2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1982年 映画タイアップペーパーバック未使用デザイン





今回はちょっと珍しいと思われる自慢の品をご紹介。これです ↓





ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-unused design



1982年に、映画ブレードランナーの公開予定にあわせて、


はじめ原作者のフィリップ・k・ディックに、ノベライゼーションの依頼がされたそうな。



そんなものをディックが請け負うわけもなく、


結局、原作の「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を「ブレードランナー」に改題し、


映画のデザインにあわせたタイアップカバーのペーパーバックにすることで落ち着いたわけです。




ちなみにその際に原作では1992年であった設定を2021年に変更しています。


はて?


映画製作時の初期には設定が2020年であったのは有名な話です。


結局、実際の映画冒頭で示される設定は2019年。


どちらでもない・・・・(笑)



もうひとつ、おまけに言っておけば、浅倉久志氏の日本語訳では、


過去も、


映画タイアップカバー時も、


現在も、


一貫して1992年の設定のままです。




さてさて、上の画像ですが、出版社がセールス担当者に持たせる宣伝資料として、


書店向けに製作されたものなのだそうで、私はこれを米国のコレクターから入手しました。


おそらく、その人、関係者なのではないかと思います。



このデザイン、一目見るなり、ぶったまげました。


実際に出版されたカバーと違うので(後述)。


営業用に若干早めに製作されたゆえに、実際の出版時には変更が加えられたようです。




いろいろ共通する部分もあるのですが、


一番の違いはタイトルロゴが、初期のものだということですね。


このタイトルロゴ、私のコレクションの撮影時のスタジオパス(通行証)にも使われていて、


初期のものだということがわかりますね。 記事は→ こちら



宣伝用とはいえ、きちんと印刷されたものです。折り目はなく、フラットです。


表紙の下部にパンチ穴があるのは恐らく価格の部分でしょう。







ではでは、比較の為にご覧下さい。


実際に出版された一番最初のペーパーバックのカバーはこちらです。



ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-pb1982




ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-pb1982


ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-pb1982





裏表紙の文言とかはまったくいっしょ、バーコード、ISBNもまったくいっしょ。↓



ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-both


表紙のデッカードのスチル写真がなくなり、


ストゥルーザンのイラストに。


かっこいい。


裏表紙の写真も同じスチルながらトリミングされている。






ついでですが・・・・


ストゥルーザンのイラスト版のあと、すぐにアルヴィンイラストカバー版も何種類かリリースされました。







アルヴィンイラストカバー版 その1 


  赤デッカードシルエット + オレンジロゴ


ISBNはまったくいっしょ。


ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-pb1982







アルヴィンイラストカバー版 その2 


  緑デッカードシルエット + ホワイトロゴ


ISBNはなぜか違う。 


ISBN 0-345-32388-2



ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-pb1982



ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-pb1982




アルヴィンイラストカバー版 その3 



  白デッカードシルエット + 赤ロゴ



映画公開からしばらくして、表紙上部にあった、


NOW A SPELLBINDING MOTION PICTURE! (いけてる映画!ぐらいの意味?)



という文言が削除されてしまった版。


ISBNは変わっている。 


ISBN 0-345-35047-2


バーコードの位置も右側に変わった。


この白デッカードシルエット + 赤ロゴデザインはかなり長い間変わらなかった。


価格が上がって、その表示が変わったりしたが、基本的にこの退屈なデザインで


ずーっと売られていた。





ファイナルカットのときにストゥルーザンの新イラスト版に変更されたましたが、記事は→ こちら


その後はどうなったのかな?



ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-pb




ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-pb





さてさて。


こうしてみると、未使用に終わったデザイン、実際出版されたものにひけをとらないどころか、


へたしたら2番目くらいにかっこいいのでは?とさえ思う。


いちばんはやっぱり、1982年のストゥルーザンイラスト版。



こういう、オフィシャルでありながらプロモオンリーだったりして一般に出回らなかった印刷物というのは、


入手できたときには実にうれしく、興奮するものです。


まあ、どうでもいい人にとっては、どうでもいいのでしょうが・・・・




こんな紙切れ一枚で、


人間というのはこんなに多幸感を味わえるのだという馬鹿なお話でござんした。






スポンサーサイト

アフターパーティー インビテーション・カード

アフターパーティーについては、いろいろ記事を書きました。


例の、ブラッドベリー・ビルを会場に行われた、プロモーション用のパーティです。



記事のまとめ読みどうぞ ↓



「悲喜こもごも」                               2008/01/19  こちら


「アフターパーティー・アンブレラ 悲喜こもごも 本編 その1」  2008/01/27  こちら


「アフターパーティー・アンブレラ 悲喜こもごも 本編 その2」  2008/02/05 こちら



「アフターパーティー・アンブレラ 悲喜こもごも 本編 その3」  2008/03/06 こちら


「アフターパーティー・アンブレラ 悲喜こもごも 本編 その4」  2008/03/07   こちら


「アフターパーティーのスタッフ証」                   2008/05/28  こちら





その、パーティーのインビテーションカード(招待状)を入手したのでご紹介・・・




invitation invitation

当日実際に使用されたものです。丁寧に使用され、きれいな状態でオクにでてきました。


というか、オクで売るために、丁寧に使用されたとも言うな・・・。



invitation

invitation










invitation invitation




ジュール・ヴェルヌ映画祭のファイナルカット上映会と、その後のアフターパーティーの招待状になってます。


アメリカはカップル社会ゆえ、当然2名様ご招待。




invitation




                           invitation

                         さすが車社会のロス。裏面に駐車場の案内つき。





この招待状が実際その現場に行ったものと思うと、


コーフンしてニオイかいじゃいますね・・・現場のニオイが・・・くんくん





いいなあ・・・30周年には、私も呼んでね、チャールズ!












SDCC ファイナルカット プロモキーチェーン ブラスター ヴァリアント???

去年の夏、SDCCというイベントで、ファイナルカットのDVDの発売のプロモーションがありまして、その際にスピ


ナーのキーチェーンが配布されました。↓




spinner


 (このスピナーのキーチェーンの記事は こちら  )



※SDCCとはなんですか~?というあなたは、中子さんのブログへどうぞ → こちら




精緻なミニチュアというわけではなく、まさにみやげもの、といったかんじのテイストのスピナー。


しかし、スピナーのオフィシャルな立体化はめずらしいゆえ、


けっこうな人気があった。



さて、先日、そのキーチェーンのヴァリアント(異種)ということで、


スピナーでなく、ブラスターのキーホルダーが売りに出ていた。




ブラスター???



キーホルダーに、別種が存在するなんて、初耳・・・


真贋を見極めるため、これはぜひとも入手せねば・・・



ところがアメリカ人の売主が海外発送NG。


フィルさんに泣きついて、入手してもらった。


フィルさんは、これを「プレゼント」、といってくれた。


前に私が自著をあげたことがあって、そのお返しだ、と。


ほんといい人なんですよ、フィルさん。


(ブレードランナー・バガボンド・マガジンでも、樋口さんがフィルさんを絶賛してましたね。)



で・・・・・届きました!



blaster keychain




blaster keychain





たしかに、ロゴのプレートがついていたり、ビニールに入ってたり、仕様はいっしょ。


素材感も、もったりしたおみやげ的テイストも、いっしょ。


たしかにヴァリアントの雰囲気じゅうぶん。


だけど・・・・


ホンモノなの?と思ってしまう・・・


ちょっとロゴのプレートが雑なつくりだったりするし・・・


ヴァリアントふうにつくった手の込んだニセモノ?


だけど、なんのために?


ただ、騙して喜ぶだけの愉快犯かな。




売ってた人はレアなヴァリアントと言ってたらしいけど、


いかにレアといえど、お金かけて型をつくって製作してるなら、


ある程度の数量つくっただろうし、それならもうちょっと出回ってもよさそうなもんだけど。


少なくとも、ファンの間で話題になるくらいに。


(私が知らないだけ?)






うーんどうなんでしょう・・・


これがホンモノかどうかは、今のところ保留とさせていただきます。




Special thanks to Mr.Phil Steinschneider.











アフターパーティー・アンブレラ 悲喜こもごも 本編 その4 <完>


予告編(?) は→ こちら  

 

本編 その1 は→ こちら


本編 その2 は→ こちら



本編 その3 は→ こちら









さて、悲喜こもごもということで・・・




前回が「喜」でありました。


レアなものを入手できてあなうれしやでした。



今回 「悲」 です。






1月のこと。


傘をなんとか手に入れられることになって、


私は感無量でした。


ペイパルでお金も払い、あとは届くのを待つばかり。



年は明けたけど、25周年の最後を締めくくるのにふさわしい大物。


未開封のまま送るということだったので、コンディションもばっちりのはず・・・



いやがおうにもテンション上がりまくり・・・




そして・・・


ついに、家に帰ったら不在通知が。


関税がかかってるので、その金額持って郵便局へこい、と書いてある。



必死に自転車こいで今来た道をとってかえしましたよ!




窓口で待つこと10分・・・・


(なぜかえんえん待たされた)



その巨大な箱はついに私の手の中に。



でかすぎて自転車に乗せたものの運転できず、押して帰りましたよ。


郵便局から家までは歩いたらちょっとした距離だけど、


なにせ気分はルンルン(死語)ですからね!



玄関のドアを開け、巨大な箱をその場に押し倒し、


呼吸も荒く、梱包テープをひっぺがし(なんかやらしい)


感激のごたーいめーん・・・・のはずが・・・・



見た瞬間、凍りつきました。



未開封のはずが、ケースは両側ともに乱暴にふたが開いており、


内側の傘を固定しているはずの部分の穴がびりっと破けている・・・・


そして・・・・ああああ


なんていうことでしょう!(サザエさんの声で読んでください((C)ビフォーアフター)


傘の柄が破損して

とれてしまってるでは

ありませんか!!!!!!!


after party umbrella



内側のネジ山が完全に壊れてます・・・・



テンション一気に急降下ダウン



で、書いたのがあの記事( →  こちら  )なわけです。





その後、相手に苦情は言ったけど、間違いなく未開封で送ったと言い張る。


税関で開けられたんじゃないの?と言う。




日本の税関で開けたなら、開封したと表示されるはずだし、


むこうの税関がわざわざ開けるとは思えない・・・第一、開けた形跡はない。




いろいろ考えて、


こわれもの、とか取り扱い注意、と表示していないこと、


エアパッキンなど一切使用せず、ただ無造作に箱に紙と一緒にいれてあること、


の2点から、


輸送中かなり乱暴な扱いをされて、内部の傘のみが慣性の法則にしたがって、ケースを


突き破って飛び出したのでは、と推測。


その時に柄も破損したのだろうと。



航空便だが、飛行機から降ろすときに、放り投げたりしてるんだろうね。


取り扱い注意と書いたところで、効果はなかったかもしれない。


そうなるとガサガサの状態でエアパッキンもなしで送ってきたということに


原因があるのだろうが、


まあアメリカ人ですからねえ~


個人差はあるけど、


ヲイヲイ・・・ってつっこみたくなるような梱包してくるヤツ、


けっこういますから・・・・



緩衝材使って送れ!と指定しなかったワタシが悪いんでしょうね(涙)。



ちなみに保険は掛けてましたが、


保険金を請求するには、破損したブツを郵便局に提出せねばならぬとのことで。




提出したら、この、この世に375本しか存在しない貴重なブツが、おそらく廃棄処分になるわけで・・・・






そんなことはできません。できるはずがありません。



というわけで、保険金をあきらめ、涙を呑んで、この壊れた傘でよしとすることにしました。



ね、「悲」でしょ?





そうそう。この傘、今日本で流通してるタイプとちょっと仕様が違うんです。


今日本で流通してるタイプはスライドスイッチなんですが、


この傘はワンタッチボタンなんです。





だから、日本で流通してるタイプを急遽買って、


柄を交換できないかと思ったけど、届いてがっかり。


だめでした。スライドスイッチのは、柄がネジになってないようで、外れません。


なにより、ワンタッチボタンでないし・・・




(どなたかワンタッチボタンの光る傘売ってるとこ知りません?)





以上、


悲喜こもごもなオハナシでした。


おそまつ。



<完>









アフターパーティー・アンブレラ 悲喜こもごも 本編 その3



予告編(?) は→ こちら   


本編 その1 は→ こちら


本編 その2 は→ こちら





さてそういうわけで、さがしましたよ。傘。


で・・・・みつかりました。


持ってる人を知ってる人をみつけました。



持ってる人を説得してもらって、譲ってもらいました。




金額は・・・


やはりオークションと同じ金額を言われたので、まあそれはしょうがないなと、


それよりちょっとイロをつけて払いましたよ。わざわざ交渉してくれたわけですし。




はい、これがその馬鹿高い傘です。


傘だけで言えば、ほぼ同じものが、日本で大体3000円くらいで買えます。


10倍以上か・・・



after party umbrella




after party umbrella




                     after party umbrella   



              書いてある記号、数字にはいろんなお遊びが隠されている。



              くわしくはBLADEZONEのゲイリー氏の記事をお読みください。


                  http://media.bladezone.com/umbrella.php
 

                   after party umbrella


               ところどころに意味の通じないでたらめ日本語 (カタカナ)






                  after party umbrella

        

       375・・・・ゲイリーによれば、この数字がこのかさが造られた数量だという。めっちゃレア。





                          after party umbrella     


     
after party umbrella





                         after party umbrella



after party umbrella    after party umbrella


傘にはロゴがプリント。




はたして、これが大金を払う価値があるのかといえば、


はっきりいって、ないと思う(笑)。



払っておいて言うのもナンですが。




つくられた数から言って、レアなのはまちがいないし、


オフィシャルであるのがブレランにおいては珍しいのですが・・・・


(だからこそ必死こいて入手したのですが)



しょせんタダの傘ですよ、傘。



この記事をみて、自分も欲しいなどと思わないのが、


健全なブレランファンのあるべき姿であります。






さて、どこが悲喜こもごもなの?


と思われたあなたはスルドイ。



以上が「喜」であります。


レアなものを入手できてあなうれしやです。



次回 「悲」 です・・・



つづく



































«  | ホーム |  »

プロフィール

NYzeki

Author:NYzeki
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ニュース・アナウンス (259)
本・雑誌 (55)
マスプロダクツ (29)
BRシンドローム (25)
情報求む (7)
トリビア (13)
コレクション>プロップ (2)
コレクション>スタッフ関連 (1)
コレクション>プロモ素材 (16)
コレクション>ガレージキット (34)
ブログ (281)
ブレランの日本語 (1)
コレクション>ポスター (34)
コレクション>アパレル (6)
留之助ブラスター情報 (35)
コレクション>小物 (3)
コメントへのぼちぼちレス (57)
お薦めウェブサイト (14)
フランク・ロイド・ライト (10)
フューチャー ポリスカー トランスキット (10)
一発ギャグ (4)
ファンメイド (17)
考察 (3)
俺ジャケコン (5)
動画 (3)
ボトルプロジェクト (35)
ブレードランナーバガボンドマガジン情報 (4)
関西ブレラニアン会 (21)
トンデモ記事 (2)
CD (6)
スピナー研究 (1)
ブレードランナーの日本人 (1)
工作員 に~ぜき (1)
LA2019 新聞計画 (33)
ひらパ~さんのメトロキャブキット化計画 (11)
Tomsonさんの1/6ブラスター (18)
動物の名前 (12)
ブレードランナーお悩み相談 (1)
音楽の中のブレラン探し (15)
フューチャーポリスカーフルキット (5)
ブルーレイ同梱版スピナー用内装キット (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。