2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしボトルが売れ残ってしまったらどうするかを意地悪な悪友のみなさんが考えてくださいました(苦笑)


さてさて、ボトルですが、残念ながら当初こそ頒布希望者が(時折途切れつつも)継続していたのですが、


徐々にペースダウン。70本を越えたところで注文が完全に止まってしまいました。



300本の初回ロットを売り切って制作費回収・わずかですが利益が出ればまた次の企画、


などと取らぬ狸の皮算用でしたが、私の売り方がよっぽど下手なのか、わずか70本・・・・




制作費の借金が・・・・あああ



まあ、ある程度覚悟はしてましたけどね。これほど売れないとは。ううう




さて、もちろん今後もがんばって売り続けますが、


もし最終的にボトルが売れ残ってしまったらどうするかを、


余計なお世話で、


意地悪な悪友のみなさんが考えてくださいました(苦笑)




1.スーパーマーケットのペットボトル回収ボックスに出す。



ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-bottle



そうですね、地球にやさし・・・って!そんなもったいなくて出せるか!(怒)




2.犬のゲージにつけるペットボトル給水器に使う。



ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-bottle



そうですね、たっぷり水が入ってワンちゃんも水切れがなく大喜び・・・って!でかすぎや!(怒)






3.水を入れて猫よけに。




ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-bottle


アホか!これって効果ないって有名な話やろ!(怒)





4.市の資源ごみの回収に出す。



ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-bottle


ゴミやない!!!おいらの「作品」じゃあ!!!!!






5.ペットボトル加湿器に。




6.水を入れてダンベルに。





もう画像を作る元気もないわ!(笑)




くそー絶対全部売り切ってやる!!!!!!!


スポンサーサイト

BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #23



旧ボトルプロジェクトは終了し、新ボトルプロジェクトになっております。 詳しくは こちら





BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #1          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #2          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #3          は → こちら

BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #4          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #5          は → こちら

BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #6          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #7          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #8          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #9          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #10          は→  こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #11          は → こちら

BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #12          は → こちら

BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #13          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #14          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #15          は → こちら

BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #16          は → こちら



BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #17          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #18          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #19          は → こちら



BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #20          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #21          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #22 (前回の記事)は → こちら



【 オレ栓 グランプリ エントリーNo.7 】


DS2019さんの命名による、「オレ栓」 のグランプリを開催中です。


要するに、ボトル付属のアクリルダミーキャップをカスタムして、


あるいは全く別のものを使ってオリジナルを作って、俺の栓が一番だぜ!と名乗りをあげる、


世界初の、そしてきっと誰も後に続かない(笑)大会です。




では、


「オレ栓」エントリーNo.7 

ガーイソさんの作品!いってみよう!


以下ガーイソさんからのメールです。


こんにちはにーぜき様
先日ボトルを購入しましたガーイソです。

オレ栓エントリーに参加したくご連絡しました。

色々とネットで探しているうちに「おっこれは!?」という品を見つけました。
その名も、(オイルディスペンサー)です。オリーブオイルなどを入れるクッキングスプレー
らしく、オールステンレスで大小あります。

小だと直径38mm なのでバッチリです。ただ・・値段が高く、2000円チョイします。
自分の場合は本体部分は実際に使用するということで悩んだ末、思い切って購入しました。

キャップ自体は思っていたより高さがあったので、金物用ノコで1㎝くらい切断しました。
その後やすりをかけてラベルを張りなおしました。
重量感もあり、裏側も白いキャップがカチっと余分な隙間なく入ります。

栓が金属だと、ペット素材もガラスのような錯覚に感じるから不思議です。
結果大満足です。


以上です。
よろしくお願いします。




ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-gariso



ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-gariso



ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-gariso




ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-gariso



ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-gariso





おお~よくこんないいものを見つけましたね~執念ですね~。


重厚です。そのぶんお値段も張りますが・・・・・




いやいや、いろんな手法があるものですね。



ちなみにラベルは実際のジョニ黒のものを入手して使用しているそうです。


付属のカラーコピーのラベルのデザインとは文字の配列などに若干の差異がありますが、


やはり本物のラベルならではのかっこよさがありますね。




ガーイソさんありがとうございました!





【 オレ栓 グランプリ エントリーNo.8 】


「オレ栓」エントリーNo.8

に~ぜきさんの作品!いってみよう!


・・・って私ですけどね。





一転して超ローコスト(105円) な栓をご紹介。





セリアという、ややオシャレな100均ショップがあります。


http://www.seria-group.com/



ちなみに今回のボトルの付属品として採用したシーリングワックス風プラスチックパーツは


ここで購入しています。





ここをうろついていて、おおっというのを発見。


税込み105円のネイルリムーバー(除光液)・・・・・・のキャップです。



ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-oresen

これがまた直径(38.6mm)といい、高さ(38mm)といい、いいかんじ。


ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-oresen


ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-oresen

          惜しむらくは下方に向けて、すそが広がっていること。まっすぐならもっとよかった。




ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-oresen



内部には中栓のようなものがあり、ボトルの口には入るのですが、スカスカなので、


食品用のシリコンなどを被せて、まさに「栓」に加工するといいかも。


つまり、その場合白キャップは使いません。



ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-oresen




銀塗装するとこんなかんじです。



ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-seria


ネイルリムーバーの中身が入ったまま栓だけ取ったら顰蹙ですので、


奥さん、彼女にネイルリムーバーあげると言って、使い終わるのを気長に待ってくださいな(笑)






BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #22



旧ボトルプロジェクトは終了し、新ボトルプロジェクトになっております。 詳しくは こちら





BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #1          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #2          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #3          は → こちら

BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #4          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #5          は → こちら

BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #6          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #7          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #8          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #9          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #10          は→  こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #11          は → こちら

BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #12          は → こちら

BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #13          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #14          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #15          は → こちら

BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #16          は → こちら



BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #17          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #18          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #19          は → こちら



BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #20          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #21 (前回の記事)は → こちら



【 付属ダミーキャップについてあれこれ 】


頒布中のボトルには、付属品として、外径 42mm  ( 内径  37mm )


 (厚み2mm) のアクリルパイプを、 37.5mmの長さで、


アクリルの加工屋さんに特注で切断してもらったものと、


直径 42mmにこれも特注で切り抜いてもらったアクリルの円板 (厚み2mm) が入っています。



この二つを組み合わせると、本キャップ(実際に機能する白いプラキャップ)をすっぽり隠す、


劇中のキャップに似せたダミーキャップになるという私のアイデアです。




できるだけ安くそれらしいものを、という苦肉の策で、


みなさんには、接着・塗装というめんどくさいことをお願いしますが、


トータルなコストにはあまりひびかずに、それなりのダミーキャップを付属させられたと思っています。


ただ、ボトルの首がこちらの希望より太くされてしまった(そうしないと成型に重大な支障をきたす)


せいで、結果としてダミーキャップも太くごつくなってしまった・・・これが残念でした。





内径が37mmないと上からかぶせるダミーキャップにならないのですが、


内径37mmにすると、その条件のアクリルパイプが厚み2.5mmが最小らしく、


(これもさがしてやっと発見)、既製品ではそれより薄いのはないそうです。


2.5mmも厚みがあるので、内径にプラス5mmの外径となり、


つまり、ごついわけです。これが残念なところです。



本当は厚みを薄くできる金属製で、キャップを特注で作って付属させれば一番かっこ良かったのでしょうが、


それだと型から作る必要があり、やはり買っていただくみなさんのことを思うと、


さらにその分価格にあと原価にしても1500~2000円とか上乗せというのは忍びなかったですね。







自分が貧乏性な私にはあまり高価格なものはリリースできまへん(笑)。





また、今回の場合、一番重要なのは、ペットボトル本体なわけで、


正直、付属品なしでリリースしてもいいかなという気持ちさえもあったのですが、


(自分も楽だし←こらこら)


みんながみんなマメに付属品を自前で探すほどマメな性格ではないわけで。


最初から必要最低限の内容と品質レベルの付属品はついてないと不親切だろうなと。


だからがんばりました。


あの内職の日々を思い出すとぞっとします。



キャップがごついというのはみなさんも感じておられると思います。


よって、あれやこれや試行錯誤されているのだと思います。


しかし、その手間まで楽しんでいただければ・・・というのはわがままでしょうかね?




よい代替品を発見したら、自作のいいキャップができたら、


ぜひ「オレ栓」へエントリーくださいませ。









【 ボトル みなさまの声 】


Aさんよりのメール


に~ぜき 様

ご連絡遅れました、すみません。

ボトル届きました!感激です!ありがとうございました!

いつもの安酒が何十倍もうまく感じましたよ(笑)

一日も早く資金が回収されることを祈っていますw

取り急ぎお礼まで!

2019年にまた、このボトルで乾杯しましょう!



ありがとうございます。資金回収が遅々として進みませんががんばります!

2019年の乾杯、いいですね!


【 オレ栓 グランプリ エントリーNo.6 】および

【オレラベル グランプリ エントリーNo.4

DS2019さんの命名による、「オレ栓」 のグランプリを開催中です。


要するに、ボトル付属のアクリルダミーキャップをカスタムして、


あるいは全く別のものを使ってオリジナルを作って、俺の栓が一番だぜ!と名乗りをあげる、


世界初の、そしてきっと誰も後に続かない(笑)大会です。




同時に「オレラベル」 のグランプリを開催中です。



要するに、ボトル付属のラベル資料をカスタムして、


あるいは全く別のものを使ってオリジナルを作って、俺のラベルが一番だぜ!と名乗りをあげる、


世界初の、そしてきっと誰も後に続かない(大笑)もうひとつの大会です。




では、同時エントリーとして、


「オレ栓」エントリーNo.6 および「オレラベル」エントリーNo.4の方です!


takaraさんの作品!いってみよう!




takaraさんからのメールより抜粋

にーぜき様

ボトル頒布頂きましてありがとうございました。

オレ栓、オレラベルのエントリーなどには届きませんが、ここ数カ月

家族が寝静まった後にごそごそと作業し、楽しませていただきました。

これがほんとの「大人のプラモデル」という感じです。

冷めやらぬ興奮をありがとうございました。


完成しましたので、あくまで報告のみさせて頂きます。

            (に~ぜき注: お誘いしてエントリーしていただきました)

私の苦心部分は、ラベルは、スキャンしたデータを光沢ゴールドインクジェット用に印字した

もので、金の光り具合は大変満足しています。また、栓は、100均の調味料入れをカットし、付属キャップ

のまわりをビニールテープでまいて、接着剤で固定しました。

栓として違和感ない雰囲気になっています。また、栓は、研磨剤で入念に磨いています。

当然中身はジョニ黒です。


画像は、リビー製のグラスを置いてブライアントの机の上をイメージしています。

また少ししたらさらに改良を重ね、もう一本の制作にかかります。

これからも楽しみにブログ拝見します。

それでは・・・・・以上



ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-takara


ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-takara


ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-takara

                      画像はすべてtakaraさん提供


おお~ありがとうございます。


栓の手法は「オレ栓」エントリーNo.1ベースベーダーさんのものですね。


(過去記事は→ こちら   と こちら   )



雰囲気がすごくいいです。


「大人のプラモデル」・・・言いえて妙ですね!


takaraさんありがとうございました。












BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #21




旧ボトルプロジェクトは終了し、新ボトルプロジェクトになっております。 詳しくは こちら





BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #1          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #2          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #3          は → こちら

BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #4          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #5          は → こちら

BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #6          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #7          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #8          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #9          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #10          は→  こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #11          は → こちら

BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #12          は → こちら

BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #13          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #14          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #15          は → こちら

BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #16          は → こちら



BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #17          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #18          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #19          は → こちら



BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #20 (前回の記事)は → こちら




【 プレゼントいただきました。 】


DS2019さんの「オレラベル」と「オレ栓」 をなんとプレゼントしていただきました。



ありがとうございます。かっこいいです。






ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-oresen Mr.DS2019






【 ダイソー調味料入れついに入手 】


ベースベーダーさんの「オレ栓」 のベースのダイソー調味料入れ、


探しに探して、ついに入手。


ダイソーで買い物して、こんなにうれしかったことがかつてあっただろうか(笑)。



こしょうと塩用。ふた上部に開いている穴がSとPの文字になってます。


ま、ふたは私たちには関係ないですが(笑)



あ、店頭で見るとけっこうあちこちへこんでるようなので、(さすがメイドインチャイナ)


みなさんも見つけたら、うれしがってすぐレジに行かず、じっくり選んだほうがいいですよ。


ベースベーダーさんありがとうございました。



がんばって切らにゃあ・・・・



ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-daiso






【 ボトル みなさまの声 】



ab-lab 様



に~ぜきさま

ご連絡遅くなりまして申し訳ありません。
ボトル、無事に本日(10/31)届きました。
早々と送っていただき、ありがとうございます。
PETとはいえ、想像以上に肉厚でいい感じです。
ブレラニアン会でも絶賛だったのではないかと思います。

ちょっと今バタバタしていて、ちゃんとセットアップするのは
もう少し先になるかもしれませんが、
できたらblogにUPしたいと思っております。
実はデッカードのIDカードのレプリカ(のレプリカ)も
作りまして、それの製作過程などもUPしよう、しよう
と思いながら、上げておらず…。
ちなみにデッカードのIDカードは会社の入館証の
カードケースに入れて携帯しております(笑)

ということで、私事はともかく、本当にありがとうございました。
まだまだ発送業務大変でしょうけれど、頑張ってください。



W様

只今ボトル受け取りました。プロジェクトのお知らせから本日までこんなに早い
とは思ってもいなかったので、感激です。
とりあえず送っていただいたラベルは大事にとっておいて、カラーコピーを貼っ
て使用します。あとはジョニ黒を注いで楽しみます。
ありがとうございました。


新聞のご報告が遅れてすいませんでした。


   (注:新聞もお申し込みいただきました。に~ぜき)


とてもきれいな仕上がりで気に入って
います。
僕はこんな感じで使わせて頂いております。写真をお送りしますね。

今後ともよろしくお願い致します。


ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-newspaper



ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-newspaper



ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-newspaper




ゼロハリページ拝見しました。劇中で使われていると思われるのはに~ぜきさんの
ページのタイプですよね?
僕はこの丸みのあるアンティークなデザインが気に入っっているのでこれに入れ
ました。
友人に見せたら「ちょっとした武器商人風ですね」って言われました。
記事にして頂くのは全然かまいません。面白がって頂ければ幸いです。


よろしくお願い致します。





シロクマくん 様
無事到着しました。 素敵です、何もかも。 しかしボトルは良いフォルムをしていますね。 説明書やスチールのコピーがまたいいですね。至れり尽くせりで、泣けてきました。 素晴らしいです。一本でも多く販売出来るよう祈っています。 本当にご苦労様でした。そして、ありがとうございました。それでは




に~ぜきより


みなさんありがとうございます。

Wさまのはちょっとレトロなゼロハリですね。
おお!同士よ!というかんじです(笑) 私のは → 
こちら (過去記事)


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #20




旧ボトルプロジェクトは終了し、新ボトルプロジェクトになっております。 詳しくは こちら





BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #1          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #2          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #3          は → こちら

BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #4          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #5          は → こちら

BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #6          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #7          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #8          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #9          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #10          は→  こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #11          は → こちら

BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #12          は → こちら

BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #13          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #14          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #15          は → こちら

BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #16          は → こちら



BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #17          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #18          は → こちら


BOTTLE PROJECT 2ND STAGE #19 (前回の記事)は → こちら





【 オレ栓 グランプリ エントリーNo.5 】


DS2019さんの命名による、「オレ栓」 のグランプリを開催中です。


要するに、ボトル付属のアクリルダミーキャップをカスタムして、


あるいは全く別のものを使ってオリジナルを作って、俺の栓が一番だぜ!と名乗りをあげる、


世界初の、そしてきっと誰も後に続かない(笑)大会です。




前回、まころうさんをエントリーNo.3 とご紹介しましたが、No.4のまちがいでした。


おわびして訂正いたします。





今回のDS2019さんがNo.5となります。


そう、「オレ栓」 の命名者自らのエントリーです!





                

  以下DS2019さんからのメールです。画像もすべてDS2019さんです。



オレ栓、ようやく着手・完成できました。

まころうさんと同じく、金属製にこだわってみました。私の場合は、ステンレス

パイプ を切断し端面に手摺り用”エンドキャップ”を装着した物です。

ステンレスパイプはΦ38×1.5Tの化粧パイプ、

エンドキャップはアラヤ特殊金属㈱製の”SUSU04エンドキャップΦ38(手摺り用)”

を使用しています。磨き化粧パイプを切断し、端面にエンドキャップを押し込むだけ

で完成ですがエンドキャップはエアライン仕上げの為、パイプに合わせて鏡面研磨

の仕上げに時間がかかりました。内径はΦ35で、PETキャップの外周凹凸を削って

パイプ内に挿入しています。エンドキャップとの接合ラインが目立つのが難ですが、


外径がΦ38なのでボトルに取り付けた時 すっきりして、


結構重量感があるのが気に入っています。

加工していて思ったのですが、このボトル硝子製と異なり 板厚も均一で見栄え良く、

何より取り扱いやすい事が特長ですね。


Propsummitでの、ANDYの"Stunt bottle" コメントは至言です!

・・・・たかがペットボトル、されどペットボトル。BRボトルに泥酔の私です。


  DS2019




(クリックして大きい画像でご覧下さい)

ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-oresen


ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-oresen





ALL THAT BLADE RUNNER     by NYzeki-oresen










やはり金属製はいいですのう。しびれるぅ。


そして、あいかわらず、かっこいい写真・・・・


こういうふうに撮りたいけど、撮れねえ~(笑)


しかし、わざわざ鏡面仕上げって・・・・凝りまくってはりますなあ。



DS2019さん、ありがとうございます。


そこまで面白がっていただけると、製作者冥利につきます。






さあ、あなたのオレ栓も待ってます!









つづく











«  | ホーム |  »

プロフィール

NYzeki

Author:NYzeki
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ニュース・アナウンス (259)
本・雑誌 (55)
マスプロダクツ (29)
BRシンドローム (25)
情報求む (7)
トリビア (13)
コレクション>プロップ (2)
コレクション>スタッフ関連 (1)
コレクション>プロモ素材 (16)
コレクション>ガレージキット (34)
ブログ (281)
ブレランの日本語 (1)
コレクション>ポスター (34)
コレクション>アパレル (6)
留之助ブラスター情報 (35)
コレクション>小物 (3)
コメントへのぼちぼちレス (57)
お薦めウェブサイト (14)
フランク・ロイド・ライト (10)
フューチャー ポリスカー トランスキット (10)
一発ギャグ (4)
ファンメイド (17)
考察 (3)
俺ジャケコン (5)
動画 (3)
ボトルプロジェクト (35)
ブレードランナーバガボンドマガジン情報 (4)
関西ブレラニアン会 (21)
トンデモ記事 (2)
CD (6)
スピナー研究 (1)
ブレードランナーの日本人 (1)
工作員 に~ぜき (1)
LA2019 新聞計画 (33)
ひらパ~さんのメトロキャブキット化計画 (11)
Tomsonさんの1/6ブラスター (18)
動物の名前 (12)
ブレードランナーお悩み相談 (1)
音楽の中のブレラン探し (15)
フューチャーポリスカーフルキット (5)
ブルーレイ同梱版スピナー用内装キット (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。