん、ありがとうございました!










おお、ポストカード同梱!!

本日三本目の記事です。




おなじみ、焼鳥さんより、


ちょっとうれしい情報が。




日時: 2008-05-23 23:35:04
記事タイトル: 予約

コメントをした人: 焼鳥 さん

コメントのタイトル: 小さい幸せ
コメント本文:
確かに今回発売のブルーレイに関しては今更感が
有りますからね・・・輸入盤考えると。

然し、ワーナーさんまここで負けるかという事で
今回の国内版には何とオリジナル特典が付く様です。


詳しくは


http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080521/whv.htm

キーアートを使ったオーロラ加工のポストカードを同梱!!






おお、ほんとだ!↓



           

    http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080521/whv.htm


tokuten


21日の記事ということは、ほんの2、3日前ですね。


予約状況などが悪く、市場の反応が低調なため?急遽てこ入れ?






私も、昨年は、



日米の発売ソフト購入全制覇という暴挙を成し遂げたもので、



このBRとDVDは、


もう消化試合というか、全然もりあがらずに淡々と発売を待つばかりでしたが、



なんかちょっとささやかな楽しみができました。



焼鳥さん、ありがとう!!!








予約

本日二本目の記事です。




6/11のブルーレイとDVD、アマゾンで予約してるんですが、


アマゾンって


たまに「イラッ」とくることがあるので、


キャンセルしてヨソで買おうかな、と思い立ち、


TSUTAYAに行ったら、5枚組みの時のような予約票がない・・・


今回はないのか、予約が多くて店頭になくなったのかはわからないけど。


買う気が失せて、新星堂へ。





予約票発見。


カラー印刷の豪華なもの。




shinseido


ところが、レジに長蛇の列。


こりゃ無理だ・・・


と、


とりあえず予約票だけもらって、HMVへ。


HMVにはDVDの予約票だけあった。


白黒の、コピーでつくったみたいなそっけないもの。





hmv

ここは、店員さんがかんじがいい。


実は5枚組みはここで買った。



しかし・・・ここもレジに長蛇の列。


うーむ。


出直すか・・・とこれも予約票だけもらってきました。




どうしようかな・・・










ワーナーさんの無料冊子

うっかり見過ごすところでした。


先月(4月号)のワーナーさんの無料冊子にブレランのブルーレイ&DVDの告知が。



ところで、この冊子、以前はDVD情報がメインだったのに、


あるときから、劇場公開作を大きく扱うようになりました。


だから、この号のもう一つの表紙(反対側)は「スシ王子!」です・・・・。


どうでもいいことですが。



                        warner





warner



まあ、ブルーレイっていっても、買う人はもうアメリカから買っちゃってますし、


単品ファイナルカットっていっても、このブログを読んでる方たちは、たぶん5枚組み買ってるだろうし・・・



みなさん、ふーん、てなところでしょうが、一応・・・



(私?もちろん買いますとも)




ついにタカラコンバットジョーデッカード情報が

去年の9月19日、


情報求む、ということで、


こんな記事を書きました



http://ameblo.jp/allbr/day-20070919.html



「タカラコンバットジョーデッカード情報WANTED」


フランク・ロイド・ライトがぼくを呼ぶ。(ヨドコウ迎賓館=旧山邑邸) 《 後編 》

きのうの続きです。


きのう予告したとおり、


感想と写真です。




私が訪れたのは2003年の2月のこと。


めちゃめちゃ寒かったです。


でも、寒さを忘れるくらいコーフンしましたよ。



まさにブレラン。


まさにデッカードのアパートの世界。








flw


駐車場から見上げたところ。


この建物は、海をのぞむ坂に建っていて、


この部分が一番低い位置、海側になります。


駐車場から徒歩で上り坂を上っていくと建物の奥のほうにつきます。


いきなり玄関でないのがミソ。


そこからアプローチを建物に沿って歩いていくと・・・(戻るかたちになりますね。)



flw


いちばん奥の玄関に到着。駐車場から見上げていたのはこの部分。




ガラスから中の明かりが見えますね。


この雰囲気でもう、ノックアウトでした。


かっこいい!!




flw flw


flw


本当は内部は写真撮影ご遠慮下さいとあったので、遠慮しながらちょっとだけ撮りました(←だめじゃん)。





flw


flw


大谷石を彫りこんでます。


エニス邸になると、合理化(?)されてコンクリブロックになっちゃいます。






flw


私のお気に入りの一枚。雰囲気あるでしょ(自画自賛)





ヨドコウってのはヨド物置で有名な会社ですね。


大阪ドームのあの天井も、


関空のターミナルビルの天井も


ここの会社らしい。





なんかライトの建築って忘れられて社員寮にしてたとか、


マンションに建て替え寸前だったとか、おもしろいハナシがいろいろ。




しかし、一企業が、修復にお金使って、維持費かけて公開しているのは、


すばらしいです。



阪神大震災でもだいぶ損傷したそうですが、手間ひまかけてきちんと修復されてます。







flw

バルコニーから山側(建物側)を見る。


ちなみにふりむくと海へのすばらしいながめ。そのながめはぜひ実際に訪れてご覧下さい。







book     book

お土産用に、こんな本を売っていました。




さあ、私の次なる野望は、明治村に、やはりライトの作品である、


帝国ホテルを見に行くことです!



http://www.meijimura.com/


一部だけの保存ですが、写真で見るとすげ~かっこいいんですよね!



ブラスター構えて写真撮りたい(←ばか~)



TVC-15 の山本さんと「行きましょう!」ってハナシだけは前からしてるんですが・・・・






フランク・ロイド・ライトがぼくを呼ぶ。(ヨドコウ迎賓館=旧山邑邸) 《 前編 》

ちなみに、


フランク・ロイド・ライトがぼくを呼ぶ。



というのは雑誌ポパイ連載の片岡義男氏のエッセイのタイトルね。





青臭い高校生の時分、片岡義男氏の本ばっかり読んでました。


なんかかっこよくてね~。


アメリカを描写しても、日本の田舎を舞台にしても、


とにかくかっこいいんですよね~


(日本の田舎が実際よりかっこよく書かれているように、


小説のアメリカの方が、実際のアメリカよりかっこいいんだろうけど)






なんか、氏のポパイの連載読んで、


また、ポパイの東京礼賛記事を読んで、


なんとなくアメリカ的なもの、都会的なものに憧れていた


80年代の田舎の高校生・・・。


あのころはとにかく東京にいくことばっかり考えてました。



それが田舎モノの田舎モノたる所以なんでしょうが・・・





ありゃ?なんのハナシだ?


そうそうFLWです。


フランク・ロイド・ライト。


天才というか鬼才というか奇才というか、


とにかくエキサイティングなことだけは間違いない建築家。



先日、ライトの手がけたエニス・ブラウン邸のタイルがデッカードのアパートのタイルの


元ネタという記事を書きました。→ こちら



ロスのエニス・ブラウン邸は修復が終わったらぜひ行ってみたいですが、



実は日本にも、


エニス・ブラウン邸や、デッカードのアパートを彷彿とさせる彼の作品があるんですよ。



ご存知?



それが、芦屋にある、ヨドコウ迎賓館=旧山邑邸 です。



http://www.yodoko.co.jp/geihinkan/index.html






この建築作品にはスコット監督と縁がありそうでなかった、


こんなエピソードが。





「映画で旅するNY.LA.SF」 (新潮社 1999年)というムック本がありまして、




mook


その中で、エニス・ブラウン邸をとりあげてまして、



mook



その中にこんな興味深い記述が。




『ブラックレイン』 の若山富三郎の邸宅は、


ライト設計の神戸にある山邑邸の許可が間に合わず、ここで撮影された。




mook


ああ、そうだったのか!


ちゃんとスコット監督目をつけていたんだ。


日本にもブレランふうの絵が撮れるところがあるって。



残念・・・・ヨドコウ迎賓館=旧山邑邸 をリドリー・スコット監督に撮ってもらいたかったですネエ。





で、


私が、


そのヨドコウ迎賓館=旧山邑邸 を見学したときの写真と感想は、




明日につづく~





















まっき~さん、エルフィンブラスターをついに完成さす。




長い道のりでした。




ずっと記事にしてお伝えしてきましたが、


おなじみまっき~さんが,


エルフィンナイツプロジェクト製ブラスターKITをついに完成させたそうです。



             Elfin Knights Project


                 http://www4.ocn.ne.jp/~elfin712/welcomto.htm


これまでの記事の一覧


  
   1. Elfinさんのブラスター → こちら  



   2. まっき~さんのエルフィンブラスター → こちら


   3. 続報 : まっき~さんのエルフィンブラスター → こちら


   4. まっき~さん、エルフィンブラスターのメタルレシーバーを磨きたおす。→ こちら



   5. まっき~さん、エルフィンブラスターのメタルレシーバーを黒染めす。 → こちら





これが、完成写真です!!!↓


撮影 : まっき~さん


macky blaster



まっき~さんは、Yahoo!フォトにて画像を公開中です! GO! ↓


http://photos.yahoo.co.jp/ph/mosmoon_8/lst?.dir=/a8bb&.src=ph&.order=&.view=t&.done=http%3a//photos.yahoo.co.jp/








まっき~さん談


「今回目指したのは本物のプロップの質感です。」


いやいや。お疲れ様でした。


ブラスターマニアのみなさんの評価を聞きたいそうなので、ぜひコメント書き込んでください。


まっき~さん、

Good job!グッド!





人生いろいろ。パトカーもいろいろ。(続・スピナーブルー?)

先日、スピナーのブルーのもとになったパトカーの色はこのNYPD?というようなことを書きました。


記事は→ こちら





アメリカのパトカーの色事情について、jkdpさんよりメッセージにてこんな情報をいただきました。




警察や保安官のパトカーは基本的には白や黒が多いですが、州や町の意向で異なる配色で塗られてるケースも結構ありますヨ。


最近はパトカーに広告貼って街の予算に入れてるトコも
あるみたいですね。


http://www.boston.com/news/local/articles/2007/11/30/for_cruisers_an_ad_on/




なるほど~jkdpさんありがとうございます。白や黒だけではないんですね。







また、ニュージャージー在住の蒼心 さんからも、このような情報がコメントでよせられました。



日時: 2008-05-15 23:42:59
記事タイトル: スピナーブルー?

コメントをした人: 蒼心 さん
コメントをした人のURL: 
http://ameblo.jp/soshin/

コメントのタイトル: はじめまして
コメント本文:
NYPDはかなり昔から水色のパトカーでしたよ。といってもデパートメントによって違うんですけどね。トラフィックは紺のパトカーになっています。アメリカでは、州、部署によって全くパトカーのカラーリングが違って面白いですよ。私が現在住むニュージャージーの警察のパトカーは真白にPOLICEの字があるだけですし。



蒼心 さんはじめまして。ありがとうございます。


なるほど~多様性を重んじる (少なくとも建前は) 国、アメリカということですか~。


アメリカでも私のブログを読んでいただいてる方がいるなんてちょっと不思議な気分です。



お2人とも、貴重な情報感謝です!









BOYARDS replicate

レイチェルやホールデンの吸っていた絶版たばこについての


記事をおぼえていらっしゃいますか?


最初の記事


  《 その1 》 → こちら  

  《 その2 》 → こちら

  《 その3 》 → こちら


  《 その4 》 → こちら

  《 その5 》 → こちら


続報(追加記事) → こちら




結局、追加記事のほうで書いたものが、


劇中と同じもののパッケージのようです。



さて、ふと、


以前、プロップサミットで、スキャンしたのをみんながプリントしてレプリカを


つくってたのを思い出して、


私もカラーコピーでレプリケートしてみました。



boyards replicate        boyards replicate


コンビニでカラーコピー。真ん中がオリジナル。            のりで厚紙に貼り付ける。


boyards replicate      boyards replicate

はさみで丁寧に切り抜く。                  箱内側のクリーム色もコピーして貼る。


                 boyards replicate        


                 組み立てて、定規をあてて折り目をつける。           



boyards replicate

   レプリケート完了。


        さあ、どっちがホンモノで、どっちがニセモノかわかります?







遅ればせながらコメントにぼちぼちレスしてこうかと。 -20-

日時: 2008-03-09 22:40:58
記事タイトル: アフターパーティー・アンブレラ 悲喜こもごも 本編 その4 <完>

コメントをした人: きむらかずし さん
コメントをした人のURL: 
http://kimux.org/ukulele/

コメントのタイトル: 無題

コメント本文:うう、御愁傷様です。
途中でどんな目に遭うかわからないので、
梱包時に気をつけてもらわないといけない
んでしょうね。

ところで、これはご存知でしたか。
シド・ミード・マニアさんのところより
http://blog.yahoo.co.jp/sydmeadsentury/53982220.html

文鎮(アルミ製)・SF/ブラスター・Kit【試作/20個】
http://adven2.ocnk.net/product/70


きむらさん。ありがとうございます。


アメリカ人でも、たまにこちらが恐縮するほど丁寧な梱包だったりするので、個人差なんでしょうが、その「差」が日本より激しいですよね。


文鎮ですか・・・アドベンさんなあ・・・うむむ



日時: 2008-03-22 23:39:38
記事タイトル: Recommended Website # 3 TVCー15 

コメントをした人: クリスタルボーイ さん
コメントのタイトル: 情報感謝です。

コメント本文:山本様、情報有難う御座います。
ただワンフェスとかで、限定発売なのでしょうか?
ワンフェスには、行きたいですが余りにも遠いです。
一部、通販とかももして欲しいです。
1/24スケールでのスピナー、本当に欲しいです。

や~もとさんは、でかいか、極小か、どっちかがシュミのようで。

1/24って意外やこれまでなかったんですよね。



日時: 2008-03-23 22:15:52
記事タイトル: セダンタイプパトカー・ペーパークラフト始動

コメントをした人: ひらパー さん
コメントのタイトル: その探究心に頭下がります

コメント本文:に~ぜきさん、連絡遅くなりました。ひらパーです。
そんなに大したことないオっサンです、でもメカフェチで、アルファロメオ155を溺愛しとります。(変態)
で、小生も昔パソコン大嫌いでした。が、何時の間にか180度・・・。
またリンク貼らしてくださいませ。


実は、今回私とまっきーさんでお手持ちの烏口・・・じゃなくて資料を提供させてもらいました。

ペーパークラフトなんで、大胆な省略も必要でしょうが、そこが腕とセンスの見せ所なんでしょうね。

なーんて、プレッシャーになっちゃいました?まあ、人生テイクイットイージーですよ。お気楽に。

とっても楽しみです。リンク感謝です。



日時: 2008-03-25 15:45:21
記事タイトル: セダンタイプパトカー・ペーパークラフト始動

コメントをした人: white-dragon さん
コメントをした人のURL: 
http://bladeruuner.seesaa.net/
コメントのタイトル: デッカードのセダンについて

コメント本文:はじめまして、
はじめてコメントさせていただきます。

ブレードランナーを見ていていつも思うんですが、
あれだけ雨が降っているのに、車のワイパーがいつも動いていない。(笑)
デッカードが自分のアパートメントに帰ってくる時も、ワイパーが動いてませんでした。

20年も前、はじめて見たときには、
「へえ、未来の車はワーパーを使わないんだ」と感心してたりしてました。

以来、私も撥水タイプのコーティングを車のウインドウに施して、なるべくワイパーなしで頑張ってます。(笑)

ブレードランナー・フェチになって20年。
更新を楽しみにしています。

ここへ来て、私もブレードランナーのブログを始めました。
アウトテイク映像の再編集を中心にしたぶろぐです。
良かったらお越し下さい。

http://bladeruuner.seesaa.net/

white-dragon さん、はじめまして。

言われてみればたしかに(笑)

スピナーにいたってはワイパーがない・・・

まあスピナーは航空機みたいなもんなので、撥水タイプのコーティングかなとも思いますが。

(撥水タイプのコーティングってのは戦闘機のために開発されたと聞きました)


ホワイトドラゴンカット・・・・シュウさんのライバル出現ですね。

ところで、編集したのをネットで公開なぞして大丈夫ですか?


(余計なお世話かもしれませんが・・・)




日時: 2008-03-29 11:18:04
記事タイトル: ドイツ雑誌

コメントをした人: jk さん
コメントをした人のURL: 
http://ameblo.jp/jkdp/

コメントのタイトル: スーベニア

コメント本文:先日はエレベーターセットなんて変なメールで失礼しました。 自分はスペイン語記述のメキシコ版を所持してますが、内容はほぼアメリカ版と同じです。

メキシコの屋台で買った海賊版のブレラン・ビデオはβな上にテープの品質が悪くてデッキのヘッドが目詰まりするのでほとんど再生してませんが、内容はメキシコの正規版で字幕だけがスペイン語であります。 パッケージは紙の箱に写真が貼り付けてある手作り感バリバリのものなので、こちらの方が楽しいですね。



どうもどうも。jkさん。CSIでしたっけ、画像を紹介しようと思ってたら、メッセージが消えてしまって・・・

アメブロってそんなに保存期間短いんですか?

よろしければもういちど送っていただけます?

あれ、ブレランマニアのスタッフのお遊びですかね?


メキシコの屋台で買った海賊版のブレラン・ビデオ・・・いいなあ(笑)ちょっと欲しいです(笑)



日時: 2008-03-30 13:50:13
記事タイトル: まっき~さん発見。スタッフの苦労。

コメントをした人: シュウ さん
コメントをした人のURL: 
http://ameblo.jp/shuwest/

コメントのタイトル: ほんとだあ!

コメント本文:マッキーさん凄い!
確かにスタッフ(?)が
引っ張りあげてそうですね。

いま、究極盤を再編集中ですが、
たしかにしゃがんでる男が確認できました!

ただ、一瞬でしたね。
すぐに別の角度のシーンに
切り替わりますから。

なのに気付いたマッキーさん、恐れ入ります。

さすがにここはスコット御大も
直してませんでしたね。

普通、気付かないもん(^^;)


スピナーのドアの下の方にレバーがありまして、

そこを動かすとガルウィングが作動して開くらしいので、

それをタイミングにあわせて動かすスタッフなのかと。

だから反対側にももう一人いるのかも・・・



日時: 2008-03-31 00:22:37
記事タイトル: Recommended Website # 6 ZOSPEC.COM

コメントをした人: クリスタルボーイ さん

コメントのタイトル: 凄いといえば

コメント本文:ZOSPECさんとこも凄いですが、徳さんブラスターにも動きがあるようですね。 後、ADVEN文鎮専門店 ttp://adven2.ocnk.net/でもアルミ製ブラスターをしてますね。



徳さんブラスターも大詰めのようで、ドキドキですね!



留ブラ最新情報

先ほど最新情報がアップされたようです。



http://tenshu53.exblog.jp/d2008-05-15



気が気でない方、多いでしょうね。




ミス・サロメって名前にはちゃんと意味があるんですな



Ladies and gentlemen, Taffey Lewis presents Miss Salome and the Snake. Watch her take the pleasures from the serpent that once corrupted man.


さて皆様、ミス・サロメのスネーク・ショーです。人間を誘惑して堕落させた蛇から彼女は快楽を引き出します!






ミス・サロメってのはゾラ姐さんの源氏名というか、ステージ・ネームだけど、


ちゃんと意味があるんですね。↓


http://www.eigotown.com/eigocollege/marie_english/backnumber/marie_english64.shtml

(アメリカン・カルチャーを知る英語講座 64
洋画をネイティブ感覚で鑑賞するために必要なキリスト教の知識8~『ブレードランナー』)



サロメってのは、(名前は聖書には直接出てこない。ヘロデヤの娘と記述されてる)、とんでもない女なんです


ね。キリストに洗礼を授けたヨハネを死に追いやったやつなんですね。


しかも踊ることで。





上の英語講座からもうちょい引用してみます。


「蛇/女/サロメは人をそそのかして悪事をさせる誘惑者である」、という聖書の記述を知っていると、蛇、サロメ(女でもあります)と聞いただけで、このショーがいかにもいかがわしく罪深いものだということを、一瞬のうちに感じ取ることができますよね。




サロメという名前を引っ張り出してくるあたりは、


いかにもインテリのファンチャーが書いた脚本のような気がするけ


ど・・・・


どうなんでしょ。


ま、ピープルズも才気あふれる助っ人だから、彼のアイデアかもしれないけど。



どっちにしても、さりげないけど、凝ってるネーミングですね。




TWO 1982 JAPANESE OFFICIAL T-SHIRTS

今日は、(気分を変えて、)自慢のレアなTシャツをご紹介。


なんと、1982年の劇場公開時に、劇場窓口で販売されたという、


オフィシャルなTシャツ2種だ。


どちらも未使用で、首のところに 「 M 」 というサイズをあらわすシールまでそのまま残っている。




t-shirts

はじめに、左側の方をオクで見て、「オフィシャルなTシャツなんてあったんだ~」と感激して、


気合で落札。それが2001年のこと。



次に2007年に、右側のがオクで出て、


「ああ、これね。レアだから、あれからオクで見たことなかったな、でももう持ってるもんね~」



と見過ごしかけたが、


なにか違和感が。


オクの写真をよ~く見ると・・・・・・・


透けて見えるバックプリントが違う!


ってんで、これも気合を入れて落札。



さて、バックプリントの違いです。


t-shirts        t-shirts

左側のTシャツのバックは文字がでかい!        右側のバックはフロントと同じ小さ目の文字。



と、いうぐあいに、全然違います。



少なくともこの2種類は存在したということですね。


他にもヴァリエーションがあったのか・・・・






上映のころは初夏だったろうから、オフィシャルアイテム開発の選択として、



Tシャツとは的を得てますね。



ブルーのロゴが、涼しげでカッコイイです。







スピナーブルー?

1982年の映画公開時に思ったのは、


なんでLAPDのパトカー(スピナー)が青いの?ということだった。



パトカーといえば、白と黒。


それは日米共通だと思っていた。


だから、


未来だから、スピナーが全然違うカラーリングになってるという設定なんだなと、


一人で納得していた。


斬新な色だなあ・・・・と。



時は流れて1998年。


ある日、トイザらスに行った私は、


一台のミニカーに目を奪われた。



「あ、パトカーが青い!」


           ↓


nypd



nypd         nypd


           
                 nypd



「もしや、これがスピナーのブルーの元ネタ?」


パトライトの配列まで、ちょっとスピナーふうである。


思わず購入してしまった。


uT models製 NYPDのパトカー仕様の1/18のシボレー。




こんな色のパトカーもあるんですね。



私は米国の警察事情にまったくうといのですが、


ミニカーがあるということは、


とにかくNYPDにはこの色のパトカーがあるんでしょうね。


(この色にはなにか意味がある?)



LAPDにはこの色のパトカーがあるんでしょうか。


そしてそれがスピナーの色のもとになってるのですかね?



ぜひ皆様のご意見を伺いたいところです。






(ところで、こんな大きいサイズのダイキャストスピナーがあったら、3つは買うなあ。欲しい・・・)










留之助ブラスターに動きあり。

本日2本目の記事です。




留之助ブラスターに動きあり。


コメント欄をみるべし!


http://tenshu53.exblog.jp/d2008-05-01


ガレキ自慢 TVC-15製 ディフォルメスピナー


2000年の年明けに、TVC-15の山本さんの家に遊びに行って、泊めてもらったときに


いただいたもの。(もらってばっかり!!!)




ちなみにその時、一緒にもらったのが、以前書いたデフォルメスピナーバッジ。 (記事は→こちら



デフォルメスピナーバッジを立体化したのがこのキットと言えるかな。


寸づまりにデフォルメされたスピナーがキュート。






d spinner     d spinner


                                   バッジがオマケでついている。


d spinner      d spinner

操縦者のガフが付属。

ガレキ自慢 ENIGMA製 ANDROID HUNTER


android hunter



android hunter          android hunter



「アンドロイドハンター」と言えば、2001年のこちらのアクションフィギュアが有名ですが、


http://www.tvc-15.com/spinner/spinn/d_figure/d_figure.html


(TVC-15さんのクラシカルコンテンツ、武田真和氏の記事)、


実は今回紹介のこのENIGMA製ガレキのほうが、この名前を先に使っている。


私はこのキットを1999年の1月にeBayで入手しているので。






以前紹介したデッカードのガレキ(記事は→ こちら  )と同様、



br


このシルエットをポーズに取り入れてるようだ・・・




スケールは1/6 強かな・・・けっこう大きい。





ブラスターのディテールも全然ないし、


全体的に大味だけど、雰囲気がいいキットですね。




説明書・箱なし。


画像にあるようにメーカー名、原型師、完成写真が小さくのった紙が一枚入ってるのみ。


まさにガレキ・・・




後悔先に立たずーエニス・ブラウン邸のタイル レプリカー



むかしむかし、1999年ころのおはなし。


eBayで、


デッカードのアパートの壁のタイルと同じデザインというアイテムが


ときどき、出品されていた。


それは、フランク・ロイド・ライトの設計による、


エニス・ブラウン邸のタイルのレプリカだった。



  
                ebay

 

                   ↑当時の出品ページをプリントアウトして保存していたもの





デッカードのアパートの壁のタイルは、


ライトのデザインの流用だったのか・・・とそのとき一つ賢くなったのだった。



それに気づいて、「ブレランで使われたデザイン」として出品していた気のきいた人が何人かいたわけである。



その時、入札すればよかったのだが、


重そうなので、日本までの送料がなあ・・・と躊躇してしまって、見送り。



(ちなみに、デッカードのアパートの内部はセット撮影だが、


アパートの外観はエニス・ブラウン邸でロケされている。)






そのうちに出品を見かけなくなり、


買えばよかったかな~と後悔していたのだが、


2003年になって、


エニス・ブラウン邸にはオフィシャルサイトが存在しているのを発見。


そこで、タイルやら、他のグッズの通販があったのだ。



ennis


 ↑当時、タイルの通販ページをプリントアウトして保存していたもの




ennis





                                   ↑上の画像の通販ページの、仕様部分クローズアップ






よっしゃ~!いつでも買えるじゃん!と安心してしまって、


またも見送り・・・・


これが大きな間違いでした。



この後、エニス・ブラウン邸は崩壊の危機にみまわれたようで、


オフィシャルサイトも消滅。


当然通販も不可能に。



大規模な修復作業に入ってしまったのです。





現在、サイトは復活してます。修復の様子も写真で見れます。


http://www.ennishouse.org/






現在はどうなってるんでしょうか・・・




以前、フランクロイドのオフィシャルなタイルのレプリカを扱ってる業者をeBayでつかまえて


尋ねてみたのですが、エニス・ブラウン邸のタイルのレプリカは、


生産してもすべて修復作業に使われていて、一般に売る分はない、と言われてしまいました。



修復作業が終われば手に入る可能性もあるでしょうが・・・



後悔先に立たずってやつですね・・・・・・






deckard apartment


↑これはDISC4の未公開シーン集より、デッカードのアパートの壁のようす。寝てしまったデッカードから、レイチェルがチンタオグラスを取り上げ、去るシーン。エニス・ブラウン邸のタイルのデザインが、上記のレプリカの写真からいうと、90度右に回転させて使われているのがわかる。

どの方向が正位置なんだろう?上記オフィシャルサイトでは、このデッカードのアパートの壁の位置の状態でロゴ化している・・・デッカードのアパートの壁の状態で正しいのかも?


         オマケ

            ・ネットで見られる、エニス邸の写真→  こちら   や  こちら


            ・こんな商品たちもあります→ こちら  や こちら


















遅ればせながらコメントにぼちぼちレスしてこうかと。 -19-

日時: 2008-03-16 18:54:43
記事タイトル: タイアップ帯付き、ようやっと入手。

コメントをした人: クリスタルボーイ さん
コメントのタイトル: ご購入おめでとうございます。

コメント本文:20軒以上は本屋まわったなあ・・・って
タイミングをはずすとえらい事になるんですね。

根性に感服です。



ありがとうございます。

タイミングって大事ですよねえ。

入手できてやれやれでした。




日時: 2008-03-16 20:17:49
記事タイトル: 続・Hunterwasser と大阪の関係

コメントをした人: シュウ さん
コメントをした人のURL: 
http://ameblo.jp/shuwest/


コメントのタイトル: [at]の用法

コメント本文:いやあ、ニーゼキさんの推察通りだと思います。
念のため、「at」について調べてみました。

以下、yahoo辞書より

「The hotel is at 2415 Kuhio Avenue.
そのホテルはクヒオ通り2415番地にある。」

お分かりのように、「at」を使用する場合は、
番地の前に用いるようです。

つまり、「1187 at hunterwasser」となると、
「1187」は明らかに番地ではなく、別のもの、
つまり、部屋番号など…と考えるのが一番
しっくり来るようです。

ニーゼキさんの指摘が無ければ、知ったかぶり
をする所でした(^^;)
助かりました。

本当に感謝します。



フンタバーサーは調べようと思いながら、ついつい放置していた件でしたので、

今回、いいきっかけになり、こちらこそ感謝です。





日時: 2008-03-17 11:52:14
記事タイトル: まっき?さん、エルフィンブラスターのメタルレシーバーを磨きたおす。

コメントをした人: 越後屋 さん
コメントのタイトル: ご質問

コメント本文: にーぜきさん、初めまして。S39年生まれのおっちゃんの越後屋こと太田啓之と申します。
 いつもブログ、楽しみに読んでいます。
 おそらく、世代的ににーぜきさんとは共通体験も多いのではと思います。
 これから、よろしくお願いします。

 ところで、のっけから質問で恐縮なのですが、私もエルフィンのメタルレシーバーを購入したのですが、メタルには特有のあばたや「ス」があって、まっき?さんのように美しく磨けません。
 まっき~さんはどうやっているのでしょうか。よろしかったらご教授いただければ幸いです。


越後屋 さんはじめまして。私がS40ですので、同じ世代ですね。

私らの世代は、テレビゲームも黎明期から知ってますし、テレビも全盛期を知ってますし、携帯電話も、ネットも最初からはじめられてるので、実に幸福な世代ですよね。80年代のSF映画バブル時代も楽しかったですよね。

最近はSF映画といっても、もう舞台設定のヴァリエーションの一つくらいにしか思われないくらい一般化、大衆化してしまって、なんかドキドキ感がゼロですよね。これはいいことなのか・・・

ムカシの「SF=ちょっといかがわしいもの」 というイメージが懐かしい・・・(ムカシはよかったというのはオッサンの証拠?)


まっき~さんには秘伝伝授お願いしときます。






日時: 2008-03-17 20:07:51
記事タイトル: Recommended Website # 1 BLADEZONE

コメントをした人: わかじゃわか さん
コメントのタイトル: ブルーレイの間違いディスク

コメント本文:既出の話題かもしれませんが、その場合は申し訳ありません。

米アマゾンでブルーレイのブレードランナーに「disc 5に間違いディスクが入っていることがある」って記載があります。

http://www.amazon.com/dp/B000UBMWG4/

皆さんのところは大丈夫でしょうか?



私、未開封なんですよ。大丈夫かな・・・


そういえばeBayで見たんですが、HDなのにブルーレイと表記してる(逆だったかな?)エラーアイテムも出品されてました。アメリカのQCはどうなってるんでしょう。


情報感謝です。



日時: 2008-03-18 17:09:10
記事タイトル: My two writings.   私の2冊の著作。

コメントをした人: 蟹江・ウエスト さん
コメントのタイトル: お~

コメント本文:サイン本も、に~ぜきさんの著作でしたか?
ヤフオク出品されているのを入札しようか迷ったことがあります。
最近は、ハリソン君もブレランの写真にサインをするみたいですね。
以前は、殆ど贋物ばかりでしたが・・・
最近は、出演作品にヒット作がないからかな?
インディ4が当たると、またしなくなるのでしょうか?
ちなみに、最近の彼はハリソンのHの左の|を書かないことが多いみたいでJのように見えます。


ハリソン君はタフサイナー(めったにサインしないヒト)らしいですが、最近は違うんですか?

以前はニセモノだらけでしたよね。






日時: 2008-03-18 20:47:29
記事タイトル: My two writings.   私の2冊の著作。

コメントをした人: クリスタルボーイ さん
コメントのタイトル: 凄いですね。

コメント本文:2冊とも凄く濃い内容の本ですね。
ブレランファンなら欲しくなる本ですね。

サイン本の方は過去にオークションで観た事あります。
落札はしてませんが。(今なら間違いなく落札してしまうかも?)
3冊目、密かに期待してます。


究極のコレクション本を出したいんですが、

時間がかかりそうなので、

まず3冊目はポスターだけにしぼって出そうかな・・・





日時: 2008-03-21 21:36:36
記事タイトル: Recommended Website # 3 TVCー15 

コメントをした人: クリスタルボーイ さん
コメントのタイトル: TVC-15様~

コメント本文:TVC-15のHPの、ブレランコーナー何回読んでも面白いです。 
アポロのペーパーモデルもとても魅力的ですが、私個人としては、色々なブレランの車、広告聞飛行船とか出して欲しかったです。アルマジロ・バンとか・・・

 クラシカル・コンテンツの中にはスペースポッド(2001年宇宙の旅)の紹介は無いんですね。残念


や~もとさんは、ブレランもののペーパーモデルをいろいろ構想中のようですよ。

踊る大捜査線

たしか酒井さんが教えてくれたのだが、


踊る大捜査線の映画の宣伝で、


青島刑事のシルエットをデザインにあしらってるのが、


ブレランのパロディっぽいよ、というので探したら、


ローソンにビデオのパンフがあったのでゲットして保管してたのが、


ひょっこり出てきました。



odoru




問題の部分のアップ。↓   たしかにそうですね!




aoshima



ちなみにこれがブレランの。比べてください。



br



酒井どんありがとう。




遅ればせながらコメントにぼちぼちレスしてこうかと。 -18-

日時: 2008-03-01 23:40:49
記事タイトル: 続報 : FUTURE CAR → POLICE SPINNER

コメントをした人: クリスタルボーイ さん
コメントのタイトル: 無題

コメント本文:メディコムフューチャーカー→スピナーのトランスキット
私も期待してますが、しかし留之助ブラスターの方が今は気になってしょうがない。
 
ライセンス緩和についても記事があったので、国内メーカーさんが、動いて完璧なポリススピナーつくらないかな?。


ブラスターについては、さあ、留之助ブラスターが完璧版になるんでしょうか・・・


「ライセンス緩和についても記事があったので」 というのは中子さんのブログのことですね。

ダイキャストの完璧スピナーほしいですねえ・・・



日時: 2008-03-02 00:04:17
記事タイトル: 眠れる獅子が眼をさます?

コメントをした人: クリスタルボーイ さん
コメントのタイトル: ほにゃららほにゃらら?

コメント本文:ほにゃららですか?
TVC-15の元帥さまが、ほにゃららしてくれるんですか!
意味がわからないけど、凄く期待の、ほにゃららだ!


や~もとさん、あっさりばらしちゃいましたね。



日時: 2008-03-05 13:06:12
記事タイトル: 3枚組みCD 日本版ですと・・・

コメントをした人: とおる さん
コメントをした人のURL: 
http://www.geocities.jp/pstr_man/poster-mantop.index.html
コメントのタイトル: 同感です

コメント本文:僕もあまり聴いてないです。
あのDisc3は『ブレードランナー』ファンにとって全く必要無いものでしたね。
ヴァンゲリスのコアなファンだけでしょう、喜んだのは。
Disc2は良いのですが、やはり編集がちょっと・・・。
劇中スコアが網羅されたわけでは全然無いわけですし。


日時: 2008-03-05 14:42:39
記事タイトル: 3枚組みCD 日本版ですと・・・

コメントをした人: シュウ さん
コメントをした人のURL: 
http://ameblo.jp/shuwest/
コメントのタイトル: 同感に同感です!

コメント本文:DISK2とブートレグで十分ですよ。
わかって下さいよ。

Disc2は未収録曲をつなげてうまいこと一続きの作品にしてますが、

順序が映画の進行とは全く無関係っぽいですよね。

ヴァンゲリスのおっちゃんにしてみれば、

そんなの関係ねえ!ってとこなんでしょうね。

わたしらにしてみれば、それぞれの曲が映画の場面と密接に脳内連動しているわけで・・・・

え、さっきの曲ってラストのほうだったよな~・・・とか、気になっちゃう・・・


日時: 2008-03-05 23:13:16
記事タイトル: まっき?さん、エルフィンブラスターのメタルレシーバーを黒染めす。

コメントをした人: クリスタルボーイ さん
コメントのタイトル: かっこいい?。

コメント本文:かっこいいですね。
久々に火薬の匂いが懐かしくなりますね。(元自)



火薬のニオイのしそうなブラスターってすごいイイほめ言葉ですね。



日時: 2008-03-07 17:39:53
記事タイトル: インタバーサー

コメントをした人: わかじゃわか さん
コメントのタイトル: 無題

コメント本文:スターログには僕も投稿しました。「名画座で見たら目潰しがあるバージョンを上映していて驚いた」って投稿をしました。編集部のコメントは、「ビデオで見たら目潰しが見られますよ」っていう、そっけないものでした。

ニセ・サウンドトラックの投稿とかもあって、おおらかな時代でした。



あの投稿って、わかじゃわかさんでしたか!

わたし、あの投稿にびっくりして、編集部に電話しましたよ。くわしくおしえてくれって。

でも、「さぁ~?」ってかんじで興味なさそうでしたね。

スターログって途中から、編集をSFにあまり興味のない人たちが引き継いだような気がしましたね。

そんなんでだいじょうぶか?と思ってたらやはり休刊しましたもんね。

偽サントラありましたね!




日時: 2008-03-09 14:18:11
記事タイトル: ブラ読通販中

コメントをした人: クリスタルボーイ さん
コメントのタイトル: 無題

コメント本文:わたしも通販で無事に入手できました。
読み応えある一冊です。
エルフィンさん、有難う御座います。



入手できてよかったですね。

あの黒歴史っておもしろいですよね。



日時: 2008-03-10 00:02:27
記事タイトル: アフターパーティー・アンブレラ 悲喜こもごも 本編 その4 

コメントをした人: 与太 さん
コメントのタイトル: 無題

コメント本文:タップという工具でねじ山を切りなおせば。



う~ん。ねじ山がこそげおちてしまってるので、切りなおす前にまず内側にその分パテ盛りかな・・・



遅ればせながらコメントにぼちぼちレスしてこうかと。 -17-

日時 :2008-02-14 16:41:07
記事タイトル :DVDでーた<後編>
▼記事を見る▼
http://ameblo.jp/allbr/entry-10072239915.html

コメントをした人 :とおる
コメントのタイトル:呆れますね
▼コメントの全文▼
引用元を明記しないとは、ルール違反です。
しかしまあ、この程度の情報収集能力・構成力で雑誌が作れてしまうとは、お安いんですね。
93年のビデオでーたは買った記憶があります。
もう手元にありませんが。

URL:
http://www.geocities.jp/pstr_man/poster-mantop.index.html


お安いですよねえ。

ほかのことはともかくブレランでこんなことされると腹立ちます。




コメントをした人 :TAKA
コメントのタイトル:そういえば。
▼コメントの全文▼
ビデオデータ持ってますよ。オートプラスのスピナー記事騒動も思い出しましたよ。


そうそう、オートプラスも引用を明記しないでわれらのスピナー読本をまるうつしでしたね。




コメントをした人 :まっき~
コメントのタイトル:無題
▼コメントの全文▼
MOBのサモンさんも勝手に引用されて出展がなくて失礼だと書いてましたね。

自分も93年のビデオでーたは昔持ってましたよ。



ルールというかマナーが崩壊してきたんですかね。

当ブログではこれからもおかしな記事は「摘発」しますよ(笑)




日時 :2008-02-18 10:44:56
記事タイトル :BLASTER読本表紙画像!!!
▼記事を見る▼
http://ameblo.jp/allbr/entry-10073338958.html

コメントをした人 :TAKA
コメントのタイトル:イイ!
▼コメントの全文▼
なかなか萌える表紙です。ギリギリになりましたがディーラー参加を決めたので買いに行きたいと思います。


あれは準備号で、夏には本ちゃんが出ますね。楽しみ。





日時: 2008-02-20 23:33:29
記事タイトル: FUTURE CAR → POLICE SPINNER

コメントをした人: クリスタルボーイ さん
コメントのタイトル: 無題

コメント本文:おおお!
凄い情報ですね。全国のメディコムのスピナーもどきを購入された方々の歓声が聞こえます。

でも遠いんだよ場所が!
ブラスター読本~&萌え&マニアックな商品~(涙
酒井さん、まっき~さん有難うございます。

ところで酒井さんって方は、ひょっとして
『DRAWING OF THE SPINNER』の方でしょうか? 間違ってましたらスイマセン。





コメントをした人: TAKA さん
コメントのタイトル: 正解です。

コメント本文:初めまして。察しの通り図面を描いた酒井といいます。現在私もフューチャーカーを改造してます。しかも2台同時進行です。主にコクピット周辺にデティールを追加してます。パトライトも自作しましたがムクです。



コメントをした人: クリスタルボーイ さん
コメントのタイトル: おぉぉ!

コメント本文:本当に、そうでしたか!
『DRAWING OF THE SPINNER』が欲しかったのですが当時、情報を知ったときは絶版になっていました。 今も憧れの本です。 これも再販希望です。(本気で欲しい)
2台同時改造ですか!凄いですね。
ちなみに私の方は、電飾は100円ショップの自転車の点滅ライトの基盤を改造して3mmのLEDに抵抗を付けて光らすことに成功してます。ヤフーオークションでも『電飾』カテゴリーでホビー・カルチャーを選択してもらうとラジコン専用にj改造されたのが数多く出品されてます。 これを参考にして友人と試行錯誤して作成しました。何とかギリギリ全ての基盤と9V乾電池が収めることが出来ました。でもまだまだ困惑しながら作ってます。 途中で後悔しながら今も作ってます。

しかし憧れの人物から返事が頂けるとは感激です。
今後もヨロシクデス。




コメントをした人: TAKA さん
コメントのタイトル: ワンフェス。

コメント本文:クリスタルボーイさん、ありがとうございます。スピナー楽しみにしてます。明日のワンフェスで少数ですがスピナー読本のストック分を販売します。A24-06におりますのでよろしければお立ち寄りください。



コメントをした人: クリスタルボーイ さん
コメントのタイトル: お誘い有難うございます。 しかし

コメント本文:ワンフェスお誘い有難うございます。
しかし行けません。 スピナー読本は、もちろん持ってますよ。今も何度も読んでます。 こんなに素晴らしい本は廃刊にしては駄目ですよ。 

ブラスター読本、欲しかったな~。高木様には申し訳ないけど、売れ残ってないかな?。 神戸のWHFなら行けるんだけど・・・・・



ああ・・『DRAWING OF THE SPINNER』・・・なつかしいですね。

あれって、形状やマーキングとかは映画からリサーチしたものですが、スピナーのスペックとかの内容は酒井さんの創作が多いんだけど、それを「信じちゃってる」人も多いような気が・・・まあそれだけ「それらしく」創作してるということっすね。




日時: 2008-02-25 15:07:32
記事タイトル: 「打ち切り」という言い方について。

コメントをした人: 焼鳥 さん
コメントをした人のURL: 
コメントをした人のIP: 220.109.72.148
コメントのタイトル: 打ち切りコメント本文:『ブレードランナー』とは関係有りませんが、
通常劇場側の都合で上映作品が打ち切り
になった場合ですが前売券の払い戻しが
あると思います。

私の地元で以前「ニキータ」のリメイク作品
『アサシン』が上映された時ですが1週間で
上映が終わり、払い戻し扱いになりました。

当時は深く追求しなかったので必ず払い戻しに
なるかどうかは未確認ですが。

参考情報


焼鳥 さん、興味深い情報ありがとうございます。

アサシンってそんなにこけたんですか。しらなんだ。





日時: 2008-02-26 01:23:13
記事タイトル: インタバーサー

コメントをした人: Yokouchiseigan さん
コメントのタイトル: スターログは…コメント本文: レスポンス誠に有難うございます。80年代の『スターログ』なんですが、残念ながら私のその頃の蔵書はすべて実家の納戸の奥の方に積んであり、パッと調べることが出来ないのです。前回のコメントは記憶だけで書きました。
 今度(GW?)帰省した折に調べてみます。


Yokouchiseiganさん、ありがとうございます。もしわかればぜひお教え下さい。






日時: 2008-02-27 23:36:11
記事タイトル: 「打ち切り」という言い方について。

コメントをした人: mic さん
コメントのタイトル: 無題

コメント本文:打ち切りたくても、打ち切れなかったというのが本当のところのような気がします。
当時のセントラル、パンテオン、ミラノのチェーンはワーナーの専用館のような所があったので、代替作品が見当たらなかったのではないのでしょうか?
このチェーンは事実上のブロックブッキングの様相を呈していました。
実際、なんでこんなのが??というような作品が、あの大劇場で掛かってたりしましたし。(たいがいワーナー作品)
大都市以外では早々に上映が終了していたのではないでしょうか?
私の地元横浜の相鉄ムービルでは、最初から二週間の興行でした。(その後の上映作品が後にブレランと共に名画座廻りをすることとなる「ファイヤー・フォックス」だというのも感慨深いものがあります)

劇場数の多い都市部では当初の契約通り上映しても地方の大部分の劇場では、客が思うように入らず数週の上映だったのではないかと思うので、「打ち切り」という言葉は間違いではないような気がします。

参考までに三日で打ち切りの「フォードフェアレーンの冒険」や正月映画として公開されながら新春を迎えられなかった「ゴールドパピヨン」という強者も存在します。



当時の状況はそうだったんですね。興味深いです。

micさん情報ありがとうございます。

三日で打ち切りの「フォードフェアレーンの冒険」ってすごい!

«  | ホーム |  »

プロフィール

NYzeki

Author:NYzeki
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ニュース・アナウンス (259)
本・雑誌 (55)
マスプロダクツ (29)
BRシンドローム (25)
情報求む (7)
トリビア (13)
コレクション>プロップ (2)
コレクション>スタッフ関連 (1)
コレクション>プロモ素材 (16)
コレクション>ガレージキット (34)
ブログ (281)
ブレランの日本語 (1)
コレクション>ポスター (34)
コレクション>アパレル (6)
留之助ブラスター情報 (35)
コレクション>小物 (3)
コメントへのぼちぼちレス (57)
お薦めウェブサイト (14)
フランク・ロイド・ライト (10)
フューチャー ポリスカー トランスキット (10)
一発ギャグ (4)
ファンメイド (17)
考察 (3)
俺ジャケコン (5)
動画 (3)
ボトルプロジェクト (35)
ブレードランナーバガボンドマガジン情報 (4)
関西ブレラニアン会 (21)
トンデモ記事 (2)
CD (6)
スピナー研究 (1)
ブレードランナーの日本人 (1)
工作員 に~ぜき (1)
LA2019 新聞計画 (33)
ひらパ~さんのメトロキャブキット化計画 (11)
Tomsonさんの1/6ブラスター (18)
動物の名前 (12)
ブレードランナーお悩み相談 (1)
音楽の中のブレラン探し (15)
フューチャーポリスカーフルキット (5)
ブルーレイ同梱版スピナー用内装キット (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。