2008-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガレキ自慢  G-force製 Rick Deckard B26354 BUST

また、ガレキ自慢・・・


Deckard

Deckard



Deckard

カナダのメーカー、G-force製 「BLADE RUNNER Rick Deckard B26354 BUST」 デス。

ごらんの通り、コートの襟を立てたデッカードのスタチューです。

http://www.gforcemodels.com/gforce_kits/index.htm

HP見ると、このキット、まだ売ってます↑

ここは、鳩を持ったロイのキットもあります。

このHPでも紹介されてますが。

それはまたいずれ。


このキット、もちろん無版権だと思うのですが、大胆にもパッケージに映画のロゴ使ってます。

ガレキでは珍しい。



       Deckard Deckard

さて、さて、上で紹介したHPですが、

http://www.gforcemodels.com/gforce_kits/index.htm

ブレラン新作こんなのも売ってます。

デッカード100ドル、ジオラマベース50ドルみたい・・・

gforce






スポンサーサイト

ガレキ自慢  MojoResin製 120mm REPLICANT(ロイ・バッティ)


roy


はい、ハイ、Hi


しつこいですが、やっぱりガレキ自慢ですヨ。


もう絶対飽きてますね?みなさん(笑)



アクセスが減って・・・たんですが、なぜかまたもどってきました。


あらたなファンを獲得したのか?


休みでみんな家でネットしてるから?


まあ・・・いいか・・・とにかく続きます(苦笑)




「120mm REPLICANT」です。


ベースが付属していて、仁王立ちのレプリカントです。






roy


一目瞭然、ロイ・バッティですね。



roy  



メーカーは MojoResin Model Kits で、 原型は不明です。


  


http://www.mojoresin.com/120mm.html


まだ売ってます。↑



同じメーカーで座って片ひざを立てているデッカード(原型 Jim Maddox)もあります。


それは先日記事にしました。(記事は→こちら



このメーカー、120mmというサイズにこだわってるようですね。




涙なくしては見られないMGMのスピナー

有名なハナシだけど、


ムカシ、フロリダのMGMにフルスケールサイズのスピナーがあった。


警察仕様のセダンとともに。


沼のほとりみたいなところに展示してあったせいで、


湿気でぼろぼろになり、


従業員の健康に害を及ぼす恐れありと言う理由らしいが、


廃棄処分の憂き目にあった、らしい。






You Tubeで、1996年に撮られたらしい、動画を見つけた。



mgm spinner       mgm spinner

http://www.youtube.com/watch?v=4y4B3r0DMyw&feature=related




バックステージツアーみたいなものらしい。


トラムに乗って進んでいくと、スピナーとセダンが現れる。




涙・・・涙・・・




You Tube 脱力系動画いろいろ

You Tube みてると、


ブレランも脱力系動画いろいろありますなあ。







http://www.youtube.com/watch?v=PxlmnAq3wLc&feature=related


冒頭シーンのパロディ。

なに言ってるのかわからんけど、なんとなくおもろい。




http://www.youtube.com/watch?v=hYQ08L2nYiY&feature=related


なに言ってるのかわからんけど、ひょうきん族っぽいね。




http://www.youtube.com/watch?v=zFpUKijqQgc&feature=related


なんだこりゃ(笑)



http://www.youtube.com/watch?v=iU77vbZ9lrQ&feature=related


お。こりゃがんばって作ってるね。オートパイロットってのがいいね。



http://www.youtube.com/watch?v=NAvfxdRYe0s&feature=related


チェイスというアイデアはよかったけど、あとが続かなかった・・・



http://jp.youtube.com/watch?v=1_2iA-pnyW0


音声にぴったりシンクロさせてるのがえらい。



http://jp.youtube.com/watch?v=ykk4P3H3_vA


ご苦労様と言う感じです。



http://jp.youtube.com/watch?v=KDSPss-iS04


電話に寄って終わり?







脳味噌が疲労してる時はこんなの見るのがい~ですね。







Massive Attack

hajime さんよりコメントが。



コメントをした人: hajime さん

コメントのタイトル: YMOの記事ではなく


コメント本文: http://clubberia.com/News/Detail/?id=701



massive attack




以下、リンク先のNEWSより引用します。




(前略)


そして特筆すべきは、リドリー・スコット監督のSF映画『ブレードランナー』のサウンドトラックをフェスティバルのヘッドライナーを務めるMassive Attackがオーケストラミックスすることだろう。ギリシャの作曲家であるVangelisのこのサウンドトラックは『ブレードランナー』が公開された当時、プログレッシブ・ロックのファンの間でのみ知られていた彼の名前を世界に広める事となった名サウンドトラックだ。それをMassive Attackがどう魅せるのか、80年代の未来サウンド×現代の未来サウンドに期待が膨らむ。


(後略)





へ~




Massive Attackによるオーケストラミックスブレードランナーですか。




・・・って・・・・Massive Attackって?




ふむふむ。




Massive Attackというのは、こういう人たちなんですね。




http://www.emimusic.jp/international/artists/massive/




地元イギリスのグループなんすね。




同じイギリス出身のリドリー・スコット監督のブレランには思い入れがあるのかも・・・




ところで、このNEWSの記述で気になる点が。




ヴァンゲリスの名前を世界に広める事となった名サウンドトラックといえば、



ブレードランナー(1982) というよりは、




なんといっても、




ブレードランナー以前の「炎のランナー」(1981) ですよね?




アカデミー賞作曲賞を取ってるくらいですし。




だから、




『ブレードランナー』が公開された当時、


プログレッシブ・ロックのファンの間でのみ知られていた彼の名前




というのは誤りではないのかな?




hajime さんありがとうございます!

セカンドロット (続続続続続・彼ら、本気ですね!)



2019年のジョニ黒ボトルプロジェクト情報です。


(前回の記事は→ こちら


おつたえしたように、初回ロットは149本でしたが、


やはりセカンドロットを計画しているようで、


問い合わせれば、セカンドロット待ちのリストに登録してくれるそうです。


買い逃したみなさん、とりあえず問い合わせてみてはいかがでしょう。


値段がどうなるか不明ですが。


http://nopeek.tripod.com/bitten/id100.html












NT Productionsですって。

まっき~さんより情報が。


先日の(記事は→ こちら


ぜっぺきアタマデッカードは、


イギリスは


NT Productions 製ですと。


http://www.nt-productions.com/


たしかに。↑


ぜっぺきアタマデッカードもまだ売ってますね。


欲しい方はどうぞ・・・って・・・いませんね。たぶん(笑)






まっき~さんありがとう。

ガレキ自慢  MojoResin製 120mm デッカード


deckard



deckard



はい、しつこいですが、ガレキ自慢です。


もう飽きてますね?みなさん(笑)


アクセスが減ってます(笑)


以前もガレキが続いたときそうでした。


あの時は耐え切れず、ポスターコレクションに切り替えたとたん、


アクセスがもどりました。


そういう不評にもめげず、続きます(苦笑)




「120mmデッカード」です。


ベースが付属していて、座って片ひざを立てているデッカードです。


メーカーは MojoResin Model Kits で、 原型は Jim Maddox となってます。


http://www.mojoresin.com/120mm.html


まだ売ってるみたいですね。↑



同じメーカーでロイバッティもあり。




ガレキ自慢 メタルデッカード


metal deckard



metal deckard        metal deckard



metal deckard        metal deckard



metal deckard        metal deckard




metal deckard        metal deckard

スペイン製のメタルキットです。


ごく小さいものです。


映画終盤、デッカードが壁の向こうのロイから腕をつかまれる場面のミニミニジオラマですね。


ベースと壁部分は石膏っぽい素材です。


メーカーは Fontegris Miniatures というところ。


説明書にアドレスがあったので、行ってみたら、新アドレスになってました。

ここです。↓

http://www.fontegris.com/


いろいろリリースしてるんですねえ。


このキットもまだ売ってるようです。


BLADE RUNNERって堂々と出してます(笑)。


フツー、ガレキって、アンドロイドキラーとか、それらしい名前で逃げませんか?


キットの箱にはさすがに書いてませんが。


(L.A.2019とは書いてある)





ガレキ自慢  最古?1/8? デッカードフィギュア 




deckard



deckard         deckard

デッカードフィギュア。


譲ってくれた人が言うにはアマチュアの作品で、1/8だとのこと。


1991年のことだから、デッカードのガレキとしては、かなり早い時期のものと思う。


このポーズは例のロゴのシルエットを模してるのかもしれません。



これを譲ってくれた方は千葉のOさんという方だったが(Oさん、見てますか~)、


いろいろ親切にしてもらったのに、どこで知り合った方だったか、記憶にない・・・・


ホビージャパンの読者コーナーだったかな~




余談ですが、


Oさんが、当時、電話で言っていたことが、いまでも気になってます。


それは、スピナーのミニチュア実物プロップから型どりしたコピーが、日本のどこかで展示してあった、


というものです。けっこう大きいものだったとか・・・


あの情報はなんだったのだろう・・・








ガレキ自慢 デッカードスタチュー

前回は不愉快な内容で失礼いたしました。


しかし、書かねばなるまい・・・と私自身も不愉快なのを我慢して書きました。




さ。気をとりなおして、またガレキ自慢を。






今回のは、またまたTVC-15の山本さんからの贈り物です。


デッカードのスタチューなんですが・・・・


ダハハ・・・


見事な絶壁アタマ・・・


造形が破綻してますよね。


フランケンシュタインっぽい(笑)





デッカードに似てないし・・・






メーカーは知りませんが、


原型製作者と思われる署名があり、


N.SIMS 2001


とあります。2001年の作品なんですね。




deckard      deckard




deckard      deckard



deckard      deckard



deckard


山本さんもこれにはだいぶウケてました。



いつももらいっぱなしでスミマセン、や~もとさん。ありがとうゴザイマス!






ガレキ自慢 INVISIBLE STUDIO製 1/48ポリススピナー(と、不愉快な話)


invisible studios



invisible studios       invisible studios



invisible studios       invisible studios



今回のガレキは、

INVISIBLE STUDIO製 1/48ポリススピナーです。



洋物ガレキの輸入販売では古参になる、もんすたぁえっぐが、


2004年~2005年ころにヤフオクを中心に販売していたモノ。


どうも、もんすたぁえっぐがプロデュースしたようなかんじだ。




INVISIBLE STUDIOというメーカーについては詳細は不明だが、


キットのつくりをみると、けっこうクレバーな雰囲気がある。



以前紹介したように、(記事は→ こちら  ) 


いわゆる「レーザースピナー」タイプの、


マーク・ステットソン原型の撮影用プロップスピナーのレジンコピーというもの↓が、



spinner

                            


ガレキのように、ファンの間で流通しており、今回のキットはそれをベースにしている。


ディティールを追加し、修正を行い、


デカールも製作・・・なかなかやるな、ってとこ。


他人の褌で相撲を取ってるとも言うけど。







さて、ここからは余談になるが、


不愉快な話なので、書くのも少々気が滅入る。


しかし、これは書かねばなるまい。





もんすたぁえっぐは、同時期に、1/43スピナーというものの


リリースを発表。主にヤフオクでだと思うが、前金で予約を取った。


魅力的な内容だったため、かなりの数の注文があったはずだ。


私もその一人。




それから3年ほどたつが、いまだに誰にも納品されていないという、恐ろしい状況にある。



想像するに、その仕事、INVISIBLE STUDIOが、請け負ったものの、


途中でやめてしまったのではないか。



もんすたあえっぐ自身は輸入ガレキの販売を行ってきただけだから、



原型から創り上げるスキルなんてないのではないかな?




あくまでも想像だが。





ここにもんすたぁえっぐ代表のガレキのゴトー氏が、


ヤフオクを利用して発表している、


進行状況があるのだが、


もうどうみても進行していない言い訳にしか見えない。



http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h20750446



もんすたぁえっぐといえば、思い出すのが、カタログのウラミ。


その昔、ホビージャパンでよく広告がのっていたのだが、そこに切手を送れば


カタログを送りますとあったので送ったわけ。



しかし・・・待てど暮らせど・・・こない・・・


しびれをきらして電話するも、あ~今つくりなおしてるんですよ~、とのんびりした応対。



結局・・・こなかった。



それから、いろんなブレランファン、SFファンの人と知り合って、ガレキの話題になり、その話になって、


「被害者」がたくさんいるのを知った。



たかが数百円。されど数百円。




しかもカタログというのはマニアにとって、想像力を膨らませる、夢へのかけはしだ。


とてもとても楽しみに待っているわけだ。


それを裏切って平気な輩だもの、


スピナーが3年届かないのもさもありなん、ってやつだね。




ちなみに私は昨年暮れに、ついにキャンセル。


その際のもんすたぁえっぐの態度には、この温厚な


ホトケのに~ぜきもブチ切れましたね。



返金はするけど、ちょっと先になる、とのたまうわけ。


それが3年も待たせた会社のいうセリフですか?


しかも、キャンセルした方は今後当方から商品を購入できませんが、


よろしいですか、とも。



違うダロ!

この場合、例えば

「大変お待たせして申し訳ありませんでした、すぐに延滞金を上乗せして、返金させていただきます、この度は大変ご迷惑をおかけしてしまいましたが、これに懲りず、今後ともよろしくおねがいいたします」、とか言うってのがスジダロ!



ま、もっともそんなまともな神経の持ち主なら、はなっから、3年も待たせませんわな。



結局、最初延滞金も払わせるつもりだったけど、短期決戦したかったので、振り込んだ分だけ、すぐに


振り込ませました。




今でも、いつかリリースされることを信じてじっと待つスピナーファンがたくさんいると思います。


そういう、けなげなファンを裏切り続けるゴトー氏は、いますぐ全員に謝罪し、返金すべきです。





(・・・みなさま、不愉快な話を読ませてしまってすみません。


しかし、


ブレランをネタに不愉快な商売をするのはブレラニアンとして許せないので。


大変失礼いたしました。)

メディコムのインディで・・・

メディコムから、インディ・ジョーンズの6月公開の映画新作にあわせて、


インディのフィギュアが8月に出ますね。



indy




http://www.medicomtoy.co.jp/WI/0032.cgi?recno=3226



これを見て、みんな思ったはずです。


これは、デッカードに

カスタムできるぞ!






昔、1999年だったか、トイズ・マッコイより3000体限定だったと思うけど、


インディのできのいいフィギュアが出たとき、その目的で欲しかったけど、


高価だったのであきらめたっけなあ。36,000円だっけ?



そういえば、あの時、実はトイズ・マッコイはデッカードを出したかったんですよ。


雑誌のインタビューなどでそう語ってましたし、私も直接電話して確認しました。


結局版権が取得できず、断念したようです。





今回のメディコムのは税込み17,640円と、まあ納得のお値段。


しかも、トイズ・マッコイのより、よりシャープなかんじでかっこいい・・・


これは時代が進んで、いろんな技術が進化したせいもあるだろうな。





手に入れて、とりあえずアンドロイドハンターの服を着せ、同ブラスターを持たせてみたいです。






ガレキ自慢 TVC-15製 ディフォルメスピナーバッジ2種


tvc-15 badge


2000年の年明けに、TVC-15の山本さんの家に遊びに行って、泊めてもらったときに


もらったもの。(もらってばっかり・・・・)



あれから8年もたつのか。


や~もとさん、あの時はお世話様でした。




ブレランの版権元からもらったという立体メガネとか、


スピナーキットの完成品とか、


レーザーディスクの巻き戻しをするLDプレーヤーとか(笑)、


希少なものをいろいろみせてもらいました。





さて、


ディフォルメスピナーバッジ2種だ。



上が初版。


下が、改修版。



TVC-15の、こういう小ネタって楽しいですよね。




ガレキ自慢 妙なデッカード&カイザー


deckard&kaiser


ハリソンフォード演じるデッカードと、ジョン・エドワード・アレン(すでに故人らしい)演じるカイザーの2体セットの


フィギュアです。


かなり前にクアント(当時は個人売買雑誌)という雑誌で売りに出てたのを購入。



大体ですが、1/6くらいです。


簡単な組み立て説明書と、妙~なオマケが。


このオマケ、おなじみの劇中ネオンサインを模したもので、(あまり正確ではない)、


切り取ってジオラマふうの背景を作ってはっつけてはいかがでしょう、とのこと(売ってくれた人談)。


ブラックライトを当てれば光りますよ、と。


妙だ~



deckard&kaiser      deckard&kaiser


あんまり似てません(笑)




deckard&kaiser    deckard&kaiser


しかし、カイザーの立体化は後にも先にもこれだけでは。珍なり。




deckard&kaiser      deckard&kaiser


             簡単な取り説。似てない完成写真。







売ってくれた人は、


これは輸入品で(オーストラリア?)ブレランの登場人物が他にもいろいろあって、20種類くらいあるらしい・・・


などと、語っていたが、それはたぶん全部ガセでしょうね。




ガレキ自慢 妙なブラスター

いわゆる、「投げ捨て用」 というブラスターのレジンコピーが出回るようになったころ、


それをもとにガレキふうにしたものもいろんな種類が出回った。


ここにあるのも、その中の一つ。


TVC-15の山本さんにプレゼントでもらったもの。


もともとは山本さんがアメリカ人からもらったものとか。


それを複製してもらった。


(ちなみにグリップの切断はTVCのスタッフが行ったもので、もとのグリップは一体らしい)




はっきりいって、現在の視点で見れば、うぐ・・・と言葉を失ってしまうシロモノだが、


当時はこれでもけっこう楽しめましたよね。





ところで・・・


「投げ捨て用」 として出回ってるものは、


レジンで複製されたもの、をコピーして広まったもの。


と、


ラバーで複製されたもの、をコピーして広まったもの。




の2種類あると私は思うのだが、



前者は当然、情報量も多く、歪みも少ない。



後者は当然、欠落情報も多く、歪みも大きい。



ようだ。



私は両方持ってるが、この後者、つまり欠落情報も多く、歪みも大きいラバーで複製されたもの、をコピーして広


まったもの、をベースにキット化したものが今回紹介のブツのような気がする。



もとがひどいから、欠落を埋めるために、


かなり後から勝手な解釈をつけくわえちゃった・・・って気が。





だって、妙なところにマイナスネジがいっぱい。


(ステアーマークもガタガタだし)



ブラスターマニアが見たらぎょっとしてくれるハズ。



歴史に埋もれていくであろう、妙な一品ですね。





tvc tvc




tvc tvc



149本 (続続続続・彼ら、本気ですね!)

きのうのつづきです。


登録を受け付けていたページでは、


受付終了の表示と、


149本生産するとの告知が。


そして、149本には、画像のような


ナンバリングされたCOA(証明書)がつくようです。


COA




http://nopeek.tripod.com/bitten/id100.html



とりあえずは149本の生産のようですが、


一般売りもにおわせており、


コンタクトしてください、とある。


今後一般売りするとしたら、価格は上がるかもしれませんね。






2019年のジョニ黒ボトル、まもなくこの手に・・・(続続続・彼ら、本気ですね!)



以前、


「ダンボール紙で2019年版ジョニ黒を作る。」


   ・・・という記事を書きました。


(記事は → こちら  ) ・・・関連記事は → こちら



その中で、2019年版ジョニ黒をガラスのびんで作ろうとすると、えらくお金がかかるので、


無理っぽい、ということを書きました。



そうしたら、なんと、アメリカのファンが、プロップサミットという


ところでもりあがって、実際にビンの製作に着手したのです。





で、


「彼ら、本気ですね!」


   ・・・という記事を書きました。


(記事は → こちら  )





で、続報として、


「2019年のジョニ黒ボトル レプリケート! (続・彼ら、本気ですね!)」


   ・・・という記事を書きました。


(記事は → こちら





で、さらなる続報として、


「いよいよ、ボトル最終段階  (続続・彼ら、本気ですね!)」


   ・・・という記事を書きました。


(記事は → こちら   )






というのがこれまでの流れです。






さあ、ついに、製造上の困難も解決したとかで、


プロップサミットに


完成品の写真がアップされました。


すごい・・・



johnnie walker 2019

http://www.propsummit.com/viewtopic.php?t=344&postdays=0&postorder=asc&start=320





で、登録してた人には、最終申し込み(支払い)について書かれた最終アップデートのメールがくるはずが、


なぜか私にはきませんでした。



さいそくしたら、申し込みの特設ページへのリンクを教えてくれたので、


とりあえず送金に成功。ペイパル。送料込みで1万円弱。


それでよく型代回収できるなあ・・・


びんを抜く単価は数ドルだろうけど、


型代がかなりしたはず・・・


ほとんど原価?



ところで、当初2本まで買えるはずだったのが、一人一本に制限されたみたい・・・




世間の人は、「ただのガラスのビンに、いちまんえん!」、と言うかもしれないけど、


このブログをお読みの方は、「ただのガラスのビン」じゃなく、


それを現実に作ることがいかにすごいことか理解できるでしょうから、「安い!」


と思いますよね?


え?思わない(笑)?



ちなみに、キャップ、ラベル、ボトルの首のところのリボンまで用意中だそうで。


凝ってはりますなあ~


それで送料込みでいちまんえんは、安い!ですよ。ね?



あと一、二ヶ月中には発送開始の感触です。



たのしみ~






PORTFOLIO (続続続・ブレランのに~ぜきライジング)

私が、いかにしてブレランに身も心も捧げるようになったか、その始まりをつづる、

「ブレランのに~ぜき ライジング」 ( 記事は→ こちら  )


・・・の続き( 記事は→ こちら   )


・・・のまた続き( 記事は→ こちら   ) ・・・・・関連記事は→ こちら と  こちら




の、またまた続きが今回です。




        スーベニアマガジンを手に入れた私は、その中の広告↓にあった、

souvenir magazine souvenir magazine

3種類の書籍を注文しました。


3つとも発行は、


BLUE DOLPHIN ENTERPRISES,INC


という出版社。現在は存在しないようです・・・。


(またもブレードランナーの呪い?)




しかし、当時、高校生ながら、海外へ送金したり、オーダーのエアメール書いたり、


めんどくさがりの私にしては、よくそんな情熱があったなあ、と自分で感心。



ブレランという映画の魔力ですね。


さて今回ご紹介するのは、その3つの中のひとつ、


ロビーカード風の写真集、ブレードランナー・ポートフォリオ


です。フォルダにはさまれて、12枚の写真が入ってます。

portfolio



       portfolio



portfolio      portfolio




portfolio      portfolio


今、冷静に見ると、


あちら製ということで、印刷の精度は例えば日本製には及びませんが、


入手したときは、そりゃあうれしかったですね。


ますますブレラン魂に火がついたのでした。




今となっては希少なオフィシャルものです。



残りの2つについては、また書きます。




だらだらつづきます・・・










志馬多 穣二

先日紹介した、オフィシャル・ファンクラブ キット。 (記事は→ こちら  )


その中に、オフワールドの土地権利証がある。



brfc



欧米の人って、こういう遊び好きですよね。月の土地を売ったり、買ったりとか。



ましてや、映画では、冒頭、ブリンプが、地球を出てオフワールドへ行こう!と


がなりたてるんだから、まさにどんぴしゃりである。



off-world



証書にはブリンプからがなりたてるアナウンスが書いてある。


当然、いいことしか書いてない。いかにも嘘くさくて、これは


大企業の言うことなんて、みんな嘘さ、という皮肉なんですね。




有名なオフワールドのロゴがかっこいい。




off-world




私、オフワールドの土地権利証と書きましたが、まあ意味合いとしてはそうなんでしょうが、


この証は、正確にはオフワールドへの移住費用のローンの契約書ということみたいですね。


ちなみに費用は40万ドル、金利は36%だ!

これは、1982年の映画製作時から見た、


約40年後の2019年の未来じゃ、金利がオソロシイことになってるぞ、という皮肉であり、


あまりにばかばかしい金利に笑えるというギャグでもあり、


そんな金利でも払える裕福な層しか移住できないのさ、地球にいるのは不適格者か貧乏人、


という原作や映画の設定をあらわす数字でもある。


40万ドル・・・


1ドル120円としても、4800万円、それの36%ローンか・・・・絶句



ちなみに、スーベニアマガジンには、


「オフワールド」のロゴと共に、この「36%ローン」のロゴが掲載されている。↓




souvenir magazine 36%loan


      




そして、一番下に2人の署名。



off-world






まっき~さんは、これを見て



「これ、に~ぜきさんが書いたわけじゃないですよね」


とおっしゃいましたが、はい、もちろん私じゃありません。


もともと印刷されてます。





この青いのが会社のロゴマークなんでしょうね。


↓私の書いた本で、使わせてもらってます。(記事は→ こちら  )



the vid-phon report and bladerunner autograph co


出版社名は


The Domingues Shimata Colony Publishing


というのをでっちあげてみました。





左が、はっきりしないのですが、


Ronald E.Dominguez ? ・・・かな?


ロナルド・E・ドミンゲス。


PRES とあるから、PRESIDENT=社長、でしょう。




右はわれわれ日本人には、みたまんま、


志馬多 穣二


しまた・じょうじ



VICE PRES とあるから、VICE PRESIDENT=副社長、でしょうかね。


こんな漢字が、欧米人には、エキゾチックでぞくぞくするんでしょうね。



会社名は


The Dominguez Shimata Colony Bank


ザ・ドミンゲス・シマタ 植民地銀行



社長と副社長の名前からとった社名。


シマタは志馬多なんですね。


日本人である私たちからすると、あまり聞かない苗字ですが。






もっとも、社長と副社長の名前からとった社名のはずが、映画のブリンプからのアナウンスでは


シマタ・ドミンゲス・コーポレーション というふうに、順序が逆転していたりしますけど。



副社長の名前が前じゃまずいでしょう・・・



↓オマケ↓



ちなみに。

USA版ディレクターズカットのデジタルリマスターDVDの英語字幕では、


なぜか、Shimago シマゴ になっている。



digital remaster








5枚組みDVDの、DISC4の未公開シーン集の日本語字幕では  シマト なんてなっちゃってますね。↓


shimata









ロゴのデザイン

ブレードランナーのロゴはご存知ですね。


デッカードのシルエット(なんとなく、星の王子様みたい・・・)とともに、


このスリットの入ったデザインは、一度見たら忘れられないですよね。


大傑作だと思います。



pb


しかし、これはポスターや、


書籍などのための統一ロゴであって、


ご存知のように


映画本編のタイトルには使用されていません。





本編はこんなかんじ。



82&DC      FC


1982年版&92年ディレクターズカット              2007年ファイナル・カット


                    wp

                              ワークプリント


(きのうはこの写真を撮ってたわけです・・・)




さてさて。


とおるさんから去年の暮れ、こんなコメントが。




日時 :2007-12-30 00:49:39
記事タイトル :ポスターコレクション #018 フランス(1982) たて長
▼記事を見る▼
http://ameblo.jp/allbr/entry-10062660633.html

コメントをした人 :とおる
コメントのタイトル:良いポスター
▼コメントの全文▼
ですよね、なかなか、珍品です。
しかし、水平スリット無しのロゴはやはりなんだかマヌケな気がするのも確かです。
あのスリットがやはり肝ですね。
あのロゴの考案者が誰だったのか、長年知りたく思ってます。

URL:
http://www.geocities.jp/pstr_man/poster-mantop.index.html



結論から言いますと、実は私も知りません。


私もずっと知りたく思ってます。



残念ながらヒントにはなりませんが、


さきおととい紹介した(記事は→ こちら )、ファンクラブ会報には、ロゴについて触れた記事があります。



fc kit







fc kit



この記事では要するにたくさんのアーティスト、デザイナーが、


ロゴで映画の雰囲気を表現するために、


いくつもの案を考えて、創り上げていったということがわかるのですが、


肝心の、アーティスト、デザイナーについて書かれていません・・・



ボツデザインらしきロゴがいろいろ見れるのが貴重ですが・・・・・・



どなたかご存知ないですか~~~
















あれ・・・タイトルが・・・

これって有名なことなんですかね?


さっき、違う目的でDVDのタイトル文字の画面を撮影していて気づいたんですが・・・



これが、1982年版と、1992年のディレクターズ・カットのタイトル文字↓ L と A に注目。くっついてますね。

82&DC




で、これが2007年のファイナルカットのタイトル文字↓  L と A に注目。離れてる・・・


FC



アップでごらんください。



82&DC    FC

1982年版と、1992年のディレクターズ・カット        2007年のファイナルカット  



2007年のファイナルカットで、タイトルをやり直したように見えます。

すっきりした印象になってる?




これってすでに知られてる話なんでしょうか???





追記



すぐにとおるさんがコメントくれました。



日時: 2008-04-10 00:22:38
記事タイトル: あれ・・・タイトルが・・・

コメントをした人: とおる さん

コメントのタイトル: タイトル


コメント本文:「ファイナル・カット」のメイキング(だったかな?)で、同じフォントを使って今回新しく作ったものだと語られてましたよ。



へ~そうでしたか。聞き逃してました。

メイキングというと、DISC5?


ファイナルカット、思った以上に手が込んでるんですね。


とおるさん、超速コメントありがとうございました。






遅ればせながらコメントにぼちぼちレスしてこうかと。 -15-

ずっと、全然レスせず、すんませんでした・・・


ペタがえしもできてません・・・


すみません・・・・・・




というわけで、ひさびさレスれす・・・



日時 :2008-01-07 01:54:18
記事タイトル :BLARUNIAN 流行らせませんか?
▼記事を見る▼
http://ameblo.jp/allbr/entry-10064302848.html

コメントをした人 :クリスタルボーイ
コメントのタイトル:ブレラニアンの中身観たいよ~。
▼コメントの全文▼
ブレラニアンですか? 冊子の中身みたいです。
復刊とかしませんか?



日時 :2008-01-08 12:50:10

コメントをした人 :蟹江・ウエスト
コメントのタイトル:私も・・・
▼コメントの全文▼
ちゃんと取ってあります。
もう8年も前になるんですね(* ̄Oノ ̄*)
購入させていただいた物は、大切な宝物ですよ。
特にポスターは額装して飾っております。
でも、に~ぜきさん自身があまりにメジャーに成りすぎてるから復刊したら引く手数多じゃないですかね。


日時 :2008-01-08 17:43:12
コメントをした人 :とおる
コメントのタイトル:うーん
▼コメントの全文▼
これは是非とも拝見したいですね。
復刊、お願いします。

URL:
http://www.geocities.jp/pstr_man/poster-mantop.index.html



復刊するほどたいしたもんじゃないので・・・

写真とってブログにのせてもいいかなとは思ってます。

全然メジャーじゃないですよ。つましくマイナーに、しこしこやってます・・・






日時 :2008-01-07 11:51:39
記事タイトル :BLARUNIAN 流行らせませんか?
▼記事を見る▼
http://ameblo.jp/allbr/entry-10064302848.html

コメントをした人 :snufkinjr
コメントのタイトル:欲しい...
▼コメントの全文▼
初めまして.いつも楽しく拝見させていただいています.最近は,毎日読んでいます.ブレラニアンが復活したらぜひ購読させていただきたいです.また,バックナンバーもぜひ拝見したいです.同じように考えている人多いと思います.バックナンバーの復刊と販売ぜひしてください.楽しみにしています.では,これからも,お願いいたします.(米国アマゾンに注文したDVDがロストしていまい.以前,届いていません.悲しいです...)


ブレラニアンはたぶん休刊のままだと思います(笑)

ロストしたDVDはでてきましたか?



日時 :2008-01-07 20:08:33
記事タイトル :ポスターコレクション #019 日本(1982) アルヴィンイラストヴァージョン (小)
▼記事を見る▼
http://ameblo.jp/allbr/entry-10063042190.html

コメントをした人 :mosdo
コメントのタイトル:当時、目撃しました
▼コメントの全文▼
当時、公開前の6月、東京郊外の田舎町陸橋下にこのポスターが貼ってあったことが今でも記憶に焼き付いています。
「なんでこんなところに!?」って…




日本ではコラージュタイプがほとんどだと思ってましたが、アルヴィン版も実際に掲示あったんですね。

mosdoさん、貴重な情報ありがとうございます。



日時 :2008-01-14 06:41:12
記事タイトル :Tシャツ反響いろいろ
▼記事を見る▼
http://ameblo.jp/allbr/entry-10065667674.html

コメントをした人 :ピーターキャット
コメントのタイトル:ブレランバカ一代
▼コメントの全文▼
やり込みとはただひたすらに鍛練の道。

おのれを信じまい進する修練の獣道。

ブレランバカ一代は一日にして成らず。

恐れずやり込め!挑戦あるのみ!!

人生に意味はありません。そこに何かを見出していかないと生きていかれません。人によっては不幸にして何も見つけられないままになってしまう恐れがあります。普通はそんなんじゃ嫌ですよね。世の中には何を楽しみに生きているだろうかと感じる人がいます。何の目的も何の意味もなく、日々をただ反応しているだけです。お腹が空いたらから食べる、眠いから寝る、誘われたから飲みに行く。それらは主体性がなく、ただ反応しているだけです。それでも生きていると言えるのでしょうか。そういう人が多いと思います。何でも良いですから、一つでも人生における目的や意味を見出せれば幸せです。オンナの尻を追いかける、お金儲けに走る、これらは嫌いな事ですが、こんなのでも何もないよりか本当に良いです。これは誰にも負けないぞと思うものがある人は幸せです。人はどこから来てどこへ行くのか(ブレランの主テーマですね。)多くの人が悩んでいます。誰が何と言おうと恥じる事なくブレラン道をまっしぐらに行くべきです。

URL:
http://gorakunodendou.at.webry.info/



ありがとうございます!

ブレラン道をまっしぐらに・・・うーんいい響きですね。


もうこうなったら、最終的には、

ブレードランナーという人類共通の世界遺産にまつわる資料を、

後世に伝えるためのミュージアム&アーカイブを作り上げてから死にたいと思っています。


と、ユメはでかいのですが、日々雑事に追われ、三歩すすんで二歩下がるってとこですね・・・



日時 :2008-01-14 13:51:01
記事タイトル :タイアップペーパーバック入手
▼記事を見る▼
http://ameblo.jp/allbr/entry-10065578552.html

コメントをした人 :とおる
コメントのタイトル:ああっ
▼コメントの全文▼
やっぱりスピナーがあるのと無いのとでは大違いですね。
ちゃんと「料理」って読めますし。
僕も買わねば、探してみます。

URL:
http://www.geocities.jp/pstr_man/poster-mantop.index.html



このノートリミング版で鮮明な印刷で、ポスター出してほしいですよね!

ところでPB買えました?





日時 :2008-01-17 13:18:26
記事タイトル :米国版コンプリート
▼記事を見る▼
http://ameblo.jp/allbr/entry-10066292147.html

コメントをした人 :hawkeye
コメントのタイトル:無題
▼コメントの全文▼
すげえw
私は日本版DVDアルティメットと北米版BDアルティメットを買いましたが・・・
にーぜきさんは、言うなれば自分コンプリート版みたいな感じですかね。

あ、まだ再生環境はないです。私も。


自分コンプリート版!おもしろい!座布団3枚!

実はせめてプレステ3ほしいのですが、

まだなんです。

まもなくジョニ黒ボトルもあるし、留ブラ貯金もあるし、お金が・・・・・・



日時 :2008-01-19 18:46:23
記事タイトル :悲喜こもごも
▼記事を見る▼
http://ameblo.jp/allbr/entry-10066631586.html

コメントをした人 :とおる
コメントのタイトル:わかりました
▼コメントの全文▼
これのことですね。
  ↓
http://media.bladezone.com/umbrella.php

オークションですか?
つづき早く見たいです。

URL:
http://www.geocities.jp/pstr_man/poster-mantop.index.html



さすがとおるさん、ソッコーで、ブツがなにか見破りましたね。

悲劇的なオチはいかがでした?





日時 :2008-01-21 08:53:35
記事タイトル :SAFEX ヴァリエ
▼記事を見る▼
http://ameblo.jp/allbr/entry-10067007031.html

コメントをした人 :鷹
コメントのタイトル:ブレラン特集のラジオ番組
▼コメントの全文▼
JFN系の番組で「要のある音楽」という30分番組があります。スターダストレジューの根本さんの番組なんですけど、約10分を割いてブレラン特集でした。まあ、2つで充分ですよの正体がいなりずしだとかマスの押し鮨なんて珍妙な内容紹介されていたり、DVD5枚組が買えない人は廉価版をどうぞ、などというあたりは、残念な内容でしたが、取り上げられた、という点は評価したいです。
JFN系は曜日が違ってもまだ聞けるかもしれませんので、ぜひチャンスがあったらお聞きください。



日時 :2008-01-22 08:17:24
記事タイトル :フィルムウェイズ社のパンフレット
▼記事を見る▼
http://ameblo.jp/allbr/entry-10064702758.html

コメントをした人 :鷹
コメントのタイトル:日本で上映されたのは
▼コメントの全文▼
ブライアン・デ・パルマ監督作品で、ジョン・トラボルタ主演の「ミッドナイトクロス」、ミロス・フォアマン監督の「ラグタイム」、ウィリアム・ホールデンとリッキー・シュローダー主演の「アドベンチャー・ロード」、ローレン・バコールとジェームズ・ガーナー主演の「殺しのファンレター」ぐらいしかわかりません。どれもこれも東宝東和配給だった気がします。チカラ及ばず・・・

URL:
http://skimovie.exblog.jp



日時 :2008-01-22 08:22:34

コメントをした人 :鷹
コメントのタイトル:うっかり
▼コメントの全文▼
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカもあるじゃないですか!
これも東宝東和配給でしたね





鷹さん、ごぶさたです。


ラジオ情報感謝です。


フィルムウェイズ社のパンフレット解読もありがとうございました。

企画の段階で中止されたものもいくつかありそうですよね・・・






日時 :2008-01-24 02:01:06
記事タイトル :ポスターコレクション #020 イタリア(1982) 
▼記事を見る▼
http://ameblo.jp/allbr/entry-10067640776.html

コメントをした人 :とおる
コメントのタイトル:イタリア版は
▼コメントの全文▼
右下のマークが「WB」なのと「Pic」なのと2通りあるんですが、謎ですね。
両方ともオリジナルということでいいのしょーか。
僕が持ってるのはに~ぜきさんのと同じ物です。
いずれにせよ、フランス版よりも印刷精度が良いのは確かです。

URL:
http://www.geocities.jp/pstr_man/poster-mantop.index.html



とおるさんのポスターについての知識はほんと、感心します。

最近、とおるさんはホームページで、ブレランポスターコレクションをアップデートしたんですが、

私が持ってない逸品がゴロゴロ・・・うらやまし~~~っ!







日時 :2008-01-28 17:02:07
記事タイトル :まっき?さんのエルフィンブラスター
▼記事を見る▼
http://ameblo.jp/allbr/entry-10068370319.html

コメントをした人 :ぴえ~る
コメントのタイトル:凄い仕上げのエルフィン版ブラスター
▼コメントの全文▼
はじめまして。25年ぶりに冬眠から覚めたブレラン・ファンのぴえ~ると申します。

ブラスターも最近欲しくなって留之助ブラスターの発売が待ちきれずにエルフィン版ブラスターのキットを購入して、塗装をどうしようかパソコンを検索していたところZOSPECさんのページに当り、ここの掲示板見のsaitouさんのブラスターを見てビックリしました。ほぼワーコンモデルその物な感じです。↓


http://zospec.com/bbs/bbs18.cgi


saitouさんのブラスターを手本に自分のブラスターもチマチマと完成させるつもりです。今後ともヨロシク。


ぴえ~るさん、はじめまして。

冬眠からさめちゃいましたか。

ハートに火がついちゃいましたか。

当ブログがそのきっかけ、一助になったなら、

せっせとブログを書いてきたかいがあったというものです。


ブラ、完成したら、ぜひ写真を送ってくださいませ。







FAN CLUB KIT (続続・ブレランのに~ぜき ライジング)

私が、いかにしてブレランに身も心も捧げるようになったか、その始まりをつづる、

「ブレランのに~ぜき ライジング」( 記事は→ こちら  )


・・・の続き( 記事は→ こちら  )


・・・のまた続きです。




スーベニアマガジンを手に入れた私は、その中の広告↓にあった、


  
                        souvenir magazine
 




オフィシャルファンクラブへの入会申し込みを決行!


(今なら特別プレゼントつき、ってんであわてて申し込みましたよ。)


このとき、1983年の春。


公開から時間たってるから、プレゼント終わってないといいなあ・・・とはらはらしながら待ちました。


結果・・・・間に合いました!届いたキットにはちゃんと封入されてました。スピナーのブループリントの複製が。



brfc      brfc

          こんな封筒。                        左上に、ファンクラブのロゴ。かっこいい。




brfc         brfc


                      封筒から引っ張り出すとこんなカンジ。





                         brfc     



                       これが問題のプレゼント、スピナーブループリント。






                         brfc


                  キット内容 その1  ブレラン身分証とスピナー操縦許可証。

                                記入して遊ぶわけ。



                         brfc
 


                  キット内容 その2  デッカード写真




                         brfc


                   キット内容 その3  オフワールドの土地権利書。


                              



                        brfc


                  キット内容 その4  ブライアントの機密文書。

                       実際はブレラン用語解説みたいになってる。




  brfc      brfc



                 キット内容 その5 ファンクラブ会報第一号

                       二号は結局発行されたのかどうか、いまだにナゾ。

                       二号出たよ、という人もいるんですよ・・・





                                                                                                                                                                                                                                                                 

                       brfc


              スーベニア・マガジンの広告と同じデザインのチラシが一枚入ってました。




当時、日本から入会した酔狂な人間はまれだったと思います。


今となっては貴重ですね。






ちなみに、このファンクラブ、よっぽど入会者が少なかったらしく、


「入会者が少なかったため、閉会します」というお知らせが来た(笑)


(この話を日本版スターログに投稿して採用されました。)





必見!留之助ブラスター・アップツーデート。

いよいよここまできましたか・・・


http://tenshu53.exblog.jp/d2008-04-06



徳さんのジゴクが終焉にむかい、


島田さんのジゴクがはじまる・・・



ほんと、関係者のみなさんの情熱には頭が下がります。



私はアドバイザー、なんて書かれてますが、


勝手なことを言ってるだけのアホバイザーですから・・・






しかし、ホルスターまで!!!










いよいよ、ボトル最終段階 (続続・彼ら、本気ですね!)


bottle


http://www.propsummit.com/viewtopic.php?t=344&postdays=0&postorder=asc&start=240


これまでも何度かお伝えしてきた( たとえば→ こちら  )、アメリカのファンメイド・ガラス製 2019年のジョニ黒


ボトルですが、


いよいよ試作の写真が、プロップサミットにのりました。


かっこいい・・・


来週の土曜日より、ついに購入の意思ある人から支払いを受付けるようです。


買う!

Recommended Website# 8 kimux's Blade Runner page

日本における老舗ブレラン・ファンサイトといえば、


きむらかずしさんの ブレードランナー・コレクション


早い時期に、FAQを邦訳されたのには、頭が下がります。

なかなかできることではありません。




現在は、それを継承する存在として、


kimux's Blade Runner page  を運営なさっています。




kimux's


http://kimux.org/index.cgi?BladeRunner




ユニコーンの折り紙の作者なんて、日本ではきむらさんが最初に情報を発見したと思います。



ブリンプの情報もそうですが、着眼点が独特です。




(きむらさん、いつも見ていただいてありがとうございます。これからも、よろしくおねがいいたします。)


スピナー搭載ウォーキートーキー GE製 RECON-1


                       spinner





また、マスプロダクツでございます。





有名な話だが、スピナーの内装をスチルで仔細に点検すると、


ずっこける。



spinner


ドア内部のディテールなど、ものすごく凝っている部分もあるのだが、


清貧映画で有名なブレラン、途中で予算が尽きたか、


え~というようなものが、間に合わせ的にあれこれ使われている。



spinner

           Special thanks to まっき~さん


計器に見せようとしたのか、ブラウンなどの時計。



ポラロイドカメラ。



電卓。



そして今日紹介する、ウォーキートーキー。


要するにトランシーバーだ。


しかも限りなくチープな・・・・





walkytalky


アメリカはGE製。 RECON-1 というのが商品名のようだ。


メイドイン・タイワン。


かなりぼろぼろではあるが、奇跡的にパッケージが残っていたものを入手。


イメージ的には、軍用のものを模したようなかんじか。


とにかくハードな雰囲気を出したかったような・・・


しかし、これ、ものすごく軽いんだよね。


ハードな雰囲気に全然あってない。



無駄にでかく、無骨に作ったんだろうね。



walkie talkie


アンテナをたたんでも19センチはあるという、とにかくでかいトランシーバー。9V電池で作動。


walkie talkie


イラストが70年代~80年代のテイストだ。




walkie talkie           walkie talkie


          裏面。          一見チャンネル切り替えに見えるが、実はスイッチ兼ボリューム。


walkie talkie           walkie talkie


  プッシュしないと青い表示(色が塗ってある)。        プッシュ(トーク)中は赤い表示。



ちなみに今回、2台で通話テストしたら、片っ方が


「聞こえるけど、しゃべっても相手に聞こえない」


んだよね。



一方通行・・・・

まあ古いものですから・・・



 

spinner            spinner




   映画館掲示用の小さい写真                              部分拡大





                      spinner

                             日本版劇場パンフより



spinner      spinner


DVDでよく見ると、右の助手席側(デッカード側)の前にもウォーキートーキーがもう一台あるのがわかる。


                                          Special thanks to まっき~さん




ちなみにまっき~さんの指摘だが、スチルによって、ウォーキートーキーの位置が異なる↓




spinner

いいかげんだなあ(笑)


まさかデッカードが使って、戻すときにズレた設定とか言わないですよね。




      













ブルーレイ 告知ポスター


bd poster



bd poster



bd poster



bd poster


もう一種類のポスターがあって、それはどうやらレンタルの告知用のようだ。


というのは、そっちのポスターには 『ブレードランナー クロニクル』という表記があるからだ。



WHVの記述によれば、レンタル専用商品は2枚組みで、『ファイナルカット』 + 『ブレードランナー クロニクル』


のようである。ちなみに、名前は ブレードランナー コンプリート・セット


http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=7568




『ブレードランナー クロニクル』 についてはこう書いてある。


『ブレードランナー クロニクル』(下記3バージョンを1discに収録)
 オリジナル劇場版『ブレードランナー』(1982)初DVD化
 インターナショナル劇場版『ブレードランナー 完全版』(1982)初DVD化
 『ディレクターズカット/ ブレードランナー 最終版』(1992)初リマスター



『ブレードランナー クロニクル』 なんていうから何かと思えば、


5枚組みで言うDISC3ですね。





( Special thanks to Mr.L and Mr.O. )

6/11 日本版ブルーレイ 発売判明( ヤフオクなんでもありだね)

29日ころから昨晩(3/31)までにヤフオクにいくつか出品されたDVD告知ポスターを


ご覧になっただろうか?


みた人はびっくりしただろう。


6/11日本版 ブルーレイ 発売のポスターである。


さすがに、あまりあからさまに出品タイトルにはブルーレイと書いてないが、


これはワーナーが発表する前のフライング出品ですね。


い~けないんだ~い~けないんだ~



ところで、ポスターに、


「ブレードランナー・クロニクル」ってあるけど、なんだろう???




追記 ( 4月1日 10時 )


WHVでも正式発表ありました。



セルDVD


http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=7567



ブルーレイ


http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=7586



レンタルDVD


http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=7568





«  | ホーム |  »

プロフィール

NYzeki

Author:NYzeki
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ニュース・アナウンス (259)
本・雑誌 (55)
マスプロダクツ (29)
BRシンドローム (25)
情報求む (7)
トリビア (13)
コレクション>プロップ (2)
コレクション>スタッフ関連 (1)
コレクション>プロモ素材 (16)
コレクション>ガレージキット (34)
ブログ (281)
ブレランの日本語 (1)
コレクション>ポスター (34)
コレクション>アパレル (6)
留之助ブラスター情報 (35)
コレクション>小物 (3)
コメントへのぼちぼちレス (57)
お薦めウェブサイト (14)
フランク・ロイド・ライト (10)
フューチャー ポリスカー トランスキット (10)
一発ギャグ (4)
ファンメイド (17)
考察 (3)
俺ジャケコン (5)
動画 (3)
ボトルプロジェクト (35)
ブレードランナーバガボンドマガジン情報 (4)
関西ブレラニアン会 (21)
トンデモ記事 (2)
CD (6)
スピナー研究 (1)
ブレードランナーの日本人 (1)
工作員 に~ぜき (1)
LA2019 新聞計画 (33)
ひらパ~さんのメトロキャブキット化計画 (11)
Tomsonさんの1/6ブラスター (18)
動物の名前 (12)
ブレードランナーお悩み相談 (1)
音楽の中のブレラン探し (15)
フューチャーポリスカーフルキット (5)
ブルーレイ同梱版スピナー用内装キット (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。