2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレードランナーに出てくる動物を調べてみよう -9- (ラット)

映画ブレードランナーの劇中の設定として、


原作からの流れで、地球環境が戦争でめちゃめちゃになって、


動物がほぼ死に絶えてしまって、


高価な本物を所有できるのは本当のステイタスで、


かわりに電気仕掛けの人造動物がいろいろ造られていることになっているようです。




ただ、それはいろんな資料などからわかることであって、映画では説明が十分になされているとは


言い難いですね。


 「本物は高くて買えないわ」

 「買える人、そういない」


 などというセリフで匂わせているくらいですね。




さて、映画にはいろいろ,


(おそらくはすべて)人造動物という設定で、実際は本物の動物


がでてきますが、


それをどんな名前なのか調べてみようかな、という


だんだんネタが切れそうになってきた企画



です。



9回目の動物は、


これです。



「セバスチャンのところのネズミ




静止画にしてみると・・・・



ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-mouse



ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-mouse


ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-mouse







メイキング・オブ・ブレードランナー・ファイナルカット P.187 にこんな記述。


玩具に占領された仕事台を見下ろす、天井からのワイドショットでは、テーブルの上を


本物のネズミが走りまわっているのが見える。これはわざわざ<ネズミ飼い>の


業者がセットに連れてきた、よく慣らされた撮影用のネズミたちだ。



まさにこのシーンですね。




メイキング・オブ・ブレードランナー・ファイナルカット P.188 の記述。



「<歌舞伎アライグマ>は一種のパンクよ。未来のニューウエーブってとこね」


ハンナは付け加える。「それに人形みたいに見えるでしょ。セバスチャンの人形たちにも


溶け込めたわ。でも知ってる?ほんとはあのメイクシーンの前に、ちょっとすごい(クール)


ショットを撮ったの。


 プリスは鏡の前に座って、人形になりきる準備をしていたの。煙草を吸いながらー


それでね(思い出すのもいや!)、ネズミがそこらじゅうにいるの。身体を這いまわったりするのよ。


でもプリスはそんなこと、おかまいなし。まったく気にしない。煙草の上、髪の中・・・・・・


顔に這い上がってきたのもいたわ。私はもうマネキンのようにじっと我慢していたのに・・・・


でもプリスは反応しない。黙々と作業を続けるだけ。そういうシーンよ。でもカットされてしまったわ。


ひどいと思わない?」



このくだりを読んで、あれ?プリスの両肩にネズミがのってる映像あったよな?と思い、


探したら、デンジャラス・デイズ(メイキング)の冒頭にありました。


このカットされたシーンかもしれませんね。メイクしてないし。右のヤツ髪の毛に入ろうとしてるし。


静止画↓(クリックして大きくすると右にもネズミが見えます。)



ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-rat



ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-rat

ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-rat




さて・・・このネズミちゃんたち、


ぱっと見て思ったのは、実験動物のラットじゃないの?ということだった。



ウィキによれば、


ラットは実験動物の1種。野生のドブネズミRattus norvegicus を改良して作られた実験用の飼養変種である。


愛玩動物として飼われることもある。


英語の rat
ハツカネズミなどの小型ネズミ類を表す 
mouse
に対して、
クマネズミ属 をはじめとする比較的大型のネズミ類を指すが、日本語の「ラット」は上記の意味で用いられることが多い。


ですと。


実験にはアルビノ(白いやつね)がよく用いられるとのこと。


もとはドブネズミなんだ・・・・






というわけで、



9回目の動物、


「セバスチャンのところのネズミ」


は 


「アルビノのラット(ドブネズミの飼養変種)


 (わざわざ<ネズミ飼い>の業者がセットに連れて 



   きた、よく慣らされた撮影用のネズミたち)





 ということで!



和名 ドブネズミ

英名 Brown Rat

学名 Rattus norvegicus 





専門家の方、もし間違ってたらつっこんでくださいね!(笑)





第10回もお楽しみに。





つづく



スポンサーサイト

ブレードランナーに出てくる動物を調べてみよう -8- 馬(ポニー、ミニチュアホース)

ブレードランナーの劇中の設定として、


原作からの流れで、地球環境が戦争でめちゃめちゃになって、


動物がほぼ死に絶えてしまって、


高価な本物を所有できるのは本当のステイタスで、


かわりに電気仕掛けの人造動物がいろいろ造られていることになっているようです。




ただ、それはいろんな資料などからわかることであって、映画では説明が十分になされているとは


言い難いですね。


 「本物は高くて買えないわ」

 「買える人、そういない」


 などというセリフで匂わせているくらいですね。




さて、映画にはいろいろ,


(おそらくはすべて)人造動物という設定で、実際は本物の動物


がでてきますが、


それをどんな名前なのか調べてみようかな、という


長らくさぼっていた企画



です。



8回目の動物は、


これです。



「アニモイド・ロウで

  アライグマの隣にいる馬」



デッカードさんがダチョウに道を譲ったとき、


吊り下げられた籠の中にアライグマがいて、その隣に馬がいます。


静止画にしてみると・・・・



ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-animal


ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-animal


ああ、この馬、ポニーですね。小さい。




ポニーというのはそういう種類の馬がいるわけではなく、


大人になっても体高が147cm以下の馬をいうそうです。


ヨーロッパでは、いろんなポニーがつくりだされています。



ウィキによれば代表的なポニーには、



・ウェルシュマウンテンポニー(イギリス原産、平均体高は120cm弱、主に乗馬、ショー用)


・シェトランドポニー(イギリス原産、平均体高は100cm程度、主に乗馬や引き馬)

・ハクニーポニー(イギリス原産、平均体高は130cm半ば、馬車用としても使われる)



などがいるそうです。




さて、この画像のポニーちゃんは、えらい小さいですね。


となりに背中をむけて座ってるおっさんから考えて体高は80cmくらい?


上記の代表的なポニーにはあてはまりませんね。




やはりウィキによれば、小さいの、というと、


・ファラベラ 

(アルゼンチン原産、シェトランドポニーを改良したもの。

 体高は70cm程度、あまりに小さいので乗馬には使えずペット用)


・ミニチュアホース(アメリカ原産、原種はファラベラ、体高は80cm程度、用途はペット、盲導馬)


というのがいます。



撮影地がアメリカであることを考えると、ミニチュアホースだというのが妥当ではないでしょうか。



安易な推測と思ったでしょ?(笑)


いえ、実はファラベラの純血種はいまだに作り出したファラベラ家のみが繁殖させているというので、


そんな稀少なものが映画撮影に使われることはないだろな~という、


意外と(笑)ちゃんとした推測なんですよ~








というわけで、



8回目の動物、




「アニモイド・ロウで

  アライグマの隣にいる馬」



は 



馬(ポニー、ミニチュアホース)


 ということで!








専門家の方、もし間違ってたらつっこんでくださいね!(笑)




第9回もお楽しみに。



つづく










白馬 追記

ブレードランナーに登場する動物を特定すべくいろいろ調べています。


過去記事をすべて読みたい方はテーマ 「動物の名前」をクリックしてください。






角をつけられ、ユニコーンに見立てられた白い馬を以前記事にしました。( 記事は→ こちら   )



『メイキング・オブ・ブレードランナー』 (新版) 378 ページにこんな記述が。




一角獣に仕立てるために、白いスタリオンが映画撮影用の動物レンタルサーヴィス


を通して準備された。



なんとなんと。ニシキヘビに続き、見落としてました。


ちゃんと書いてありましたね、MOBRはやっぱすごい。




この白馬、スタリオンであるとのこと。つまり、 種牡馬(しゅぼば)、種馬(たねうま)。



あの白馬は、映画撮影用の動物レンタルサーヴィスから借り出したオスで、種馬

でした。


過去記事の、動物プロダクションかも、という推測が当たってました。






ブレードランナーに出てくる動物を調べてみよう -7- ヘビその2

ブレードランナーの劇中の設定として、


原作からの流れで、地球環境が戦争でめちゃめちゃになって、


動物がほぼ死に絶えてしまって、


高価な本物を所有できるのは本当のステイタスで、


かわりに電気仕掛けの人造動物がいろいろ造られていることになっています。



そんなわけで、映画にはいろいろ,


人造動物という設定で、実際は本物の動物


がでてきますが、


それをどんな名前なのか調べてみようかな、という


最近ブレラニアンの間でやや話題の不人気企画


です。



7回目の動物は、


これです。




「アブドル・ハッサンが首に巻いてる蛇」


デッカードさんが、ウロコを鑑定してもらって、


メーカーを聞いて、アブドル・ハッサンへ訪ねていくのですが、


首に蛇を巻いてますね。


これがなんやねんという調査です。


ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-snake






『メイキング・オブ・ブレードランナー』 (旧版) 169 ページによくわかる写真が。



ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-mobr





一回目でも使用した、

「ニューワイド 学研の図鑑 動物」 (学研 1999年) 


ではんもんを照合・・・・


ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-animal


はんもんが特徴的ですぐわかりました。ボアコンストリクターですね!


ボアコンストリクター画像

http://www.google.co.jp/images?hl=ja&q=%E3%83%9C%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC&um=1&ie=UTF-8&source=univ&ei=xWY5TIiuOc-LkAWojtWsAw&sa=X&oi=image_result_group&ct=title&resnum=1&ved=0CCYQsAQwAA







というわけで、



7回目の動物、




「アブドル・ハッサンが首に巻いてる蛇」は


ボアコンストリクター



 ということで特定!


和名:

アカオボア、ボアコンストリクター





英名:

Red tailed Boa




学名:

Boa constrictor







専門家の方、もし間違ってたらつっこんでくださいね!(笑)




第8回をお楽しみに。



つづく







ゾラ姐さんのヘビ追記

インドニシキヘビであると、記事にしたゾラ姐さんのヘビですが、( 記事は→ こちら   )


『メイキング・オブ・ブレードランナー』 (旧版) 176 ページにこんな記述が。




 ゾーラがコートラックにかけた蛇だが、「名前はダーリン。飼い主はもちろん私よ」 


とキャシディは続ける。「雄のバーミーズ・パイソンで当時4歳だった。(以下略)」



なんと。見落としてました。ちゃんと書いてあったんですね。やはりMOBRはすごい本だ。




バーミーズパイソンは、インドニシキヘビの亜種で、ビルマニシキヘビともいい、


いわゆるニシキヘビとして日本の動物園にいるのは大体これのようです。


http://allabout.co.jp/pet/reptiles/closeup/CU20070303B/index.htm


和 名:バーミーズパイソン、ビルマニシキヘビ
英 名:Burmese Python ,Asiatic Rock Python

学 名Python molurus bivittatus




インドニシキヘビは絶滅危惧種でした。よって流通することはないようです。


よって、


ゾラ姐さんのヘビは、

バーミーズパイソン(ビルマニシキヘビ)

でありました!


全くの見当違いではなかったですが、亜種のほうでした、ということで。









«  | ホーム |  »

プロフィール

NYzeki

Author:NYzeki
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ニュース・アナウンス (259)
本・雑誌 (55)
マスプロダクツ (29)
BRシンドローム (25)
情報求む (7)
トリビア (13)
コレクション>プロップ (2)
コレクション>スタッフ関連 (1)
コレクション>プロモ素材 (16)
コレクション>ガレージキット (34)
ブログ (281)
ブレランの日本語 (1)
コレクション>ポスター (34)
コレクション>アパレル (6)
留之助ブラスター情報 (35)
コレクション>小物 (3)
コメントへのぼちぼちレス (57)
お薦めウェブサイト (14)
フランク・ロイド・ライト (10)
フューチャー ポリスカー トランスキット (10)
一発ギャグ (4)
ファンメイド (17)
考察 (3)
俺ジャケコン (5)
動画 (3)
ボトルプロジェクト (35)
ブレードランナーバガボンドマガジン情報 (4)
関西ブレラニアン会 (21)
トンデモ記事 (2)
CD (6)
スピナー研究 (1)
ブレードランナーの日本人 (1)
工作員 に~ぜき (1)
LA2019 新聞計画 (33)
ひらパ~さんのメトロキャブキット化計画 (11)
Tomsonさんの1/6ブラスター (18)
動物の名前 (12)
ブレードランナーお悩み相談 (1)
音楽の中のブレラン探し (15)
フューチャーポリスカーフルキット (5)
ブルーレイ同梱版スピナー用内装キット (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。